• love
  • 2015.12.02

相席屋での出会いが受け入れられない…アラサー女子のシンデレラ症候群

クリスマス前に友だちから彼氏が出来たと聞かされたゆっちさん。出会いを求めて相席屋に行ってみるも、作られた出会いには違和感があって…。ツイッターで話題のゆっちが右往左往しながら男女について綴ります!

最近の出会いは「マッチングサービス」が主流!?

ゆっち 独身女性 現役高校教師がいく地獄の恋散歩
Kamal Hamid

 長らく彼氏がいなかった友人に、突然彼氏ができました。このクリスマス前に、「彼氏がいない仲間」を一人失うのはとても痛い…(苦笑)。
「彼氏なんてできる気配なかったのに、どこで作ったの!?てか誰!?」という私に、友人はこう答えました。

「今流行ってる、マッチングサービスみたいなのあるじゃん、あれで知り合ったの」

 肉会、Pairs、Tinder・・・マッチングサービスって最近流行ってますよね。でも、こういうので男性と出会うことに抵抗がある私。すると友人に「じゃあ、もっと敷居を下げて、相席屋でもいこうよ!」と、今流行りの出会いを勧められ、私は人生初の相席屋に行くことになったのです…。

場所を選べば普通の人が多い相席屋

 相席屋の店舗を調べると、すごい!全国津々浦々、どこの駅にもあるんです。
とはいっても、フリーター・趣味はバンド・うぇい☆的なアウトロー男性は勘弁。普通のサラリーマンが多くいそうな恵比寿の相席屋に行くことに。
私たちが当たったのは、カッコ良くも悪くもない、どこにでもいそうな30代のサラリーマン2人組。コミュ障という雰囲気もなく、純粋に女の子との出会いを求めてやって来た感じ。私たちのマシンガントークに引かず、「盛り上がって良かったよ~」と言ってくれるような超いい人達!
でもこの相席屋、男女のローテーションをしてくれなくて、ずっと同じペアとしか話せないんです。「出会いを求めて来てるんだから、数でしょ、数!」と思いながらも、「今度合コンをしよう」という約束をとりつけ、1時間程で退散しました。

“出会い方”も条件に入れてしまうアラサー女子

 トータルで見たら、楽しかったんだけど、いつもみたいに気が乗らない私。なんでだろうって考えると、出会い方の違いなのかなと思う。
私たちは、相手の男性に求める条件がある。顔、身長、学歴、年収・・・気付いていないけれど、そこに出会い方も含まれているのかもしれない。私はたぶん、PairsとかTinderとか相席屋とか、不自然な出会い方は嫌なんです。人に言えないとかそういうことじゃなくて、なんか自分のプライドが許せない。「合コンで出会って、お互いに惹かれあって…」とか、「飲んだ帰りにナンパされて…」とかいうシチュエーションも、知らないうちに求める条件に入っているんだよね。

 でも、数えきれないほど合コンに行ったから分かる。ナンパ待ちしてきたから分かる。そんな出会い方で男性とくっつくなんてあり得ないってこと!自然な出会い方がしたい、なんて文句をたらたら言ってるんじゃなくて、理想の男性と出会いたいんだったら、方法や手段を選ばず、自分から動くガッツが必要なんです、きっと。

「いつか王子様が迎えに来てくれる…」のはおとぎ話の中だけ!と、頭では理解しつつも「いつ合コンする?」というLINEに返事ができないゆっちなのでした。

Text/ゆっち

ライタープロフィール

ゆっち
高校で国語を教える傍ら愛とか恋とかについて考えるアラサー。

今月の特集

AMのこぼれ話