• love
  • 2015.11.03

苦しいのは欲張りすぎてるから?「次の人生」という考え方で心を軽くする

ニューレディー・肉乃小路ニクヨが提唱する「ニューレディー」の生態、痴態、生き難さ、そして上品でいることの大切さ。今回は宗教観について。ときには気軽に、縁や輪廻、今生の課題について考えてみてはいかがでしょうか?

 今日は私の中の「不思議ちゃん」な部分のお話をします。
価値観を押し付ける気もありませんし、
また、共感をされなくても別に平気な話です。
女装の与太話として、軽く読み流してください。

Reincarnation

肉乃小路ニクヨ 恋愛 ニューレディー おネエ 淑女
Kayla Kandzorra

 私は宗教には一切入っていませんし、
むしろ熱心に勧誘しようとする人には、
縁切りに近い冷たい態度を取る人間です。
(そもそも人それぞれに宗教観があるのに、人の考え方や信仰を糾弾したり
説き伏せてやろうという魂胆が気に食いません) 。
でも、そんな私でも、前世や来世、生まれ変わりがあると思っています。
そうでなければ、不思議と縁深く感じ、友達になる人がいたり、
ただすれ違うだけの人がいることの説明が、自分でもつかないのです。

 貧富の差に関わらず、上品で面白い人は最初からそうだったりしますし、
逆にそうでない人も沢山います。
みんな、前世の宿題や、今生(こんじょう)の課題を背負って生きています。
本当にそれは人それぞれです。
だから、こういうのも変な話ですが、
今生だけで何もかも完結する必要はないと思っているのです。

ひとりで死んでいくとしても、それが課題

 私は今生ではゲイとして生まれて、将来子孫や家族を残さず、
40歳にもなって、パートナーもいないので、
もしかしたら、このままひとりで死んで行くのかもしれません。
でも、それはそれで意味のあることだと思っています。

「愛を学ぶために孤独があるなら、意味の無いことなど起こりはしない」
と平原綾香さんが歌う「Jupiter」の歌詞にありますが、
もしかしたら、そういう課題を与えられて、それを考える人生が
自分の今生なのかなとも思っています。

 だから、あれこれ考え過ぎず、欲張り過ぎずに、
粛々と目の前の事実に向きあって、
不思議な巡り合わせのご縁や恩を大切にしつつ、
勉強しながら生きていこうと思っています。

欲張り過ぎず、投げ出さず、長い目で考える

 苦しいと思ったら、
欲張り過ぎて荷物を持ち過ぎて溺れかけていた
ということはよくあります。
今生だけで何もかも終えようとせずに、
自分の課題を見つけて、それと向き合い、
できないことや、足りなかった場合には
やれるだけやって、また来世で続きをやればいいや
と思うことで、
だいぶ気持ちは軽くなります。

 かといって今生は辛いのでそこそこにして、
早く来世に行けばいいということではありません。
私は課題をきっちり終えずに立ち去る人間が好きではありません。
生きている間に与えられた課題には、それなりの意味があると思っています。
その課題に向き合わなければ、来世でも同じ課題にぶつかるのだと
冷ややかに見ています。
だから、どうしても、自死ということが理解できないのです。

 ただ、これも押し付けではありません。
あくまでも私が自分なりに作った法則や世界観です。
前世も来世も科学的にはありません。

 でも、科学的なことばかり言っていたら、
人生って味気ないものになるでしょう。
ふふふ。

 今日は私の不思議ちゃんな部分を披露しました。
この所、立て続けに法事があったせいかもしれません。
そういう不思議な部分もチャーミングにお話できるレディーに
なりたいものですね。

Text/肉乃小路ニクヨ

ライタープロフィール

肉乃小路ニクヨ
東京の片隅でひっそり生き続けるちょっぴりしょっぱくてサワーなニューレディー。オーバー40歳、崖っぷち女装

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

緊急!読者アンケート

AMをより楽しいサイトに改善するため、読者の皆様に緊急アンケートを実施しております。 新しい設問になっているので、ぜひお答えいただきたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

アンケートはこちら