紛れもなく10代だった

ツイッターで大人気のさえりさんがAMで連載スタートです!
10代の頃に誰もが通る、キラキラした恋や、思い込みによる失敗--さえりさんによる架空のストーリーで、純粋な頃の自分を思い出してみませんか?
過去の自分が、今現在で悩んでいることへの答えを教えてくれることもあるかもしれません。

紛れもなく10代だった
love
  •  塾での自習を終えて帰ろうとした瞬間、マサルに「あ」と呼び止められた。 白々と光る蛍光灯のした、教室の中心で二人は向き合い、サチはマサルの次の言葉を待つ。  ポケットに手を突っ込んだマサルは「これ」とぶっきらぼうに手を差し出す。その...
  • 2016.10.28
love
  • 「今度お祭りいこーよ。男子も誘おう。イケダとかイワサキとか」  と、ユキエが提案したとき、マチの胸は飛び上がった。お祭り、と、イケダくん。  イケダくんとはつい2週間前くらいに「おれら付き合う?」とメールがきて、数分鼓動が指先まで伝...
  • 2016.07.26
love
  •  じめじめしている、梅雨の夜のことだった。  美和が部活を終え帰路についたとき、すでに時計の針は21時を指していた。練習でへとへとに疲れた足で門をくぐり、自転車通学の友人に別れを告げ、美和はひとり歩き始める。  カエルの声がどこかか...
  • 2016.06.21
love
  •  夕方5時、校舎入り口近くの階段の上から3番目にりかは腰掛けていた。  そこは、昼休みに先輩が座っていたところから、ひとつ隣にずれた場所で、あの人と二人でここに座れたらどんなにいいだろうと、腰掛けているのだった。  先輩を初めて見た...
  • 2016.05.19