• love
  • 2012.11.06

恋の媚薬・チョコの魅力に迫る!『チョコレート展』

 仕事で疲れたときや口寂しいとき、甘いチョコレートを食べるのは極上の癒しになりますよね。

 カカオやチョコレートに含まれるPEA(フェニルエチルアミン)という物質は「恋愛分子」とも呼ばれ、女性が恋愛状態にあるときと同じ快感をもたらすそうです。
一説には、チョコが口の中でとろけるときの快感は、実にキスの4倍ともいわれるのだとか……。 (※研究には諸説あり、下記の展示内容とは関係ありません)。

チョコレート展
展覧会メーンビジュアル

 そんな「恋愛サプリ」ともいえるチョコレートの魅力と秘密に迫る企画展『チョコレート展 カカオからチョコレートができるまで』が、11月3日(土・祝)から国立科学博物館で開催されます。
原料であるカカオの植物としての生態から、チョコレートの起源と歴史、チョコレートの製造工程など、さまざまな観点からチョコレートについて展示。
期間中には一流ショコラティエのトークショーや、会場内で撮った写真が包装紙になる「フォトチョコ」のコーナーも。

マヤ文明で使用されていたチョコレート容器
マヤ文明で使用されていたチョコレート容器(複製)
©The Field Museum, Replicas, Photographer Amelia Larsen

「チョコレート依存症」という言葉もあるように、チョコが手放せない人は実生活で恋が足りずに心が疼いているのかも。
金曜限定のペア得ナイト券も発売しているので、ぜひこの『チョコレート展』をデートに活用して、「恋のサプリ要らず」になってみては?

イベント名:『チョコレート展』
開催期間:2012年11月3日(土・祝)~2013年2月24日(日)
会場:国立科学博物館(東京・上野公園)
開館時間:9:00~17:00(金曜日は20:00まで)
※入館は各閉館時刻の30分前まで
休館日:毎週月曜日 (月曜日が祝日の場合は火曜日)
12月28日(金)~1月1日(火・祝)
※ただし、12月25日(火)は開館
※今後の諸情勢により、上記の開館日、開館時間等について変更する場合がありますので、ホームページ等でご確認ください。
※会場では、チョコレートショップ(=本展特設物販ショップ)においてオリジナルチョコレートなどを販売いたしますが、本展会場内での試食などはございません。
チケット:一般・大学生 1,400円 小・中・高校生 600円
※常設展もご覧いただけます
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料
【金曜限定ペア得ナイト券 2,000円】
※2名様同時入場/男女問わず
※17:00~20:00(最終入場は19:30) ※会場での当日販売のみ
【チョコっとお得デー】
対象日: 2012年11月25日(日)、12月25日(火)、2013年1月14日(月・祝)、2月14日(木)
対象日に「チョコレート展」会場の券売窓口でチケットをお買い求めの際、ご自身が撮影したチョコレートの写真を提示(携帯・デジカメによる提示可)またはチョコレートを持参された方は割引料金でご購入できます。
割引料金:一般・大学生1400円→1300円 小・中・高校生600円→550円
問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:http://event.yomiuri.co.jp/chocolate/

Text/Fukusuke Fukuda

関連キーワード