• love
  • 2016.02.17

結ばれない人に恋をするのは、恋愛からの逃げである!?

自ら考案する婚活方法を実践するゆっちさん。セフレの男と久々に会って一夜を過ごすと彼のことが頭から離れなくなり…せっかくの合コンにも身が入らず台無しに。新しい男を探すために体力は使わずに気心知れた男をより掘り下げることに注力して、新しい恋に踏み出せない時に感じることとは・・・?

セックスの相性が最高に良い男性の存在

 前回セフレからの連絡に応えてしまった私。
 久しぶりに会うということもあって、足の指から頭の先まで念入りにメンテナンス(笑)。
会う日が決まってからというもの、美容院・脱毛・マツエク・下着と洋服の新調・部屋の鏡の前でデート仕様のコーディネートチェック…と時間もお金も彼のために惜しみなく費やし、そんな私に友人たちは呆れるばかり…。

 でも、久しぶりに会った彼はやっぱり素敵だった。
セフレだからって私を蔑ろにするのは許せないと、ここ数ヶ月連絡を絶っていたけれど、彼とセックスしたらそんな気持ちは一瞬で吹き飛んだ。
「男は中イキできる女を手放さない」でも書いた通り、彼とのセックスは、お互いにしてほしいこと、恥ずかしいことを全てさらけ出せるんです。
お互いのことを隅から隅まで知りたいという一心で、いい大人が夜中から朝まで一睡もせずに体を貪り合う始末(笑)。
精神的にも肉体的にも満たされた私は、虚しい気持ちではなく、また一つ自分に自信を持てた気がします。

セフレのせいで気のが乗らない合コン


ゆっち 独身女性 現役高校教師がいく地獄の恋散歩 婚活 Facebook
©by Seniju

 彼と会った後は、情緒不安定になることが分かっていたので、気を紛らわせるために同じ週に2件の合コンを入れていた用意周到な私(笑)。
彼と会った翌日に、早速一つ目の合コンがありました。

 しかし、前日に一睡もしてないこともあって、コンディションは最悪。
おまけに、頭の中は彼のことでいっぱいという低すぎるモチベーションが相まって、合コンに対してやる気が出ません。
折角の出会いの場であるにもかかわらず、ファンデーションを塗らない顔・GUのスカートという最強にやる気のない出で立ちで登場する私。
もちろんそんな気持ちで臨んだ合コンが上手くいくわけもなく、二次会の誘いを断って帰宅…。

 そしてその翌々日に、二つ目の合コンがやってきました。
今回は容姿もスペックも期待が持てると幹事の友人から言われていたので、化粧と服はそれなりにしていざ出陣。
友人の言葉通り、お相手の男性陣は、大手企業のイケメン4人が揃っていました!

 しかし、そこで私のテンションがいつもみたいに上がらなかったんです。
「こんなイケメンと付き合えるわけない」「彼以上のセックスを与えてくれるわけない」
そう、他の男性が目に入らない&入ったとしても、「謎のセックス至上主義」が私の心を支配して、彼以外の男性を受け入れようとしないんです。

自分の恋の邪魔をする、結ばれない男性の存在

 自分の心と体を擦り減らす恋愛はダメ。
だからセフレとか浮気とか不倫とかよくないんだって、今までずっとそう思って生きてきました。

 でも違う。結ばれない人に恋をしていると、他の男性に恋することや、他の男性と向き合うことができなくなってしまう。
それって、恋愛からの逃げなんじゃないかって思ったんです。


 好きではない男性とデートの日取りを合わせる、相手の性格をよく知らないから探り探りに会話をする、どのタイミングでキスをする?どのタイミングでセックスをする?一人の男性と向き合うって、新しい恋を始めるって、とても労力を使うこと。
それをしないで、体だけの関係に甘えるってただの逃げなんだよね…。
そろそろ真剣に恋愛しようよって、自分で自分に呆れる初春のゆっちなのでした…。

Text/ゆっち

ライタープロフィール

ゆっち
高校で国語を教える傍ら愛とか恋とかについて考えるアラサー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

AM読者の金銭感覚を調査中!

20代~30代のみなさん、自身の収入を何に使っていますか?交際費、美容、趣味…などなど女性が一番お金をかけているものは何なのでしょうか!?ぜひご意見聞かせてください!

アンケートはこちら