• love
  • 2012.06.18

ぷはぁ~っ!! 地ビールで日本一周を味わえる『ニッポン47ブルワリー』

 4月にオープンして以来、連日大混雑の渋谷ヒカリエ。おかげで渋谷も、若者の街から一転、大人のデートに使える場所へと変わってきた印象がありますよね。
ショッピングモールとして充実しているだけでなく、複合型のアート・イベントスペースであるクリエイティブスペース「8/(はち)」は、文化の発信地としても注目を集めています。

47ブルワリー イベント 画像 渋谷ヒカリエ

 なかでも特徴的なのが、世界に向けて日本の“らしさ”を発信していく日本初の47都道府県ミュージアム「d47 MUSEUM」です。
建築、デザイン、工芸、食、ファッション、農業、自然環境などあらゆるジャンルからテーマを選び、全国各地のクリエイションを都道府県別に一堂に展覧するという新感覚の試みなんです。
 そんな「d47 MUSEUM」で、7月29日(日)まで開催されているのが『ニッポン47ブルワリー -47都道府県のクラフトビール展-』。
全国47都道府県のブルワリー(醸造所)において限定量で生産される地域ブランドのビール(クラフトビール)と、その生産者たちを知ることができる展覧会です。

47ブルワリー イベント 画像 渋谷ヒカリエ

 実は日本では、大手メーカーが生産するビールのほぼすべてが、“ピルスナータイプ”と呼ばれるひとつのスタイル。
微妙な違いこそあれ、味の傾向はほとんど同じでした。
ところが近年では、地域密着型の小規模なブルワリーが、エールやヴァイツェンといった異なる製法で、地域ごとに特色あふれるビールを醸造しています。
味わいやのど越しのまったく違う、多種多様なビールが飲めるようになっているんです!
 そこで本展では、各地域の気候や風土、材料を生かした特色ある醸造方法や、生産者の思いを紹介。
毎週日曜日には、展示されている全県のビールをひと口ずつ試飲できる“47試飲会”が開催されています。
さらに、併設されている「d47 design travel store」では展示品を実際に購入できたり、レストラン「d47食堂」では各地のクラフトビールを生樽で楽しめたりと、日本の豊かな地ビール事情を目や頭だけでなく、舌とのどでも体感できちゃいます。
 まさに、ビール好きのカップルにはたまらないこのイベント。
ビールで日本一周の気分を味わったあとは、ビアガーデンに繰り出してもよし、夏の夜をめいっぱい楽しんでくださいね!

名称:ニッポン47ブルワリー -47都道府県のクラフトビール展-
会期:2012年6月1日(金)~ 7月29日(日)
11:00~20:00(入場は19:30まで)
会期中無休
会場:d47 MUSEUM(東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階)
入場料:一般800円 小・中・高・専・大学生700円 小学生未満無料
問合せ:03-6427-2301
URL:http://www.d47museum.com

【47試飲会】
会期中の毎週日曜日18:00~20:00
入場料800円+試飲券2,500円

【ブルワー交流会】
7月21日(土)18:00〜21:00
参加費6,000円(1プレート+ビール飲み放題)
定員200名
※参加ブルワリーなど詳細は決定次第、webサイトで告知

Text/Fukusuke Fukuda

関連キーワード