• love
  • 2016.06.22

彼がいてもセフレとの関係が絶てない!理想と現実の狭間でもがくアラサー女子の恋愛

自分を好いてくれる彼と、自分の理想の男であるセフレ。幸せになるためには、前者を選ばなければいけないと頭ではわかっていても…!?一筋縄ではいかないゆっちさんの恋愛模様に注目です!

セフレとの関係が絶てない…

ゆっち 独身女性 現役高校教師がいく地獄の恋散歩
©Alexander Annenkov

 最近デートしている男性とのセックスは悪くない。でも、やっぱり自分の欲求を解消できなくて、彼に腕枕されながら「いつ会いにきてくれるの?」とセフレに連絡を取った私。そんな私の状況を察したんだがしてないんだか、驚く速さでセフレが私に会いに来てくれたんです。

セフレが自分に与えてくれるもの

 久しぶりにするセフレとのセックスは最高で。もちろん彼が自分のことを大切に扱ってくれている感じは全然ないんだけど(笑)、自分はセフレに何でも要求できる。
彼だったら、自分がどう見られてるか、こんなことしたら引かれるんじゃないか、って、とにかく相手のことを考えてセックスするのに対して、セフレだとそんなこと思わず、自分の本能のままにセックスを楽しめる感じ
他の男が与えてくれないものを、セフレは与えてくれる。
そんな風に思える瞬間があって、あーやっぱりこの男のことが好きだなあと思うわけです。末期だね(笑)。

付き合えない現実は自覚しているけど

 セフレみたいな男とは付き合えない。それは自覚しているつもりです。
まず結婚しているし、かっこいいし、背も高いし、セックスも上手いし、こんなイイ男と自分が付き合えるわけはない。それは分かってる。だから、自分のことを好きと言ってくれて、毎週デートしてくれて、それで大切に愛してくれる人を探さなきゃと思う。それで、運良く今回の彼のような男性に出会えたりもする。
でも、やっぱり自分が好きになれない男性から好かれても何も嬉しくないんです。「彼氏欲しい」「結婚したい」が口癖な私だけど、一緒にいてくれれば誰でもいいってわけじゃない。自分が少しでも“好き”になれる相手とじゃないと、付き合う意味がない。

理想と現実の妥協点

 この、理想(セフレ)と現実(言い寄ってきてくれる男)の妥協点を見つけるのがアラサーの恋愛なんだと思う。しかし、この妥協点を見つけるのってすっごく難しい。
まず自分に言い寄ってくる男の中で、定期的にデートする関係になる男性なんて絶対数が少なすぎる(笑)。その中で、顔・身長・学歴(育ち)・仕事・ファッションセンス・トークセンス・セックスセンス、全ての総合点で「一人でいるよりも、一緒にいたい」と思える男性を探すってことだから。
うん、いるわけない!
そして残念なことに今回の彼は、その妥協点まで及ばなかった…

「お前が男を選ぶ立場にないだろ!!」って自分に罵声を浴びせたくもなる。
でも、やっぱり、好きになれる人がいい。
彼からのデートの誘いをもう2回断ってしまった私は、久しぶりに現れたいい獲物も、逃してしまいそうなのでした…。

Text/ゆっち

老い アラサー女子 ダイエット 断食

ライタープロフィール

ゆっち
高校で国語を教える傍ら愛とか恋とかについて考えるアラサー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

AM読者に聞く!恋愛以外で今ハマっているもの調査2016

音楽、アイドル、本、映画…みなさんは恋愛以外でどのようなことに今、ハマっていますか? AMをより楽しいサイトに改善するため、ぜひご意見お聞かせください!

アンケートはこちら