• love
  • 2012.08.22

人気劇団の主宰であり小説家、本谷有希子の赤裸々コラム『かみにえともじ』

かみにえともじ 本谷有希子 講談社
©Writing By Ed Yourdon

 著者は、人気劇団「劇団、本谷有希子」の主催者であり、小説家の本谷有希子さん。漫画雑誌『モーニング』巻末にて3年半に渡り連載した大人気コラムをまとめた一冊です。

 例えば、劇団のお話。
主催する劇団の本番前、スタッフは不安でいっぱいになるそうです。しかし本谷さんは「正解を知っている人間なんてこの世にいないというマイ答えがあるため、いけるいけると頷き返す」といいます。それでも、「大丈夫なのか」と現場スタッフから多くの質問攻めにあうと「じゃあ、正解を教えてよ!」と、心をそわそわさせていた時期もあったようです。現在は「おのおの自分の経験とか、自分の感性だとこうなのだけど……って言ってるだけなんだ! つまり好みの話をしているだけ!」と気付き、舞台本番前でも落ち着くことができるようになったのだとか。
 このほかにも、「携帯の紛失事件」や「飼い猫の血尿」「小説執筆中の秘話」など、プライベートから仕事に至るまでの3年半をぶちまけています。

代表作『えの素』『ムーたち』で知られる漫画家の榎本俊二さんが毎回提供した挿絵はもちろん、本谷さんの多忙時に代理で執筆した漫画「かみにえのもと」全4回や、連載100回を記念して描き下ろされた『もとやちゃん』も収録。
赤裸々に綴られた本谷節。共感し、勇気づけられる部分のほか、あなたの悩みを解決するかけ橋にもなるコラムもあるかも。

かみにえともじ 本谷有希子 講談社

書名:『かみにえともじ』
著者:本谷有希子
発行:講談社
価格:¥1,470(税込)



Text/Yuuko Ujiie

関連キーワード