• love
  • 2016.06.24

何でもない日に恋人と!熟成肉に負けない簡単「ローストビーフ」

仕事から疲れて帰ってくる彼女のために、おいしいご飯を作っているステキな「ヒモ」のまいったねぇさんによるレシピ連載。今回は、何でもない普通の日常に「おつかれさま」や「自分へのご褒美」という気持ちを込めて、簡単におウチでできる【簡単ローストビーフ】を紹介します!

 こんにちわ、まいったねぇです。

 最近とても食べてみたいものがあるのです。
それはずばり「熟成肉」!

 ことのきっかけは職場の同僚たちと「熟成肉」を食べに行った、彼女の話でした。

 徹底した管理のもと、お肉の旨みを極限にまで引き出した「熟成肉」。
香ばしそうに焼かれた表面と肉汁したたるレア加減。

 話を聞いただけで何度涎を飲み込んだことか。

 それからというもの、彼女に「何が食べたい?」と聞くたびに返ってくる言葉は「熟成肉」。
悔しいけれど、ヒモの私は逆立ちしたって彼女に熟成肉を食べさせることはできません。

 でも、なんとかして彼女を喜ばせたい!

 今回はヒモでも手の届くお肉で作れる、とっておきレシピをご紹介します。

炊飯器に入れるだけ!
しっとりピンクのレア加減が絶妙なローストビーフ

まいったねえ いたわりご飯 ヒモ 熟成肉 ローストビーフ じゃが芋と玉葱のオリーブオイルソテー レシピ ご飯

 今回ご紹介するのは「ローストビーフ」です。

 ローストビーフの持ち味は、なんといってもお肉そのものをシンプルに味わえること。
しっとり柔らかい舌触りと噛むほどに溢れるお肉の旨みが魅力です。

 塊肉を焼くのは難しいと思われるかもしれませんが、実はとっても簡単。

 ざっと焼いたお肉を保存袋で包んで熱湯と一緒に炊飯器に入れるだけ。
保温モードで30分放って置くだけで、おいしいローストビーフができるのです!

ローストビーフの作り方

まいったねえ いたわりご飯 ヒモ 熟成肉 ローストビーフ じゃが芋と玉葱のオリーブオイルソテー レシピ ご飯

【材料】

・牛塊肉(モモ肉やロース肉など赤身がおすすめです)
・塩 お肉全体に擦りこめるくらい
・黒胡椒 お好みで(使わなくても大丈夫です)
・植物油 適量
・熱湯 炊飯器の中でお肉が浸かるくらい

まいったねえ いたわりご飯 ヒモ 熟成肉 ローストビーフ じゃが芋と玉葱のオリーブオイルソテー レシピ ご飯

1.お肉に塩をすりこんで室温で15分ほど置いておきます。

【ポイント①】
お肉を焼くときは、できるだけ室温に戻しおくと生焼けを防ぐことができます。

まいったねえ いたわりご飯 ヒモ 熟成肉 ローストビーフ じゃが芋と玉葱のオリーブオイルソテー レシピ ご飯

2.フライパンに油を引き、強火でお肉の表面を焼いていきます。
フライパンの縁にお肉を立てかけたりして、小さい面も焼きましょう。

【ポイント②】
お肉の表面を焼き固めると、肉汁や旨みを逃しません。

まいったねえ いたわりご飯 ヒモ 熟成肉 ローストビーフ じゃが芋と玉葱のオリーブオイルソテー レシピ ご飯

3.全体に軽く焼き色がついたらフライパンから取り出して、お皿の上などで2、3分粗熱を取ります。
黒胡椒を使う場合はここで! その間にお湯を沸かしておきましょう。

まいったねえ いたわりご飯 ヒモ 熟成肉 ローストビーフ じゃが芋と玉葱のオリーブオイルソテー レシピ ご飯

4.お肉をジップロックなどの保存袋に二重に入れます。できるだけ空気を抜いて密閉し、さきほど沸かした熱湯と一緒に炊飯器に入れ、保温モードで30分熱を通します。

5.火傷に気をつけながら炊飯器からお肉を取り出して、保存袋に入れたまま15分ほど常温で置いておきましょう。

【ポイント③】
熱を通したあと少し置いておくと、肉汁が全体に広がってジューシーに仕上がります。

6.好きな厚さにスライスして召し上がれ!

 シンプルな塩・胡椒の味付けはもちろん、わさび醤油や柚子胡椒なども相性抜群。
また、ご飯の上にのせて丼にしたり、サラダやサンドイッチの具にも大活躍です。

ローストビーフの付け合わせに!
じゃが芋と玉葱のオリーブオイルソテー

【材料】

・じゃが芋 1個
・玉葱 1個
・塩 少々
・オリーブ油 適量

まいったねえ いたわりご飯 ヒモ 熟成肉 ローストビーフ じゃが芋と玉葱のオリーブオイルソテー レシピ ご飯

1.じゃが芋と玉葱をくし切りにします。じゃが芋は皮付きがおすすめです。

まいったねえ いたわりご飯 ヒモ 熟成肉 ローストビーフ じゃが芋と玉葱のオリーブオイルソテー レシピ ご飯

2.フライパンにオリーブ油を多めに引き、中火で揚げるようにじゃが芋を炒めます。
まんべんなく焼き色がついたら取り出しておきましょう。

まいったねえ いたわりご飯 ヒモ 熟成肉 ローストビーフ じゃが芋と玉葱のオリーブオイルソテー レシピ ご飯

3.油を減らして、今度は玉葱を弱火でじっくり炒めます。
蓋をすると早く仕上がります。

まいったねえ いたわりご飯 ヒモ 熟成肉 ローストビーフ じゃが芋と玉葱のオリーブオイルソテー レシピ ご飯

4.玉葱が透き通って、香ばしそうな焼き色がついたら炒め終り。
じゃが芋をフライパンに戻して塩で味を付けます。

 じっくりと火を通したじゃが芋と玉葱は、ただオリーブオイルで炒めて塩で味を付けただけなのに驚くほどおいしくなります。

 ほっこりと優しい根菜はシンプルな味わいのローストビーフにぴったり!


 いかがだったでしょうか?

 私は熟成肉がお店の味なら、ローストビーフは家庭の味だと思います。
たとえばクリスマスに食べるチキンみたいなイメージ。

 簡単でおいしい上に、ゴロンとした塊肉を前にするとみんな自然と笑顔になっちゃう。
こんな料理はなかなかありません。

 だからこそ、特別な日だけしかローストビーフを食べないのはもったいないと思います。

 何でもない日に「お仕事お疲れ様のローストビーフ」や「自分へのご褒美のローストビーフ」があってもいいんじゃないでしょうか。

 ついこの前もうちでは「残業お疲れ様のローストビーフ」を焼きました。
お肉をおいしそうに頬張る彼女に少しドキッとしたり、最後のひと切れを巡ってジャンケンしたり。

 人と一緒に食べるご飯ってやっぱり楽しい。

 この原稿を書く前に、彼女に「何が食べたい?」と聞いてみました。
返ってきた答えは「ローストビーフ」。

 そんなに? と思った方は、ぜひ試してみてください。

Text/まいったねぇ

老い アラサー女子 ダイエット 断食

関連キーワード

ライタープロフィール

まいったねぇ
ヒモ。1993年、東京生まれ、ゆとり世代の温室育ち。働く彼女のために幅広く家事をこなす。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

AM読者に聞く!恋愛以外で今ハマっているもの調査2016

音楽、アイドル、本、映画…みなさんは恋愛以外でどのようなことに今、ハマっていますか? AMをより楽しいサイトに改善するため、ぜひご意見お聞かせください!

アンケートはこちら