• love
  • 2016.05.31

人生には「怒る、妬む、愚痴る」も必要!丁寧に華麗に毒を吐き出そう

負の感情はなかったらないで人間的におもしろくなくなってしまうもの。だけども、そればっかりでは人の心を蝕むもの。そんなバランス感覚が必要な「悪」と「毒」との付き合い方にはちょっとした工夫が必要です。「人間ができてない」と自分を評価するニクヨさんが毒を吐きたいときに心がけていることとは?

必要悪もある

肉乃小路ニクヨ 恋愛 ニューレディー おネエ 淑女
©Valentin.Ottone_2

 私は基本的に悪や毒は必要だと思っています。
よく三毒追放なんて言って「怒る、妬む、愚痴る」ということを考えないようにする方もいるようですが、私はそれが無いと人間的に面白くないと考えます。

 だから私は安易に悪い要素を捨てろという意見には反対です。
ただ、悪、毒というのは適量あるから良いのであって、それが多くなり過ぎると、人間の心を蝕みます。
悪に染まると本当に悪人面(づら)になっていきますし、たとえ、表情や化粧で誤魔化せても、すぐにわかります。顔は思考の影響を受けて、その筋肉を使っているようです。
そんな顔じゃ、お金もご縁も入ってこなくなるのも当然じゃないですか。
気を付けないといけませんね。ふふふ。

 悪と毒との付き合いというのは、人生の大きなテーマでしょう。

私が心がけていること

 実際に私に会ったことがある人はわかると思いますが、私はおそらく「いい人」ではありません。
多少の意地悪をしますし、接客中などはさっと上から下まで見て値踏みしますし、人を見て対応を変えます。
さらにどちらかというと本来はキレ易いタイプです。
かわいい子、知的で楽しい人には贔屓をしますし、相手の知的レベルが低いとすぐにうんざりします。全ての人に平等になんか絶対できません。

 それでも心がけていることがあります。
悪いことを考えたり、毒を吐く時はとびきりの笑顔で実行をすることです。

 私は人間ができてないんで、心の中で不満を持つとすぐに
「頼むから死んでくれないかなぁ」って思ってしまいます。
酷いでしょ。
でもそれをそのまま表現するのは、私のプライドが許しません。
だって、あまりにも単調で大味な表現じゃないですか。

 だから、そういう時こそにっこり笑うようにします。
酷いことを考える時ほど最良の笑顔を作り、あと、悪口を言うときもできるだけ笑える形にして言うようにしています。

ツッコミの魔力

 笑える形にするということは漫才で言うツッコミです。
相手にツッコむには状況を客観視しなければなりません。
ツッコミとは構造の矛盾やいい加減さを露呈させないと良いツッコミになりません。
そのため状況を俯瞰で見れるようにすると、不思議なことに大体のことは大したことがないという気持ちになります。

 でも自分の中で思ってしまった「悪」や「毒」を無かったことや許されざるものにしてしまうと、かえってそれが澱(おり)のように自分の中に堆積してしまって、心が蝕まれるのではないかと危惧します。

 悪いことを思っていても、にこやかに笑ってツッコめる。
上品な表情で丁寧で綺麗で楽しい毒を吐く。

そのギャップに私は勝手に女優魂のようなものを感じてしまうのです。
自分の中で泥に咲く蓮を思ったりします。

 バカでしょ。

 バカなんです。でもこれが私です。 面倒くさいと言われればそうかもしれませんね。
でも、世の中で素晴らしいものってだいたい面倒くさいものなのですよ。
ほほほ。


Text/肉乃小路ニクヨ

ライタープロフィール

肉乃小路ニクヨ
東京の片隅でひっそり生き続けるちょっぴりしょっぱくてサワーなニューレディー。オーバー40歳、崖っぷち女装

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

AM読者の既婚女性の実態をアンケート中です!

AM読者には既婚女性も数多くいらっしゃいます! 夫婦生活は私たちの生活に今までとは違う感覚や感情をいくつももたらしてくれるもの(良いのもあれば、もちろん悪いのも)。 みなさんが日々感じていることを教えていただけたらありがたいです!

アンケートはこちら