• love
  • 2016.09.21

ポッチャリ女子はセックス要員にしかなれない!?「恋愛デブ」の法則

セックス要員としての恋愛しかできない女子にポッチャリ体型が多いことに気がついたゆっちさん。自分自身もそういう風にセックスをベースとした恋愛を続けていた身だけれども、ダイエットへの取り組みがそこから脱するきっかけになったそう。そんなゆっちさんが気づいた食生活と性生活の共通点とは?

穴モテ女子の共通点

ゆっち 独身女性 現役高校教師がいく地獄の恋散歩
by wadem

 合コンでいつもお持ち帰りされる女の子や、「また付き合ってもらえなかった…」っていつもセフレに降格してしまう女の子、「彼氏できた♪」って久しぶりに喜んでいると思いきや、実は不倫だったとか…セックス要員としての恋愛しかできない「ヤレそうな女」、所謂「穴モテ(穴があるから男が絶えない)」な女の子って、ポッチャリ体型に多いと思いませんか!?

「ヤレそうな女子」の思考回路

 少し前の私、完全に「ヤレそうな女」「穴モテ女」でした。(もちろん体型含め)
合コンでは、とにかく下心丸出しのギラギラした目で自分を見てくれる男性が好きで、イイと思った男性とすぐに体の関係を持ってしまったとしても、「セフレとしてキープされれば万々歳」ぐらいに思っていたし、既婚者に長期間キープされてる自分を「私と体の相性がいいからだ」って信じてた(笑)。

 でも最近、本格的にダイエットを始めて自分の体のことを真剣に考えるようになって、この「セックスをベースとした恋愛脳」から卒業することができた気がするんです。

必要なものが分からないポッチャリ

 ダイエットをする前、自分が口に入れる食事について真剣に考えたことってありませんでした。「何か甘いものが食べたい」と思えば、時間帯や食べる量を考えず、欲のままにコンビニに行ってお菓子を買って食べていたし、自分の体調や体型よりも「いかにその場を楽しむか」が重要だったので、連日の飲み会も大歓迎。規格外の量のお酒を毎日摂取することにも、何も抵抗がなかった。「今日は飲み会があるから」「今週は外食が多いから」と自分の摂取カロリーを考えて食事の量をコントロールするなんてことは絶対になくて、とにかく食べたい時に、自分が食べたいものを好きなだけ食べることが私の幸せでした。(どんだけのデブ脳だよ…)

 でもそれがダイエットを始めてからは、今の自分にとって何が必要なのかを考えて食事ができるようになったんです。甘いものが食べたくなっても、「食べたい、でも今食べたら太るな、我慢しよう」って自制できるようになった。数合わせの合コンでも、スペックを聞いただけでつまらないと思うような合コンでも、誘われた飲み会は全部参加する乞食女だったけど(笑)、ダイエット開始後は、体型維持を放棄してまでこの飲み会は行く必要があるのかを考えるようになったんです。好きなものを好きな時に好きなだけ食べる生活も一変し、外食の予定があれば、他の食事を軽くして調整するようになりました。例えば、お肉を食べるにしても鶏肉にしてみたり、サラダに乗せてたアボカドを省いてみたり…。「体型維持」「減量」という、自分が一番優先するものを絶対に譲らず、自分で自分をコントロールできるようになったと感じます。

心をすり減らす「恋愛デブ」

 で、この考え方って恋愛と似ているなって思ったの。
「ヤリたい時に、ヤレる男と見境なくセックスをしてた私」って、「好きな時に好きなものを好きなだけ食べる」デブの時の思考回路と全く同じだって。
自分にとって本当に必要なものが分からなくて、目の前にあるものに見境なく手を出す。
セックスでしか恋愛できない女って、言い換えれば“恋愛デブ”なんです。
 対して、“恋愛スリム”な女の子って、自分にとって今必要なことが分かっているから、行く必要のない合コンに行ったり、ヤる必要のない男とヤったりしない。無駄に心を擦り減らすことなく、「好きになった人としっかり付き合う」恋愛ができるのです。
 一方、「またセックスして捨てられた…」って泣いてるぽっちゃり女は、「また食べちゃった…」って暴食して自己嫌悪になる構図と全く一緒のことが恋愛でも起こってる。やはり、ポッチャリ女子はセックス要員にしかなれないのです。


 そう考えると、上手くいかない恋愛をなんとかする第一歩は、まずダイエットしてぽっちゃりした体を、そして思考回路を変えることなのかもしれないと思ったゆっちなのでした。
 
 
  Text/ゆっち

次回は <「付き合おう」の言葉がないアラサー女子の恋愛が終わる時>です。
アラサーになると、付き合い始め方が違ってきます。どストレートに告白されるのでもなく、自分の恋心を燃料に猪突猛進なアタックを仕掛けることもないのがアラサーの恋愛。それでは、ゆっちさんが自身の「彼氏的な人」との関係をもとに気づいた、独身の楽しさを知っているアラサーゆえの交際の始まり方と終わり方とは?

ライタープロフィール

ゆっち
高校で国語を教える傍ら愛とか恋とかについて考えるアラサー。

今月の特集

AMのこぼれ話