• love
  • 2016.11.09

この結末に納得するワケには行かない…。ブリジット・ジョーンズを巡るアラサーの本音

セックスアンドザシティ、ブリジットジョーンズの日記、海外ドラマを何シーズン分でも繰り返し見るアラサー女性もAM読者には多いのでは?若いころあこがれた恋多き彼女たちに、深い共感を覚えるほど歳を重ねたと自覚するとき、いくつになってもhulu漬けの女子たちの共通点が見えてきました。

海外ドラマが大好きなアラサー女子

ゆっち 独身女性 現役高校教師がいく地獄の恋散歩 海外ドラマ アラサー 女子 ブリジットジョーンズの日記 SATC

 突然ですが私、海外ドラマが大好きです!
海外ドラマを初めて観たのは高校生の時。当時、受験生だった私のバイブルといえば『キューティブロンド』! オシャレで賢いエルのような女子大生に自分はなれると思い込んでいたし(笑)、男性経験も増えてきた20代前半の頃は、恋愛が上手くいかない主人公のドラマにハマったっけ…。

私たちが海外ドラマにハマる理由

 なんで海外ドラマにハマるアラサー女子が多いかって、主人公の不幸な境遇が自分とよく似ているからだと思います。ここ6年ほど大好きなSATCのエピソードの中で、「私も経験したことある!」と共感したものを思いつく限り挙げてみます(笑)。

・性病にかかったが、同時期に複数の男性と関係を持っていたために、どの男が感染源なのか分からない
・ヤった男のチンコが極小、ヤった男が異常な性癖を持っている
・自分を一番に愛してくれる彼氏がうっとうしくなり、セフレや不倫相手に逃げる
・趣味も性格も相性ピッタリなのに、セックスだけが最悪
・彼氏の元カノが気になり、1人イライラして自己嫌悪に陥る
・イイ感じになっている男が、自分に手を出してこないのでモヤモヤする
・過去に振った元彼が、昔より数倍イイ男になり、既に結婚していた
・結婚したいし、安定した交際関係を望んでいるのに、独り身の気楽さが恋しくなる

 思いついたのはこんなところです。アラサー女子の皆さん、「あるある!」ですよね。アラサー女子をテーマにした海外ドラマの主人公って、男には不自由せず恋愛を楽しんでいるけれど、その中でいつも自分の意思と裏腹な残念な出来事が起こり、結婚には程遠い…ってパターンが多くて、幸せになれない自分とどこか重なるんだよね。だから私たちは海外ドラマにハマってしまうんだと思う。

ドラマのようなハッピーエンドは起こらない

 そんなドラマの代表格である『ブリジット・ジョーンズの日記』の続編を、先日1人で観てきました(笑)。話の途中までは、幸せになれない独り身のブリジットに共感の嵐だったのですが…結末に納得できない私がいました。(以下、ネタバレあり)




 主人公は、自分を大切にしてくれる男を捨てて、自分を見捨ててきた男を最終的に選び、その男と結ばれるんです!
 
  「自分のことを愛してくれる男性を好きになれず、自分を邪険に扱う男性に心を奪われる」女子にはよくある話だと思います。でも、後者の男性と結ばれるハッピーエンドなんて、現実世界では絶対に起こりえないことだと思いませんか!?
  
 いちアラサー女子として、「海外ドラマの主人公に共感するのはいいけれど、この人たちのようなハッピーエンドは現実には起こりえないえないんだ!」と肝に銘じて観なきゃ…と強く思うゆっちなのでした。
 
 
  Text/ゆっち

次回は <手抜きセフレの態度が豹変!?愛されセフレになる方法>です。
セックスするためだけに会うセフレとの間では、プレイの内容がだんだんおざなりになりがち。前戯手抜き挿入重視のフェラ要求…女性に主体性があまりなく、楽しめない性行為になるのは自信がないから!というゆっちさん。「この男を捨てても、次にまだいる」そんな心の余裕が楽しめるセックスを生むのかもしれません。

ライタープロフィール

ゆっち
高校で国語を教える傍ら愛とか恋とかについて考えるアラサー。

今月の特集

AMのこぼれ話