• love
  • 2012.04.15

渋谷ヒカリエの注目アートスペースクリエイティブスペース「8/」

渋谷ヒカリエ2
2008年開催 松屋銀座「デザイン物産展ニッポン」

 きたる4月26日、渋谷駅東口に待望の大型複合施設「渋谷ヒカリエ」がオープンします。
地下3階から5階までを貫くショッピングエリア「ShinQs」をはじめ、渋谷最大級のレストランエリア「dining6」「TABLE7」、都内最大級のイベントホール「ヒカリエホール」、7月に『ウエスト・サイド・ストーリー』でこけら落としする世界最大級のミュージカル劇場「東急シアターオーブ」など、渋谷の新しいランドマークとなることは確実。
話題のスポットだけに、デートでもぜひ訪れてみたいですよね。

 そんなヒカリエの中でも、新しい形のアートスペースとして注目したいのが、8階にオープンするクリエイティブスペース「8/」です。
これは、コミュニティスペース「COURT」を中心に、7つの異なるギャラリーやショップなどから構成されているフロア。
47都道府県をテーマにしたミュージアム「d47 MUSEUM」や、現代アートを牽引するギャラリスト・小山登美夫が企画展を開催する「ART GALLERY」、さまざまなジャンルの展覧会を2週間ごとに開催する「CUBE」など、バラエティ豊かな催し物をワンフロアで気軽に巡ることができます。

渋谷ヒカリエ1
青木克世 ©Katsuyo Aoki

 ここでは、オープニングコンテンツとして開催される3つのイベントをご紹介しましょう。
まず「CUBE」で開催されるのが、小山登美夫ディレクションによる『透明な混沌/Crystal Chaos』。
プリズムをモチーフにした絵画を描く大野智史、磁土の彫刻を制作する青木克世、書の華雪、陶器の青木良太、生け花の片桐功敦と、混沌とした現代において透明感のある存在として作品を発表する、5人のアーティストが競演します。

   渋谷ヒカリエ3_left 渋谷ヒカリエ4_middle 渋谷ヒカリエ5_right

Left:Jojoba Bean Oil Middle:Elaidoyl Chloride Right:Producol ©Damien Hirst



 また、「ART GALLERY」では、まっぷたつにした牛をホルマリン漬けにした作品で有名な、イギリスの現代美術家ダミアン・ハーストの展覧会『New Spot Prints』を開催。
彼の代表作であるカラフルなスポット(点)を使った作品を25点集めています。
 さらに「d47 MUSEUM」では、47都道府県からそれぞれ、観光・食事・お茶・買い物・宿泊・人の6ジャンルを独自に選定して展示する『NIPPON DESIGN TRAVEL ―47都道府県のデザイン旅行展―』を開催。
併設されたショップ「d47 design travel store」では、各都道府県の作り手の思いが伝わる、すぐれたデザインのクラフトや物産を購入することができます。
 フロア内には、47都道府県の食をテーマに、日替わりの定食や旬の素材を使った晩ごはんや、全国のクラフトビールや国産ワインが楽しめる「d47食堂」も。
アート鑑賞からショッピング、食事まで楽しめて、肩ひじ張らずにすぐれたデザインとクリエイティブを日常に取り入れることのできるこの施設。
新しい渋谷デートの定番になるかもしれませんね。

名称:クリエイティブスペース「8/」
所在地:渋谷ヒカリエ8F(東京都渋谷区渋谷2-21-1)
問合せ:03-5468-5892
URL:http://www.hikarie.jp/8/
※営業時間等の詳しい情報は、公式サイトの今後の更新をご確認ください。

【オープニングコンテンツ】
「透明な混沌/Crystal Chaos」 小山登美夫ディレクション
会場:CUBE
会期:2012年4月26日(木)~5月13日(日)

ダミアン・ハースト 「New Spot Prints」
会場:ART GALLERY
会期:2012年4月26日(木)~5月28日(月)

NIPPON DESIGN TRAVEL – 47都道府県のデザイン旅行 –
会場:d47 MUSEUM
会期:2012年4月26日(木)~5月28日(月)

Text/Fukusuke Fukuda

関連キーワード

今月の特集

AMのこぼれ話