• love
  • 2016.05.18

女の皮膚に直接さわるな、危ないぞ!恋心を溶かす「間接タッチ」法

思いがある人との肌の触れ合い、すなわち「スキンシップ」はドキドキする。が、何を勘違いしてかズカズカとパーソナルスペースに入ってくる男性諸君に言いたい。「直接触るな、危ないぞ」と。しかし、モテる男性は警戒されないレベルのスキンシップ、「間接タッチ」法というものを上手に使っているようです。

恋心を溶かす「間接タッチ」法

舘そらみ 応用のきかない恋愛論 Poiboy 間接タッチ 恋心 モテ スキンシップ
©by Hanna Alicé

 舘そらみといいます。

“付き合うのかな?
このまま行くと付き合いそうだよな、どちらかが口を開くとこれ今晩にでも付き合うよね?
あれ。この飲み会2人で抜けた方がいいのかな?”
的な段階の時、大人数での飲み会が繰り広げられているそのテーブルの下で、足をからまして遊んでいた人とは、やはりその夜付き合いました。

 そんな時のちょっとしたスキンシップは、とても楽しい。ドキドキする。
文字通り、ドキドキする。
思いが生じかけている人との肌と肌の触れ合いは、そりゃ勿論ドキドキして、キモチが良い。

 しかし、だ。

 発展しそうな雰囲気などまだないにも関わらず、触ってくる男が居る。
お酒なんて入ろうもんなら、肩叩いてきたり、脇腹つついてきたり、頭こづいたり。

 いや、本当に辞めてください。

 ズカズカとパーソナルスペースに入ってこられても警戒するだけ。何より、キモチが良くない。
大して親しくもないのに、触ってきちゃうの、アレホントダメ。

 あれはアレなのかしら、“スキンシップ女子”が推奨されちゃうもんで、その恋愛テクニックを応用してる的なやつなのかしら。
いやいやいや、まずスキンシップ女子だってうまいことやらなきゃ危ないし、何よりきっと、男性より女性の方が、皮膚という名の境界は厚いんだと思う。そんな簡単に境界に触れられると、「うわっ」となるだけです。

 自分から触るのはOKだ。
普通の友人男子でも、抱きついたり膝枕したりしてしまう。それは、もう全然OK、愛いっぱい。
好意ある人間に触られるのも勿論OKだ。
そりゃそうだ。好意ある人間に触られたくて生きているようなもんだ。
それを見て、「おお!気楽なスキンシップはいいもんだ!」と勘違いしちゃう男性、違うよ。
同じスキンシップでも残念ながら雲泥の差だ。

 女性には、直接触るな。危ないぞ。

<女心をつかむスキンシップができる男性とは?>


ほんの小さな経験を共有しただけで繋がる信頼感

 モテる男は、ガッツリとは触らない。
相手を警戒させないレベルの触りをしっかりわきまえる。
それは、題して“物を中継したタッチ”。

・同じものを同時に触る
・女性が手に取ったものをその直後に手に取る
そんなことを散りばめる。

 例えば、何か凸凹してる壁があったとして、「なんかデコボコしてる」「デコボコしてるね」なんて2人で壁を触っているっていう瞬間を作ったりする。
「んだよ壁って!」とモテない男性は思うだろう。
いやそりゃそうだ、「んだよ壁って!」だ。でもバカにできないんだ、壁。

 単なる壁だろうと、何か一つのものを同時に触っているってだけで、2人の距離は少しだけ近づく。ほんの小さな経験を共にした関係になる。
たかが壁を中継して、2人がほんの少しだけつながる。

 例えば、飲み屋の席で、醤油を女性が使って、その醤油を定位置に戻す前に手に取って使う。本当にそれだけで、ほんの少しだけ距離が近づく。
一方のぬくもりがまだ残っている物を一方が手に取る。もうこれで、ほんの少しだけ相手を信頼する。
ウソみたいだけど本当にこんなことが有効なんだ。
本当なんだ。

 物を中継したタッチは、重要だ。
深層心理にはっきりとストックされていく。
肌に触らないしグイグイしてないから警戒されないし、「近づいたとも近づいてないともいえない」レベルのさり気ない近づきは達成できる。
この積み重ねが気づけば、大きな大きな絆となり、もうその2人は付き合います。

「いやいや、言うてもやっぱり触るのって有効やろ? なあそやろ?」というデリカシー無い方もいらっしゃるだろう。
回りを見てごらんなさい。
ほら一緒に何か触っていたり、ほら物が手から手へ渡ったり、「お!触ってる!」って思っても、触っているのは皮膚ではなく洋服だったりしませんか?

 モテる男は女の皮膚の境界の厚さを分かっている。

 そしてそして、そんだけ段階を経て関係を溶かしていったら、実際にガッツリ触られたとき、その一発目から超キモチイイ。

Text/舘そらみ

間接タッチを試したい!

Poiboy
©Poiboy

 AM編集部がプロデュースした女の子のための恋愛応援アプリの「Poiboy」は、女性同士で気になる男性をオススメし合い、好みの人を見つけてコミュニケーションができるアプリです。
気になる男子をポイ(フリック)する「お気に入り登録」や、お気に入りの男子をグループ分けして楽しむ「コレクション機能」、仲良くなりたい男性とだけできる「メッセージ交換」など、恋愛に受身な女性でも気軽に楽しみながら利用することができます。
「Poiboy」はApp Storeでダウンロードすることができます。Android版も近日中に登場する予定!

ダウンロードはこちら

ゆっち ファスティング ベルタ酵素ドリンク ダイエット 断食

 社内で付き合うのは、楽だけどめんどくさいですよね…。そんな方に向けて、楽だけどめんどくさくない!イイ男と出会う方法をご紹介します!

ライタープロフィール

舘そらみ
脚本家・俳優。1984年神奈川県生まれ、トルコ・中米育ち。映画「私たちのハァハァ」の脚本を執筆。Twitter:@_sorami

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

AM読者の既婚女性の実態をアンケート中です!

AM読者には既婚女性も数多くいらっしゃいます! 夫婦生活は私たちの生活に今までとは違う感覚や感情をいくつももたらしてくれるもの(良いのもあれば、もちろん悪いのも)。 みなさんが日々感じていることを教えていただけたらありがたいです!

アンケートはこちら