• love
  • 2012.06.10

巨神兵、東京に現わる!?『館長 庵野秀明 特撮博物館』

特撮博物館 画像 ウルトラマン モスラ エヴァンゲリオン 庵野秀明
東京タワー 「モスラ」(1961年) オリジナル図面から再制作 戸井田工業/制作

彼と子供時代の話をしていて、一番共感できずにすれ違ってしまうのが、ウルトラマンなどの特撮ヒーローに夢中になった経験のあるなしではないでしょうか。
中には、大人になってからもフィギュアを集めるのが趣味の男性もいて、なかなか理解に苦しみますよね。
 でも、映像制作における特撮(特殊撮影)は、実は世界に類を見ない日本ならではの技術だって知ってましたか?
 CGやVFX、デジタル合成を使わずに、カメラの機能や光学処理、美術や造型などを駆使した繊細なミニチュアセットで、通常の撮影では実現不可能な画面を作り上げる職人技は、もはやアートです。

特撮博物館 画像 ウルトラマン モスラ エヴァンゲリオン 庵野秀明
「巨神兵像」竹谷隆之作 ©2012 二馬力・G

そんな、日本が世界に誇る映像文化「特撮」の素晴らしさを再発見し、現存するミニチュアや資料を文化遺産として残そうという試みが、7月10日(火)から東京都現代美術館で開催される『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』です。
本企画展の館長を務めるのは、『新世紀エヴァンゲリオン』が社会現象を巻き起こしたアニメーション監督の庵野秀明。
会場には、彼のアニメ制作・映画制作の原点ともなった、ウルトラマンやゴジラといった特撮作品の着ぐるみやミニチュアセットが展示されています。
 また、撮影所の美術倉庫を再現したセットや、制作現場の職人たちの知恵と工夫と技術を伝えるデザイン画、設計図、道具なども展示。
中でも本展のクライマックスは、東京タワーをはじめとするミニチュアビルが立ち並ぶ16メートル四方のミニチュアステージ。
子供のころ特撮にハマッた男性ならもちろん、お人形遊びが好きだった女性も思わずテンションが上がるはず。

特撮博物館 画像 ウルトラマン モスラ エヴァンゲリオン 庵野秀明
ミニチュアセット 映画『巨神兵東京に現わる』撮影セットより

 そしてこの企画展、企画制作協力にスタジオジブリが名を連ねていることにご注目! というのも、あの『風の谷のナウシカ』の巨神兵の原画を担当したのが、実は庵野監督だったんです。
そんな縁もあって、本展ではスタジオジブリ最新特撮短編映画『巨神兵東京に現わる』(樋口真嗣監督)が公開されるのも、目玉企画として話題を呼んでいます。
 「エヴァの原点は、ウルトラマンと巨神兵」というコピーの通り、特撮好きもアニメ好きも、そしてジブリ好きも男女問わず楽しめる本展。
デジタル技術の発達で失われつつある日本の特撮文化を知れば、今まで理解できなかった彼の“男子な趣味”にも付き合えるようになるかもしれませんよ。

名称:館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技
会期:2012年7月10日(火)~10月8日(月・祝)
会場:東京都現代美術館 企画展示室1F・B2F(東京都江東区三好4-1-1)
開館時間:午前10時~午後6時 (入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(ただし、7月16日、8月13日・20日、9月17日・24日、 10月1日・8日は開館。7月17日、9月18日は休館)
観覧料:前売券 大人・大学生1,300円 中高生800円 小学生300円
    当日券 大人・大学生1,400円 中高生900円 小学生400円
    ※前売券はローソンチケット、イープラス、チケットぴあ他、各種プレイガイドにて発売中
電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/

Text/Fukusuke Fukuda

関連キーワード