• love
  • 2012.06.14

“M・A・C”で、自分だけの価値観を再認識

女は男のあとを三歩下がって歩くべし…とか、女は控えめであれ、とか。
そんな古い価値観を持つ人も、現代では少なくなりました。
でも、まだまだ根深く存在しているのも事実。 彼が保守的かどうかは、こんなメイクで反応を試してもいいかも。

アメリカのロックバンド「ザ・ゴシップ」のボーカリストとして活躍するベス・ディットーとのコラボレーション コレクションが、M・A・Cから発売されました。
パンクで繊細、やわらかくてスパイシー、鮮やかでスモーキー。

数々の異なるイメージを盛り込んだ自由でルールのないアイテムは、どれも刺激的です。

M・A・C メイク 画像 ベス・ディットー ザ・ゴシップ
プロ ロングウェア リップクリーム 限定5色 各¥3,360(税込)
リップペンシル 限定3色・既存1色 各¥2,100(税込)
シェード&スモーク シャドウ/ライナー 限定4種 各¥3,570(税込)
ズーム ラッシュ 限定3色 各¥2,100(税込)
ズーム ファスト ブラック ラッシュ ¥2,100(税込)
リキッドラスト ライナー 既存品 ¥3,255(税込)
M・A・Cネイル ラッカー 限定4色 各¥1,785(税込)
パウダー トゥ ザ ピープル 限定品 ¥5,040(税込)
#7 アイ ラッシュ 既存品 ¥1,470(税込)
すべて2012年6月14日発売

従来の常識や固定観念を軽々と飛び越えた印象的なメイクアイテムは、つける人のパーソナリティを鮮やかに浮かび上がらせます。
こんなメイクをつけたら、「私は私」と堂々と主張もできそうです。

男性の意見ばかり求め、相手に振り回されるような主体性のない生き方は、もはや、いい女の基準ではありません。
自由なメイクを手にしたら、きっと世界が変わるはず!
あなたの生き方を認めてくれる人間性豊かな人との出会いが、新たに訪れそうな気がしませんか。

問い合わせ先:M・A・C(メイクアップ アート コスメティックス)
電話番号:03-5251‐3541
URL:WWW.MACCOSMETICS.CO.JP
※M・A・C情報をTwitter+Youtubeで配信中!
Twitter:MAC_MARIKO_T



Text/Megumi Hirakawa

関連キーワード

今月の特集

AMのこぼれ話