• love
  • 2015.10.28

ヤリチンと付き合いたいなら、ヒステリー女子になれ!

ハイスペ男子と付き合いたいのはやまやまだけれど、いつも私は2番目の女…。そんな私がヤリチンの一番手になるにはどうすればいいの?ツイッターで話題のゆっちが右往左往しながら男女について綴ります!

ポジティブヤリマンが「普通の女の子」に戻る時

ゆっち 独身女性 現役高校教師がいく地獄の恋散歩
Jane Rahman

 大学時代からずっと一緒に男遊びをしてきた友人Kちゃんがいます。
毎週金曜日は六本木でクラブ遊び。社会人になってからはコリドー街でナンパ待ち。Kちゃんだけが持ち帰られて、タクシーで一人帰る夜もあった。意図せず竿姉妹になって(私、人のお下がりとか嫌なの。笑)人間不信になったこともあった。超高級マンションホムパに行ったら、実はホムパという名の乱交パーティで、二人して裸足で階段を駆け下りた日もあった…(笑)。

 しかし、数々の修羅場を一緒に乗り越えてきた戦友が、ここ1年程、ふっつーうの恋愛をする女の子になってしまったんです。あれ、今までずっと続いてたセフレはどうしたの?人脈を提供してくれるオジさんたちとは全員縁を切ったの!?そんな私に対して、彼女がこう言ったんです。

「こんな風に遊んでるけど、本当はちゃんと誰かと付き合いたいの。でも、好きになった人とは付き合えないから、こういう風に男性と遊んで自分の気持ちをごまかしてるだけで。本当は刺激よりも安心が欲しい

ヤリモク男性と付き合うには、詰め寄る度胸が必要!?

 ただ普通の恋愛をする女の子といいつつ、実はKちゃんの彼氏は、外銀勤務の28歳。
いわゆるハイスペックな男性なんだけど、あれ…学生時代の私たちの悩みといったら、「どうしてもハイスペ男性の本命になれない」じゃなかったっけ!?いつの間に彼女になるテクニックを身につけたの!?っていうか、Kちゃんの彼氏はここ数年で3人ぐらい変わっているけれど、みんな人から羨ましがられる経歴をお持ちのハイスペだよね!?なんでなんで?いつの間にそうなったの!?
「その彼氏と付き合うまでの経緯を教えて!!!」と、私は前のめりでKちゃんに問いただすことに。

「いやー、普通に合コンで知り合ってさ、食事誘われたわけ。向こうはセックスする気満々だったんだけど、私は断り続けたのね。でも、何回目かのデートで私が泥酔しちゃってホテルに行くことになって。で、まあそういう雰囲気になるじゃん」

「それって別に今までと同じ流れじゃない!?それで付き合ってって言われる!?言われなくない!?」

「うん、付き合ってなんて言われるわけないよ(笑)。だから私、挿入寸前で言ったの。『えっ、私付き合ってない人なんかとできないよ。ってかもしかして付き合わないつもり!?付き合ってもない人とセックスするとかモラルなさすぎて引くんだけど。キモっ!最低すぎる!』」

彼氏が欲しいなら、リスクを負う勇気

 男性とデートに行くと、終盤戦で向こうが「セックスしたい」空気を出してくる。初めはそんな気がなくても、美味しい食事をご馳走になって、話も盛り上がり、腰に手を回してきてそんな空気を出されると、「セックスしなきゃいけないかな。別に断る必要もないし」っていう気持ちが生まれるんですよね。
私、変なところでギブ&テイクの精神があるからさ(笑)。「付き合わないとヤらない」なんていう白々しい駆け引きは、したくない。アラサーにもなってそんなことを言うなんて、謎の自制心も持ち合わせてるんだよね、私・・・。というか、本当は自分は何もしてないのにハイスペ男性から言い寄られる状況を夢に描いてたりもする…絶対にそんなこと起こりっこないのに(笑)。

 でも、現実は何の要求もせずに、何の了解も得ずにセックスをしたところで、絶対に男性と付き合えるわけがない。さらに、容姿がイイとか経歴がイイとかいう“女友達からも認められる男性”なんだったら、Kちゃんみたいに強引に詰め寄るとか、泣いて喚くとか、恥ずかしくても情けなくても、女側も何らかのリスクを背負う必要があるんだなって。そんなことを思ったのです。

 リスクを取らずに、幸せを手に入れようなんて甘い!今年のクリスマスまでには、彼氏欲しいなぁ…。

Text/ゆっち

ライタープロフィール

ゆっち
高校で国語を教える傍ら愛とか恋とかについて考えるアラサー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

緊急!読者アンケート

AMをより楽しいサイトに改善するため、読者の皆様に緊急アンケートを実施しております。 新しい設問になっているので、ぜひお答えいただきたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

アンケートはこちら