• love
  • 2016.05.25

「モテそう(なのにモテない)」の根深い原因!見かけと中身の逆ギャップ理論

“肉食系に見えて恋愛に奥手”な男性の正体

舘そらみ 応用のきかない恋愛論 Poiboy 肉食系 アスパラベーコン男子 奥手
by kohlmann.sascha

 同情を、禁じ得ない。
かわいそうだ。とってもかわいそうだ。
もうかわいそうでかわいそうでしょうがないタイプの男性が居る。

 それは、
“肉食系に見えて、実はとっても恋愛に奥手”な男性諸君。
“アスパラベーコン系男子”なんてフザケタくくりをされたりされなかったりしちゃう面々。
損しかしていない。もう、かわいそう。
見た目も中身も草食系の方々よりも、ずっと性質が悪い。

 せめて、せめて、中身が奥手なことを、気づかせられたらいいのに。
奥手な自分をさらけ出すには繊細過ぎちゃうから、ついついフザゲチャったりオラっちゃったりして、中身が奥手なことに面白いくらい気づいてもらえなかったりする。
不器用だから黙っているのに、“機嫌悪そう”とか思われちゃったりしてもうホント、同情。

 アスパラベーコンさんは、飲むと途端に人懐っこくなったりするからもうホント厄介。
シラフの時と違うその感じに、「やばい!心開いてくれた!楽しい!」ってこっちもすごい楽しくなるんだけど、お酒が抜けて会った時にはもうあの楽しい夜は幻だったかのようにニュートラルポジションに戻っちゃうから、悪い意味でドキってする。
「楽しかったね!」とか距離つめて言っても、「え…あ、まあ…」とか言われてもう「あ、あれ?」みたいな。
一度酔っぱらった時のものすごく素直な様子を見せてくれてるからこそ余計に「あれ?」みたいな。

 そういう不器用なところも含めて愛してくれる人が現れると、一気に安定する。
アスパラべーコンさんたちは付き合いだすと長いし、お付き合いと結婚が直結している人も多いと思う。おめでとう。
なのに、なのに、もうおバカだから意外と浮気する。
というか、変なタイミングで調子に乗り出してしまう。

<アスパラベーコン男子との付き合い方は?>


見かけと中身の、逆ギャップ理論

「モテそう」と思われながら「ところがどっこい全くモテない」時代が長すぎたのか、恋愛がうまく行って安定している自分にはしゃいでしまうみたいなのだ。
彼女ができたり同棲したり結婚決まったりってタイミングで浮気したりする。
「え、今?今したらあかんやろ!」ってタイミングで浮気したりする。

 しかも、“実はこう見えてモテない”の苦しみが長かったせいか、“女遊びしている自分への罪悪感”が生まれてくるのもワンテンポ遅くて、手遅れになってから初めて「大変なことをしてしまった…」って気付いて反省しだしたり。
遅いよ。その青春、遅れて来すぎだよ。
青春時代に青春やってなかったから、危ないよ。
青春は、青春時代に終わらせとこうよ。

 つくづく思う。
モテない青春時代を送った男が、大人になってモテたりするのはホントに危ない。
調子に乗り方が怖い。
「モテている!!」という快感は、こんなにも大人までを破壊していくのか、と。
モテって恐ろしい。

 アスパラベーコンさんのことを考えてたら、モテるという欲望の怖さに行きついてしまった。
だって、アスパラベーコンさんにはもっと本当はモテてほしい。
外見単体で見たら悪くないわけだし(肉食系の外見というのは、ものすごいセックスピールだ)、恋愛が奥手なことだって、そこが人間としての信頼につながる部分だってある。

 でも、全くもって組み合わせが悪い。
なぜ、そんなにも奥手なのに、「俺、バリバリっす」の看板を背負ってしまっているのか。
「モテるっしょ?」とよく言われるのに実際は全くモテない、という方は、この問いを問われるヤバさに気づいていない気がする。

「あ、自分モテそうなんだ」というその部分に喜びを感じてしまうかもしれないが、「モテそうに思われて、実はモテない」このギャップの根の深さに、向き合いましょう。
「モテそうでモテない」、これはプラスポイントではないのに。
これを言われた時に心に届かせるべき部分は「モテそう」ではなく「モテない」の部分なのに。
「あ、オレモテそうなんだ」ではなく、「なぜモテそうに見えてモテないんだ」まで自己分析を進めよう。

 最後にもう一つ。
草食系に見える方に奥手なアピールされると、「頑張ってやってくれてる」とプラスに取られるかもしれない。
しかし、肉食系に見える方に奥手なアピールをされると、「あ、この人私にはあまり興味ないんだな」と取られてしまう。
なんて怖い。
なんて、見かけからの思い込み。

 こういうところが、アスパラベーコンさんのモテない一因かと思われます。
見かけと中身の、逆ギャップ理論。
そのギャップ、難しい。

 かわいそう。かわいそう。
どうしたらいいんだろう。
そういう私も、アスパラベーコン系女子なもんで。

Text/舘そらみ

逆ギャップ男子の気持ちが分かるなら!

Poiboy
©Poiboy

 AM編集部がプロデュースした女の子のための恋愛応援アプリの「Poiboy」は、女性同士で気になる男性をオススメし合い、好みの人を見つけてコミュニケーションができるアプリです。
気になる男子をポイ(フリック)する「お気に入り登録」や、お気に入りの男子をグループ分けして楽しむ「コレクション機能」、仲良くなりたい男性とだけできる「メッセージ交換」など、恋愛に受身な女性でも気軽に楽しみながら利用することができます。
「Poiboy」はApp Storeでダウンロードすることができます。Android版も近日中に登場する予定!

ダウンロードはこちら

ゆっち ファスティング ベルタ酵素ドリンク ダイエット 断食

 社内で付き合うのは、楽だけどめんどくさいですよね…。そんな方に向けて、楽だけどめんどくさくない!イイ男と出会う方法をご紹介します!

ライタープロフィール

舘そらみ
脚本家・俳優。1984年神奈川県生まれ、トルコ・中米育ち。映画「私たちのハァハァ」の脚本を執筆。Twitter:@_sorami

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

AM読者の既婚女性の実態をアンケート中です!

AM読者には既婚女性も数多くいらっしゃいます! 夫婦生活は私たちの生活に今までとは違う感覚や感情をいくつももたらしてくれるもの(良いのもあれば、もちろん悪いのも)。 みなさんが日々感じていることを教えていただけたらありがたいです!

アンケートはこちら