• love
  • 2017.02.10

バレンタインにヒモが捧げる!手作りなら絶対コレ「モワルー・ショコラ」

近づくバレンタインデーですが、もう彼に渡すチョコレートはお決まりですか? サロン・デュ・ショコラをはじめとして高級チョコレートもおしゃれでかわいく、手軽ですが、やはりカップルなら手作りが格別にうれしいもの。少しの手間をかけて、特別なレシピを試してみませんか?

ヒモ まいったねぇ レシピ バレンタイン チョコレート プレゼント カップル モワルーショコラ

 こんにちは、ヒモのまいったねぇです。

 迫る2月14日はバレンタインデー! 今や大切な人に贈る本命チョコ以外にも、様々なスタイルで贈り合うことが定着してきていますよね。

 私は毎年この時期になると百貨店の催事を見に行くのですが、そのたびに今まで見たこともない宝石のようなチョコレートが売られていて、ついつい見入ってしまいます。

 しかし、その値段には閉口するばかり。とてもヒモには手が出せません。
それでも彼女に喜んでもらえるようなプレゼントがしたい!

 今回はバレンタインにぴったりな、家で作れる本格チョコレートスイーツレシピをご紹介したいと思います。

外はホロホロ、中はしっとり!
半熟焼き菓子「モワルー・ショコラ」

 「モワルー・ショコラ」はフランス語で、“柔らかいチョコレート”という意味の伝統的な焼き菓子です。

 その名の通り、外側はホロホロに、中心はしっとり柔らかく、半熟に仕上げるのが最大の特徴です。また、真ん中にぽこっと穴が開いたような愛らしい形も独特だと思います。
 
 そして、最大の魅力は、焼き菓子の香ばしさとチョコレートのなめらかな舌触りを同時に楽しめること。今回は底にミックスベリーを忍ばせて、バレンタイン風に仕立ててみました。

「モワルー・ショコラ」の作り方

ヒモ まいったねぇ レシピ バレンタイン チョコレート プレゼント カップル モワルーショコラ

【材料】モワルー・ショコラ10個分
・ミルクチョコレート(製菓用がおすすめ) 100g
・無塩バター 100g
・グラニュー糖 70g
・薄力粉 80g
・卵 2個
・ベーキングパウダー 3g
・冷凍ミックスベリー 適量
・粉砂糖(あれば) 適量
・焼き菓子用の紙型(100均でけっこう可愛いの売ってます!) 10個

ヒモ まいったねぇ レシピ バレンタイン チョコレート プレゼント カップル モワルーショコラ

1.バターは角切りにし、ラップをかけて室温に置き、柔らかくしておきます。チョコレートも湯煎にかけて溶かしておきます。オーブンは210°に余熱しておきましょう。

2.柔らかくなったバターは泡立て器などでよく混ぜ、なめらかなクリーム状にします。

【ポイント①】
バターが冷たかったり、硬かったりすると、チョコレートと混ぜ合わせたときにダマができたり、分離したりしてしまいます。しっかり常温に戻し、なめらかなクリーム状にしておきましょう。

ヒモ まいったねぇ レシピ バレンタイン チョコレート プレゼント カップル モワルーショコラ

3.バターがクリーム状になったら、溶かしたチョコレートを加え、よく混ぜます。さらに、グラニュー糖、卵の順によく混ぜ込んでいきます。

【ポイント②】
冷たい卵はチョコレートを固めてダマを作る原因になります。卵を加えるときは必ず1個ずつ、よく混ぜてから次の卵を加えましょう。

ヒモ まいったねぇ レシピ バレンタイン チョコレート プレゼント カップル モワルーショコラ

4.仕上げに薄力粉をふるい入れ、ツヤが出るまで混ぜたら、生地の出来上がり。

ヒモ まいったねぇ レシピ バレンタイン チョコレート プレゼント カップル モワルーショコラ

5.紙型に冷凍ミックスベリーを数粒入れ、スプーンなどで型の8分目くらいまで生地を入れます。あとは210°に余熱したオーブンで15分焼いたら出来上がりです。

【ポイント③】
隅々まで生地が行き渡るように、型を台に数回叩きつけて、生地を均しましょう。

ヒモ まいったねぇ レシピ バレンタイン チョコレート プレゼント カップル モワルーショコラ

 オーブンから出したての熱々と冷たいバニラアイスクリームで一緒に食べると、外のほろほろ感と中のしっとり感、甘さとほろ苦さ、熱さと冷たさなど、いろんな対比を楽しめる最高のデザートになります。また、冷ましてラッピングすれば、バレンタインの贈り物にもぴったりです。

カカオとアーモンドが香ばしい!
魅惑のサクホロ食感「サブレ・ショコラ」

ヒモ まいったねぇ レシピ バレンタイン チョコレート プレゼント カップル サブレ クッキー

【材料】
・無塩バター 112g
・グラニュー糖 55g
・卵黄 5g
・お好みのチョコレート(製菓用がおすすめ) 15g
・薄力粉 125g
・ココア 15g
・スライスアーモンド 25g
・グラニュー糖 適量

1.バターは角切りにし、ラップをかけて室温に置き、柔らかくしておきます。チョコレートも細かく刻んでおきます。

ヒモ まいったねぇ レシピ バレンタイン チョコレート プレゼント カップル サブレ クッキー

2.柔らかくなったバターは泡立て器などでよく混ぜ、なめらかなクリーム状にし、グラニュー糖を加えてすり混ぜます。

ヒモ まいったねぇ レシピ バレンタイン チョコレート プレゼント カップル サブレ クッキー

3.さらに卵黄、刻んだチョコレート、スライスアーモンドの順に混ぜ込みます。

ヒモ まいったねぇ レシピ バレンタイン チョコレート プレゼント カップル サブレ クッキー

4.仕上げにココアと薄力粉をふるい入れ、ダマが無くなるまでしっかり捏ねたら、生地の出来上がりです。棒状に伸ばし、ラップで包み、冷蔵庫で最短2時間、可能なら一晩寝かせます。

ヒモ まいったねぇ レシピ バレンタイン チョコレート プレゼント カップル サブレ クッキー

5.寝かせた生地を濡らして硬く絞った布巾やキッチンペーパーの上で転がし、さらにグラニュー糖を敷き込んだバットの上でも転がして表面をコーティングします。
包丁で5mm厚に輪切りにし、170°で余熱したオーブンで15分焼いたら出来上がりです。焼きたては柔らかいですが、少し冷ますとカチッと固まり、サクホロ食感が生まれます。

ヒモ まいったねぇ レシピ バレンタイン チョコレート プレゼント カップル サブレ クッキー

焼く直前の状態ならば、約1ヶ月は冷凍保存できるので、時間のあるときに準備しておけば、いつでも焼きたてのサブレが食べられます。また、一度にたくさん作れるので、バレンタインのちょっとした贈り物にもぴったりです。

+++++++++++++

 チョコレートやココアがたっぷり入った生地を焼いていると、オーブンから甘くて香ばしい匂いが漂ってきます。

 ついオーブンの蓋を開けて見てみたくなってしまうけれど、そこはグッと我慢。焼き上がりを想像しながら過ごす時間も、焼き菓子作りの醍醐味のひとつです。

 私はそんな時間に贈る相手のことを考えながら、デコレーションやラッピングを考えるのが大好きです。渡したあとの結果だけじゃなく、そこまでの過程も楽しめるのが手作りの魅力ではないでしょうか。

 手作りは、いつものバレンタインを少し楽しくしてくれるはずです。

Text/まいったねぇ

次回は <春の旬を閉じ込めよう!ルビーのような自家製「苺ジャム」>です。
まいったねえさんが彼女さんと付き合い始めたのは2月のこと。だから2月に旬を迎える苺には、ちょっとした思い出があるようです。そんな苺の旬の風味と色を長く楽しむ方法はジャムを一番おいしい時期に作ってしまうこと!まいったねえさんによる、ルビーのような鮮やかさになるジャムのレシピをご紹介します。

ライタープロフィール

まいったねぇ
ヒモ。1993年、東京生まれ、ゆとり世代の温室育ち。働く彼女のために幅広く家事をこなす。

今月の特集

AMのこぼれ話