• love
  • 2016.04.06

個人情報全開!放置された「mixi」はネットストーカーの敵か味方か?

皆さんはmixiを覚えていますか?TwitterやFacebookを使い始める前はもっぱらmixiで色んな人と繋がったり、「マイミク」の紹介文を書くことに精を出したり…今回はそんなmixiを久しぶりに開いた時に見えてくる「人間関係」や「パーソナル情報」について。もしかしたら、今の相手の「あんなこと」や「こんなこと」が垣間見えるかもしれません。

ネットストーカーの新たなツール、mixi!

ゆっち 独身女性 現役高校教師がいく地獄の恋散歩
©by clasesdeperiodismo

 言わずと知れた、ネットストーカーである私。
気になる男性ができると、FacebookやらTwitter、最近ではinstagramのアカウントまで割り出して調べ上げ、とにかく相手のことを隅から隅まで知っておかなきゃ気が済まないタイプのメンヘラなのです(笑)。

 そんな私に友人が教えてくれました。

 「mixiがやばい!!」

mixiが他のSNSと違うところ

 もう何年前になるでしょうか。かなり流行りましたよね、mixi。
私、大学に入学する時、mixiで同じ学科に入学する新入生を探していた記憶があります。
ってことはもう6年前!!

 今の時代って、みんなネット上のリスク管理をしっかりやっているんです。
Facebookでストーカーしても、写真も友人一覧も見れないようにしている人がほとんど。個人情報についてはしっかり隠してるし。自分からポストしない人も多いですよね。

 でも、mixiの時代は違うんです。
とにかく、自分について書けることは、何から何まで書き尽くしている(笑)。

 座右の銘・人生の目標・休日の過ごし方…。「そんなことどうでもいいわ!」ってことまで(笑)。
あとはコミュニティ!「恋人にお前って言われたい!」「腕の血管萌え♡」「ネクタイを緩める姿にキュン♡」…打っていて恥ずかしくなるようなコミュニティに、みんな参加してたりするんですよね。
しかも、それを書いたまま、公開したまま放置している人が多いんです…!

禁断のmixi検索

  もちろん、私もmixi検索に手を出してしまいました。
相手の名前を漢字フルネームで検索し、予想通りヒット。(この時代、名前も隠さず登録している人の多いこと多いこと)。
Facebook上にはこまめに投稿する人なので、mixiにも色々なことが書かれているだろうと思ったけど、想像以上の情報量。
読んでるうちにだんだんと胸が苦しくなってくる(笑)。

そして、紹介文から彼女を見つけてしまいました。

 彼女のページに飛んでみると、なんともご丁寧にブログのURLを発見!
6年前から放置されているそのブログ(全75ページ)を読破した私。
今まで知らなかった事実を大量に突き付けられ、胸部圧迫により瀕死の状態まで追い込まれました…。

彼にとっての私の存在意義って?

 私が何を知ったかというと、まあ彼女がキレイ系の美人なんですね。(紹介文が、「○○は学年一の美人!」とかそんなので埋め尽くされている)
しかも職業が元CA!背も高く、女性ヒエラルキーの最上位に位置してる相手なわけ。

「なんで私が彼のセフレなんだろう?」
それを知った時からこの疑問が消えなくて。
こんな女性をパートナーにもつ男性のセフレが、自分である理由が全然分からない。
だって自分以外の選択肢もあるはずなのに。

  若いから?都合が良いから?激しいセックスができるから?
私を貶めるものでも、自分じゃなきゃいけない理由が欲しい。
じゃないと、自分の存在価値が否定された気がして、本当に本当に死にたくなる(笑)。

 笑ってるけど、全然笑えない。
この痛みを引きずって、私は4月を乗り切れるのでしょうか…。

Text/ゆっち

ライタープロフィール

ゆっち
高校で国語を教える傍ら愛とか恋とかについて考えるアラサー。

今月の特集

AMのこぼれ話