• love
  • 2016.07.20

カップルの愛=ルールの数!?自分ルールから「ふたりで決めたルール」へ

彼にいつのまにかマイルールを押し付けていませんか?恋人ができたゆっちさん、お互いの家を行き来するようになったことから改めてちょっとしたズレについて認識するようになったとのこと。男女に限らず近しい人と決まりごとをすり合わせることで、深まる愛もあるのかもしれません。

相手に対する不満や価値観の違いを感じる最近

ゆっち 独身女性 現役高校教師がいく地獄の恋散歩
©Incase.

 二人とも一人暮らしなので、私には私なりの、彼には彼なりのマイルールがあるなあと、お互いの部屋に行くたびに感じます。それは彼も同じように感じていると思うのね。

 一緒に週末を過ごし始めて数ヶ月が経って、ちょっとした不満や価値観のズレを言い合えるようになってきた最近、彼からこんなことを言われました。
 「ねえ、歯ブラシを洗面台に直接置くの、あれ何とも思わないの?」

歯ブラシの置き方一つで言い合う私たち

 彼が言っているのは、私の歯ブラシの置き方のこと。歯ブラシって、歯ブラシ立てに置くとか、コップに入れるとか、人それぞれ置き方があると思います。で、私はどんな置き方をしているかというと、洗面台の蛇口の横あたりにある、ちょっとしたスペースに直置きしています。しかし彼にしてみれば、それがどうしても許せないらしい。「普段洗剤で洗っている場所に、口に含むものを直置きできる神経が理解できない」とまで言われる始末(笑)。

  私は、モノを増やすことで掃除するモノが増えるのが嫌なタイプなんですね。歯ブラシ立てを置けば中が汚れるだろうし、コップを置けば水垢がたまりますよね。その掃除を面倒に感じるので、極力モノを増やさないようにしています。対して彼は、快適に過ごすためならモノを増やすことを厭わないタイプなんです。トイレのタンクの上に置く洗浄ポットみたいのとか(私は埃がたまるから嫌い)、お風呂場の洗剤を置くラックとか(私はラックの掃除が嫌なので直置き派)。
そんな価値観のズレをどちらも譲れず、お互いの歯ブラシを見るたび小言を言い合う日々…。

二人のルールの数で、愛情を測れる!?

 そんな私も、彼に対するちょっとした不満がありました。それは、私の家が二人でよく飲む場所から近いからと言って、私の家ばかりに泊まるってこと!私は彼みたいに、常に部屋に人を呼べる状態を保てないので、仕事が忙しい週に連続して来られるとなると、掃除が大変なんです(笑)。掃除をしていたことを理由にデートの時間に遅れて行くと、彼が色々と言ってきたりするし。
 そのことを不満に思った私が、ずーっとグチグチ文句を言ってたんですね。そうしたら、彼が呆れて笑いながらこう言い出したんです。
 「そんなに嫌なんだね、わかった(笑)。じゃあこれからは、交互にお互いの家に泊まるってことにしよう」って。

 その時思ったんです。付き合うって、相手に合わせるってことじゃなく、お互いに歩み寄っていくものなんだ。こんな風に、二人でルールを作っていくものなんだってね。一緒にいる時間が長くなれば、それだけ二人のルールが増えるってこと。そのことを思うと、なんだかうれしくなってきて。

 だから私も、彼に歩み寄って歯ブラシスタンドを買うことにしたんです。もちろん、歯ブラシスタンドは彼が洗うって条件付きでね(笑)。

Text/ゆっち

ライタープロフィール

ゆっち
高校で国語を教える傍ら愛とか恋とかについて考えるアラサー。

今月の特集

AMのこぼれ話