• love
  • 2015.07.21

鏡を見るだけで魅力がアップ!?いい男ほど気にする表情とセンスを磨こう

ニューレディー・肉乃小路ニクヨが提唱する「ニューレディー」の生態、痴態、生き難さ、そして上品でいることの大切さ。今回は、鏡についてお届けします。自分探しや自己分析をするよりも、自分の顔を鏡で見てみた方がイイ女になれるかもしれません!

鏡に映して

肉乃小路ニクヨ 恋愛 ニューレディー おネエ 淑女
by thezartorialist.com

 私って、誰?
私って どういう人?

 悲しいかな人間は自分の顔を自分で見ることができません。
でも楽しく自分の人生を生きるには
自分というものを知らないと、なかなか上手くいかないものです。

 そこで自己分析や自分探しということで
ルーツを探ったり、旅に出たり、本を読んだりするわけです。

 で、その自己分析や自分探しをバカみたいにやってきた私の結論から言うと
ルーツを探ったり、旅に出たり、本を読んだりすることは
無駄ではないけど、自分自身を知るということでは
意外と遠回りになってしまうことだなって思ったのです。

自分を知るために必要な視点とは


 何故なら、ルーツを知ったところで、旅に出たところで、本を読んだところで、
主観に厚みが増したり、知識が増えたり、気分が変わったり
ということはありますが、
自分を知るために有効な客観的視点には欠けるからです。

 客観的視点とは自分から離れて、
自分を対象物として見ることです。
でも独力ではできません。
そんな時、人は鏡を使うのです。

 女性が男性に比べて
自分探しやモラトリアムに逃げ込むことが少ないのは
毎日化粧したり、お洒落したりのために鏡を見ていることが
多いからだと私は思っています。

 化粧をする時に鏡に映る自分の顔を見つめる
無意識に自分の面構えや表情、容貌の変化から、
人は情報を感じ取っています。
今の自分は幸せか、楽しいか、しょぼくれた人相になっていないか。

 そして、化粧をする段階で今の自分を修正したりする。
楽しければ向いていることをしているだろうし、
疲れていれば休息のサインがでているだろうし。
自己理解が深まり、課題も見つかるかもしれません。
顔はそれだけの情報量を持っているのです。

 例えば、イケメン俳優が、最初はあどけない笑顔で本当に可愛かったのに、
周りにチヤホヤされているうちに、
「周りは俺の言うこと聞くでしょ!」的な顔をするようになり、
俺様感が強くなり、愛し難くなっていく過程も如実に顔に出ていますよね。

 同じことが貴女の顔でも起こっているのです。

本当の魅力とは


 顔つきに対する考察は年齢を重ねていけばいくほど、精度を増していきます。
理由は人生経験が長いほど、様々な状況で、
周囲がどんな顔をしていたかデータが蓄積されるからです。

 ただ、問題は年齢を重ねると、細胞の劣化がはじまるので、
その老いを直視したくない乙女心から、鏡を見る機会が減ります。

 でも私は思うのです。
細胞の若い古いよりも
蓄積されていく表情やセンスの方がよっぽど魅力的だと。
そして全ての男が若い女にばかり目を向けているのではありません。

 男だって馬鹿ではないのだから、
その人の持つ優しさ、気遣い、包容力、センスを見ているのです。
そしてこれもまた不思議な現実で、
良い男ほど、美醜ではなく、そういう蓄積のある女を好みます。
なぜなら若くして競争社会の中に放り込まれると、
自分に足りない心遣いや気配り、センスを早く取り入れたいと思うからです。

 そんな時に、貴女は力になってあげられるだけのストックを持っていますか?
そのストックはいつも磨かれて、活用できる状態ですか?

 鏡はその状態を確認する道具です。
AM読者の皆様もファッションチェックや化粧チェックだけでなく、
そういった視点で鏡に向き合ってみてはいかがでしょうか?ふふふ。

Text/肉乃小路ニクヨ

ライタープロフィール

肉乃小路ニクヨ
東京の片隅でひっそり生き続けるちょっぴりしょっぱくてサワーなニューレディー。オーバー40歳、崖っぷち女装

今月の特集

AMのこぼれ話