• love
  • 2012.08.03

京都にて夏の終わりを洛中伝承の日本酒と一緒に

京都東急ホテル
©2011 CBS FILMS INC

 ビールでにぎやかにすごすのもいいけれど、たまには二人きりで日本酒を夏の終わりととともにゆっくりと嗜むのはいかがですか?
そんな少し大人のイベント「日本酒賞味会」が、2012年8月25 日(土)に京都東急ホテルで行われます。ゲストとして、「佐々木酒造」当主 佐々木晃氏が登場。
佐々木酒造は明治26年に創業し、関白秀吉の邸宅であった聚楽第の跡地に作られ、良質な地下水に恵まれたといいます。
現在でも、千利休が茶の湯にも使ったといわれる「金明水・銀明水」を仕込み水として、手作りの技法ですべてのお酒を醸し続けているのです。 

京都東急ホテル

 今回のイベントでは、この「佐々木酒造」当主が選び抜いた、「聚楽第」「古都」など5種類の日本酒を“利き酒”することができます。
当主の日本酒談義をききながら、お酒を楽しめる機会はそうそうないものです。
特に日本酒が好きではない方も、きっと日本酒の奥深い魅力の虜となってしまうかも!?
特製会席弁当といっしょに優雅なひとときを過ごしてくださいね。

名称:京都東急ホテル 「佐々木酒造 日本酒賞味会」
    レストランkazahana
住所:京都府京都市 下京区堀川通五条下ル
電話番号:075-341-2411
お申込はレストランkazahana 075-341-2787(直)まで
日時:2012年8月25日(土)
    16:30~受付
    17:00~利き酒(佐々木晃氏厳選日本酒5種類)
        お食事(特製会席弁当)
料金:お一人様 8,000円
   (会席弁当・お酒・税金およびサービス料を含む)★佐々木酒造のお土産付)
定員:30名(定員になり次第締め切りとさせていただきます)
URL:http://www.kyoto-h.tokyuhotels.co.jp/

Text/AM編集部

関連キーワード

今月の特集

AMのこぼれ話