• lovePR
  • 2015.08.28

12年以上不倫した相手ならもうそのままいくべし/菊池美佳子×飯島寛子

LINE占い×AMのタイアップ企画を開催!AMライターの菊池美佳子さんとLINE占いなどで活躍されている占い師、飯島寛子さんに、AM読者のお悩みを聞いて頂きました!占い師さんの四柱推命を元にした答えと菊池さんの実践的な回答、どちらかなりタメになります!


 第一弾:峰なゆかさん×キャメレオン竹田さんの回、第二弾:下田美咲さん×アイビー茜さんの回に続き、今回もLINE占い×AMのタイアップ企画をお届けします!

 第三弾は、AMで『犬棒カルタに学ぶセックスライフハック』『とある夜の教訓』などの人気連載の著者、菊池美佳子さんとLINE占いなどで活躍されている占い師、飯島寛子さんに、AM読者のお悩みを聞いて頂きました。

菊池美佳子 飯島寛子 下田美咲 アイビー茜 LINE占い AM アム
(左)菊池美佳子さん、(右)飯島寛子さん

 占い師さんの四柱推命を元にした答えと菊池さんの実践的な回答、どちらも参考にしてくださいね。

添い寝が好きな私。セックスを迫られると相手が嫌いになってしまいます。(Aさん)

【相談】
Aさん: 元々あまりセックスが好きじゃなくて、男性と添い寝するだけで満足しちゃうんです。
もちろん相手はセックスもしたがるんですけど、私はセックスすると嫌いになってしまって。いわゆる「ソフレ」の状態が一番安心していられるんだけど、そのせいで男性とちゃんとしたお付き合いができなくて困ってます。

菊池美佳子(以下、敬称略): うーん。エッチがあまり好きじゃなくても全然いいと思うんですよ。
例えばジェットコースターが好きじゃないとか、犬がどうしてもダメだとか、そういう人って世の中にたくさんいますよね。Aさんの場合はたまたまそれがセックスだったってだけ。だから無理することはないんじゃないかな。
ただ、男性ってセックスが好きな人が多いので、最初に「添い寝だけでも全然いいよ」って言われたとしても、そのままの意味で捉えないほうがいいと思います。
あの、Aさんが男性と添い寝するのってだいたいどういう流れなんですか? 最初からソフレとして付き合うの?

菊池美佳子 飯島寛子 下田美咲 アイビー茜 LINE占い AM アム

Aさん: いえ、一晩添い寝したら明け方くらいに向こうから手が伸びてきて……っていう感じです。多いのは、もともと友達だったってパターン。
私は交通の便のいい場所に住んでるので、友達何人かで飲みに行って帰りが遅くなると、よくみんなで私の家に泊まるんです。で、私は自分のベッドで寝て他の子たちは床に雑魚寝するんですけど、気がつくと男の子が隣に寝てたってことが3、4回あって(笑)。

菊池: 2人きりじゃないんですね。すごい積極的……!
でも、実をいうと私もホームパーティすると、雑魚寝からのセックスになだれこんじゃったりすることある(笑)。Aさんは、その男の子がベッドに入ってくるのは別にイヤじゃないの?

Aさん: それはむしろ嬉しいんですけど、迫られるとイヤになっちゃうんです。でも、セックスなしで男性と付き合うなんて不可能じゃないですか。だから直したほうがいいのかなって……。

菊池: Aさんは、まだ20代前半ですよね。犬嫌いだった人が何かの拍子で大丈夫になったりするように、これから変わってくる可能性もあると思うんですよ。
私の友人にも、20代前半の頃はセックス好きじゃなかったけど30過ぎて好きになったっていう人、いっぱいいますし。無理してイヤなものを好きになろうしても、嫌いなピーマンを口にねじ込まれるみたいなもので逆効果だから、今は「セックスは嫌い」っていうキャラで押し通していいんじゃないかな。

飯島寛子(以下、敬称略): 実は四柱推命でも、性欲が強い運気が出てるんですよ。

Aさん: そうなんですか!?

飯島: 運気の流れを見ると、Aさんは31歳までは守りと受け身の運気なんです。でもそれを過ぎると、異性や遊びの運気が出てくるんですよ。
だから、たぶんそのあたりから開花してくるんじゃないでしょうか。セックスが楽しくなりますし、「男性と触れ合うことで心が満たされる」っていう感覚も自然と出てくると思いますよ。

Aさん: ちなみに、どんな男性と相性がいいですか?

飯島: 今は受け身の時期なので、リードしてくれる人じゃないとダメかも。だから年上の方と付き合って、いろいろ教えてもらうのがベストです。
でもAさんが年を重ねると、今度は年下の人がしっくりくるようになってきますよ。

Aさん: ありがとうございます。励みになりました!

【四柱推命で占ったAさんの性格】
自分の言いたいことを飲みこんでしまうタイプ。恋愛面でもどちらかというと相手に合わせてしまう傾向が。また、好きになったら一途ですが、すぐに飽きてしまう一面もあります。
大きな運気の流れでいくと今は「妾星」っていって、愛人になりやすい気質が出ている時期。お付き合いを始めるときは、相手にパートナーがいるかどうかしっかり確認したほうがいいと思います。

<四柱推命で占ってもらう>
iOSはこちら
Androidはこちら

アラフォーの私と還暦の不倫相手。12年付き合ったけど、そろそろ発展性のあるパートナーを探すべきでしょうか。(Bさん)

【相談】
Bさん: 12年以上付き合っている不倫関係の男性がいるんですが、仕事が楽しかったり、私に全く結婚願望がなかったりで、気づいたら別れるタイミングをなくしていました。
不倫しつつも正式にお付き合いした相手もいたんですが、私に結婚の意思がないことがわかるとうまくいかなくなって……。結局ラクで都合のいいときだけ一緒に過ごせる不倫関係の彼の元に戻ってしまいます。
このままずっと今の関係が続けばいいんですけど、12年経った今、私はアラフォー、彼は還暦過ぎ。正直、10年後も同じように付き合っていけるとは思えません。最近では「彼が死んじゃったらどうしよう」なんてことまで考えてしまって……。
先のことを考えて、もっと発展性のあるパートナーを探すべきでしょうか?

菊池: いますぐ別れるか続けるか、2つのうち1つを選ぶとしたら、不倫だとしても私は絶対に今の人と付き合い続けたほうがいいと思う。お互い好きでうまくいっている相手なのに、10年先のことを考えて、いま別れるってなんか違うような気がするんですよね。
だって、人生なんてどうなるかわからない。もしかしたら彼じゃなくて自分のほうが先に死んじゃうかもしれないし。だったら、今楽しいことをしたほうがいい。
そういえば私の知人に、20代の頃からずっと同じ既婚者の男性と付き合い続けている女性がいるんですよ。彼女はもう60代なんですけど、離婚できない彼と付き合い続けるために手に職をつけて、彼が住んでいる駅の反対側に分譲マンションを買ったんです。彼も12歳くらい年上の人だったので先に亡くなっちゃったそうですけど、その後の彼女はすごく満足そうに老後を送ってますよ。後悔もないそうです。

Bさん: そうなんですか……。

菊池: そういう話って意外にあるんです。あとね、もし10年後に彼がいなくなったり別れたりすることになっても、10年後のBさんはまだ40代後半でしょ。仕事ができてバリバリ稼いでいく人に見えるから、エステとか通って美魔女になって若い男子と遊んだりするのもアリかなと。
飯島さん、どうでしょうか?(笑)

飯島: 四柱推命で見ると、Bさんは元々「積み重ねの運気」を持っていて、仕事でバリバリキャリアを積んでいける人。自分の世界観がしっかりあるので、結婚云々よりもまず他人が自分のテリトリーに入ってくるのが嫌なんです。
対する不倫相手の彼も、Bさんと同じように自分の世界を持っている人。一般的に見るとつかみどころがないタイプですけど、束縛されたくない、何より自分の生活のリズムを崩したくないという人にとっては、ちょうどいい距離感を保てる相手なんじゃないでしょうか。

菊池美佳子 飯島寛子 下田美咲 アイビー茜 LINE占い AM アム

Bさん: すごい、当たってる…(笑)。

飯島: なので、今の彼と続けていってももちろんいいですし、もし今後新しいパートナーを探すとしても、今の彼と同じように自分の世界観のある人がいいです。
お互いが自分の好きなことをして夕食だけ一緒に食べるとか、それくらいの関係だとストレスなくいられるんじゃないでしょうか。
あと、食べるに困らない星を持ってる人なので、男性に頼らなくてもちゃんと生きていけるはずですよ。

Bさん: 食べるに困らない星(笑)お二人から意見を聞いて、とてもスッキリしました。ありがとうございます。

【四柱推命で占ったBさんの性格】
Bさんは、表面上には女性的な星が出てるんですが、内面は男性的で性格的には「おっさん」です。
自宅ではたぶん人には見せられないようなおじさんみたいな雰囲気を醸しだしてるんじゃないでしょうか。真面目でおとなしそうに見えて実はガツガツした肉食っぽい性質も持っている、ギャップのある方ですね。
恋愛面では結婚運が少し弱く、家庭の暖かさみたいなものにはあまり縁がないかもしれません。でも男性とめぐり合う運気はしっかり持っていて、特に今年は「結婚してもいいかな」みたいな星が出てきてるので、結婚を考えているならチャンスかも。

<四柱推命で占ってもらう>
iOSはこちら
Androidはこちら

半年前に離婚して以来、人を本気で好きになれず焦っています。(Cさん)

【相談】
Cさん: 半年前に離婚して以来、心にぽっかり穴が開いてしまいました。
これじゃいけないと思って、いろんな男性と積極的に出会うようにしているんですが、体の関係を持つと途端に飽きちゃうんです。色んな人とのセックスの回数は増えるけど、ただそれだけで。
最近ようやく「まだマシかな」という人と出会ったものの、やっぱり心からは満たされなくて……。一人で生きていく覚悟はあるものの、こんな状態じゃ人生つまらないなと思ってしまいます。
これから先、また人を愛せるようになるでしょうか……。

菊池: ちなみに半年前に離婚した旦那さんに、まだ愛情が残っていたりします?

Cさん: いえ、それは全然ないんですけど、なかなか新しい恋ができなくて……。相手任せで、自分からすごく会いたいって思えないんです。体の相性がいい人ならともかく、そうじゃない相手だと一回で「もういいや」って思っちゃう。

菊池: 恋の賢者タイムですね……。今の世の中って恋愛だらけじゃないですか。EXILEもAKBも恋の歌ばっかり歌っているし、ドラマもほとんどが恋愛がテーマだから「恋愛しなくちゃいけない」って思いがちですけど、決してそうじゃないんですよね。
長い人生、好きな人がいない時期があっても全然いい。私ね、そういう時期の人は、心の恋人を持つといいんじゃないかって思うんです。例えば近所のコンビニにイケメン店員がいたら、頻繁に通ってキュンキュンするとか。

Cさん: うーん、私どうしても、いいなと思う人がいると、つい落としたくなるんですよね。ただ実際に体の関係持つとすぐ飽きちゃうんです。「どうせこうなんだろ」とか「こうすれば男性って落ちるんでしょ」って冷めた自分がいて。
だけど家にいるとやっぱり寂しくなって、出会いを求めてしまうんです。

菊池: なるほど。それはたまたま男運が悪い時期で、恋心が芽生えにくい男性が続いちゃっただけかもしれませんよ。これからクリスマスや年末が来て街が恋愛モードになれば「恋したいな」って気分にもなるでしょうから、それまではく難しく考えず、いろんなチンコを試してみていいんじゃないですか。
へんに罪悪感持ってセーブすると余計ストレスたまりそうだし。次にいい人に会うための練習くらいのつもりでやってくといいと思います。だってほら、チョコボールの金のエンゼルだって、そうそう簡単には出ないでしょ(笑)。

菊池美佳子 飯島寛子 下田美咲 アイビー茜 LINE占い AM アム

飯島: 私も離婚歴があるので、離婚後の気持ちってよくわかります。「そういう気持ち、あるある」って思いながら聞いてました(笑)。
四柱推命で見ると、Cさんは感受性の強い人なので、そのぶんどうしても疑心暗鬼になりがちなんですよね。簡単に相手を信頼することができないから「どうせ終わる恋だし」って考え方になってしまう。関係を続けていこう、積み重ねていこうっていう意思がなかなか出てこないんです。

Cさん: そうですね……。「今のところ結婚する気もないから、そんなに頑張らなくていいかな」って思ってしまって。

飯島: でもCさんは今年から「感情の運気」っていうのに入って今後3年間それが続くんです。これは、「行きたい場所はわかってるのに霧がかかっててそこへ行くルートがわからない」っていう状態。
わかりやすく言うと、一人じゃ寂しいから最終的には結婚したいんだけど、そこへ行くまでの道がわからなくなってる、迷子の状態なんです。
そういうときに焦って運命の人を探そうとしてもなかなかうまくはいきません。だから、いろんな人とのセックスはそれとして楽しんで、無理に次の恋に結びつけようとしなくていいと思います。
あと、実はCさん、男性を見下す星もちょっと持っているんですよ(笑)。だから向こうから追っかけてくる相手じゃないほうがいいかもしれない。

Cさん: 今、唯一続いてる人は、そんな感じです。自由というかあまり追ってこないタイプ。

飯島: だから、追われるんじゃなく追う恋愛を楽しめるようになれば、今までとは違う恋の満足感を得られると思いますよ。

菊池: いいですね~! 簡単にヤラせてくれないような無理目な男性を狙えば、きっと恋の戦闘本能に火が付きますよ。

【四柱推命で占ったCさんの基本性格】
Cさんはとても感受性がとても強い人で、相手の気持ちを敏感に感じ取りすぎてしまう傾向があります。
もしかしたらそのせいで、高校生くらいの若い頃に、恋愛に対するトラウマを作ってしまっているかもしれません。何もしないままほおっておくと後々までひきずる可能性もあるので、もしそういう傷があるのなら、自覚してしっかりケアしていったほうがいいと思います。

<四柱推命で占ってもらう>
iOSはこちら
Androidはこちら

 LINE占いでは、人気占い師に1対1で直接悩みを相談できる新機能「悩み相談所」を追加!

☆飯島寛子さんに今すぐ悩みを相談する↓
<iOSはこちら>
<Androidはこちら>

 自分に合った占い師さんを選んで、恋愛、結婚、人生、仕事などカテゴリー別に占いができるLINE占いをぜひダウンロードしてみてくださいね。

Text/遠藤遊佐

今月の特集

AMのこぼれ話