• love
  • 2012.08.26

弁護士が描く、本当にあったこわ~い恋愛トラブル『なぜ酔った女性を口説くのは「非常に危険」なのか?』

なぜ酔った女性を口説くのは「非常に危険」なのか? 長谷川裕雅 プレジデント社
©The One Hour Drink. By sleepyjeanie

  本書は男女の恋愛トラブルを知り尽くす元新聞記者の弁護士・長谷川 裕雅さんによる法律ショートドラマ集です。
有名人の性犯罪事例から、実際にあった事件に基づく「本当にあった怖い話」、男性編「一生を棒に振らないための31問」、女性編「自分の身は自分で守るための27問」の全58話で構成されています。

 例えば「男性編」での1つのお話。BARでナンパした女性とホテルへ。よくある話のようですが、これがとっても怖いこと。暴行や脅迫がなかったとしても泥酔状態になった女性とセックスに至った場合は準強姦罪が成立するそうです。しかも、2000年の改定で制限が撤廃されたため、数年前のたった一夜の過ちで逮捕される可能性もあるのだとか! また、合意の上だったとしても、女性側が本命の恋人などにバレたなどでウソをつくことも多々。それでも、女性側の証言は重視される傾向にあるというのだから、恐ろしいですね。

 女性編では「婚活パーティーで出会い付きあった男性が既婚者だったら?」「元彼が交際中に貸したお金を返さなかったら?」「職場でセクハラにあったらまずなにをすべきか」「社内不倫がバレてクビと言われたらどうする?」などなど、知っていて損はしない27の本当の話、対処法が満載!
永遠のテーマである男女の恋愛トラブル。正確な知識を身につけて、平和な恋愛を選び、幸せになりたいものです。

なぜ酔った女性を口説くのは「非常に危険」なのか? 長谷川裕雅 プレジデント社

書名:『なぜ酔った女性を口説くのは「非常に危険」なのか?』
著者:長谷川 裕雅
発行:プレジデント社
価格:¥1,575(税込)







Text/Yuuko Ujiie

関連キーワード