• love
  • 2013.04.10

彼を包み込みたくなる“プラダ”の香り

 春のかすみがかった光が、まぶしく感じられるこの季節。
鮮やかな緑や咲き誇る花々を目にする度に、心もやさしくなれます。

 2007年、2010年と発表されてきた、「プラダ インフュージョン ディリス」のシリーズ。
そして2013年、新たに「ローディリス」がラインナップに加わりました。

プラダ インフュージョン ディリス ローディリス オーデトワレ インターモード川辺フレグランス イリス
プラダ インフュージョン ディリス ローディリス オーデトワレ 100mL ¥10,185(税込)
2013年4月12日限定発売

「プラダ インフュージョン ディリス」の中核となる香りは、アヤメ属の花の「イリス」。
光をまとったようなパウダリーでフレッシュ、それでいて繊細なノートは、世界中の調香師に愛されるフェミニンな香りです。薔薇のような派手さはないけれど、宝石のようにキラリと光る高貴な香りが魅力的です。
ちなみにイリスとは、ギリシャ語で虹という意味。7色の光のプリズムによって作られる虹のように、さまざまな香りがこのフレグランスには輝いています。
フレッシュなモロッコミント、ネロリをはじめ、やさしいピンクローレル、そしてリリー オブ ザ バレー(スズラン)、オレンジブロッサムアブソリュート、ホワイトムスクでバランスよく構成した香りは、プラダのフレグランスを手掛けてきた調香師ダニエラ アンドリエによるもの。
早春の兆しを思わせるフレッシュな香りで、トスカーナにあるイリスの庭のイメージを見事に表現しています。

 香りはもちろんのこと、ソフトグリーンが静かに浮き上がるボトルと、その上に広がるピンクのカラーも、イリスが咲き乱れる春の庭を彷彿とさせます。
さらにボトルのセンターに配された伝統的なプラダ クレスト(紋章)が伝統の深みを、パッケージのイリスのイラストが洗練された印象を与えます。

 全ての生き物たちが愛し合う春。フレッシュでやさしい春の香りを纏えば、相手をやさしく包み込みたい気分が芽生えそう。
いつもより新鮮で、おだやかな気持ちで、彼を包み込むように。
フレグランスで愛のシーンを盛り上げてみて。


お問い合わせ先:インターモード川辺フレグランス本部
TEL:03-3352-7161
URL:http://www.kawabe.co.jp/fragrance.html

Text/Megumi Hirakawa

関連キーワード

今月の特集

AMのこぼれ話