• love
  • 2016.01.27

ゆっちの婚活レポ第一弾!外資メーカー男性といざ対戦

ゆっち考案、婚活マル秘テクを使う時がきた!前回記事でご紹介した方法をゆっち自ら実践します。第一弾は外資メーカーの男性!誰もが羨むはずのこの男性と、ゆっちの結末やいかに?

第一弾は外資メーカー男性

ゆっち 独身女性 現役高校教師がいく地獄の恋散歩 婚活 Facebook
©Wyatt Fisher

 前回ご紹介した婚活方法を使い、友人にひたすら頼み込んでいたら一人の男性を紹介されました!
「彼、同棲もしてた彼女とつい最近別れちゃったの。そこそこいい歳で結婚願望もあるし、ゆっちにいいかも」
紹介されたのは、外資メーカー勤務の35歳の男性。背も高くて、顔もなかなか。スペックだけ見ると、長く付き合っていた彼女がいたのも納得です。

LINEの時点で感じる違和感…

 彼とLINEを交換して、お互いにたわいもない話をするようになったのですが、何通かやりとりするうちに、違和感を覚えました。
彼、とにかく質問攻めをしてくるんです。

「好きな食べ物は?嫌いな食べ物は?」
「休日は何をして過ごすの?」
「長期休みは何してるの?海外旅行?どこによく行くの?」
「普段の食事はどうしてるの?料理するの?」
「好きな本とか映画とかってある?」

…私の嗜好や生活スタイルについて質問攻め!
しかも、「何かのテストを受けさせられている」って感じる聞き方なの。
もし、私の返答が彼の気に入る答えじゃなかったら、彼女として不合格!みたいな(笑)。
そんな感情を私に持たせるような聞き方なんです。

 そしてもう一つ気になることがありました。
私を質問攻めにしてくるくせに、返答に対して、一切の興味関心がないんです。

「僕の嫌いな食べ物は牡蠣や白子みたいな生ものです」
「僕は体を動かすのが好きなので休日はジムに行きます」
「今まで数十か国を旅行してきました。あそこのワインは本当に美味しい」
「僕は全然料理をしないので、料理上手な人が好きです」
「スターウォーズは観ましたか?僕は先週見てきました」

…そうなんです。自分の話ばっかり!
私は彼の返答に対して、「そうなんですね」「例えば何がお好きなんですか?」など、興味がなくても話題を広げようと食いついているのに(笑)、私の答えに対しては相槌すらない。
彼にとって、私の答えは生徒のテストの解答と同じ。能力を測るためのものであって、その中身は自分にとって何の価値もないんです。

相手の心を無視する婚活男子

 無事合格点に達した私は、彼とデートをすることに。
会って話しても、LINEと同じように相槌打ってくれなかったらどうしよう…なんて不安になりましたが、いざ会ってみると普通にお話しできて一安心(笑)。

 しかし、彼女との別れの原因について聞いたとき、少し違和感を感じました。

「彼女と同棲してた時、家事を交代でやってたんだけどね、彼女の手が荒れているのを見て、俺はゴム手袋を買ってあげたんだよ。そしたら彼女、“そんなのゴミになるじゃん、何で買ってくるの”って感謝もしないの。後は、俺が転職しようとした時に応援してくれなかったこととかかな。何かそういう色々な積み重ねで別れちゃった」

 ゴム手袋って置き場に困るし汚いし、確かに置きたくない。結婚する気で同棲していた彼が転職するって言い出したら、「私との関係についてはどう考えているの」って素直に相手を応援できない気持ちになる。私は、彼女の言うことも分かるって思ったんです。
結婚したり誰かと付き合ったりするのって、相手と気持ちを擦り合わせていくことなのに、この人はそれが出来ない人なんだ。だから、価値観が自分とそっくり同じ女性なら、全てが上手くいくと思っている。彼にとって相手の意思や気持ちは関係ない。

 結婚したいと言っているのに、相手の女性にも心があることを分かっていない。
そんなんじゃ、上手くいくわけないでしょと、10個も上の男性にアドバイスをしてあげたくなってしまい、デート後半はほとんど彼の話が耳に入ってこなかった(笑)。
…ということで、「次はいつ会いますか?」と謎に好意を持ってくれた彼のLINEをフェードアウト。
ゆっちの婚活、先行き不安です…。

Text/ゆっち

ライタープロフィール

ゆっち
高校で国語を教える傍ら愛とか恋とかについて考えるアラサー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

未婚の30代女子に聞く!

未婚の30代女子の読者にお答えいただきたい読者アンケートです。より楽しく役に立つサイトを目指すため、本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら