• love
  • 2012.03.05

“ベタだけどやっぱり行きたい”そのワケは?「よこはま動物園ズーラシア」

ズーラシア1
ガラス張りのため間近で見ることができるスマトラトラ

 動物園と聞いて、「甘酸っぱい中高生のデートコースじゃないんだから…」と思ったアナタ。
待って! お願いだから、ブラウザの「戻る」ボタンを押さないで!

 北海道の旭山動物園が、動物の野生本来の行動や生活様式を見せる「行動展示」で話題を集めて以来、動物園は大人も存分に楽しめるアミューズメントスポットとして、あらためて注目されているんです。
 今回ご紹介する「よこはま動物園ズーラシア」も、動物の実際の生息環境を再現した「生息環境展示」を導入して人気のスポット。
特徴は、「アジアの熱帯林」「オセアニアの草原」「中央アジアの高地」など、動物を世界の気候帯・地域別の7つのゾーンに分けて飼育・展示していること。
その地域特有の植物や、建造物などの文化も取り入れ、まるで世界一周旅行をしているような雰囲気を味わうことができます。

ズーラシア2
絶滅危惧種のテングザルを飼育しているのは日本でここだけ

 そんなズーラシアのもうひとつの特徴は、ほかの動物園では決して見ることができない珍しい動物の多さ。
スマトラトラやテングザルといった絶滅危惧種をはじめ、オカピ、アムールヒョウ、アカアシドゥクラングールなどの希少動物オールスターズが勢揃い。
『ディスカバリーチャンネル』や『ナショナルジオグラフィックチャンネル』などの大自然・紀行ドキュメンタリーが好きな人なら、未知なる動物たちとの出会いにワクワクしてたまらないはず。
 アルパカやハダカデバネズミなど、その時どきで流行する動物はさまざまですが、ズーラシアで個人的にネクストブレイクを期待したいのは「ヤブイヌ」というイヌ科の原始的な種。
胴長・短足で一見ブチャイク、でもよく見るとめちゃくちゃカワイイ次世代の注目アニマルなんですよ。
 ちなみにズーラシアでは現在、春のイチオシアニマルとしてチンパンジーをフィーチャー中です。
動物園はデートスポットとしてベタ中のベタですが、「動物を見て“カワイイ!”とはしゃいでる女子」は、なんだかんだ言って男性の大好きなツボ。
酸いも甘いも噛み分けたオトナの男女にこそ、一周回って動物園デートはアクセントとして有効かもしれませんね!

名称:よこはま動物園ズーラシア
開演時間:9:30~16:30 ※入園は16:00まで
休館日:毎週火曜日 ※ただし、4月3日、24日、5月の毎週火曜日は開園
住所:神奈川県横浜市旭区上白根町1175-1
料金:大人600円 高校生300円 小・中学生200円 未就学児無料
   ※全国のローソンにて、新江の島水族館とよこはま動物園ズーラシアとの、お得な前売りセット券を好評発売中(Lコード:39777)
電話:045-959-1000
URL:http://www2.zoorasia.org/

Text/Fukusuke Fukuda

関連キーワード