• love
  • 2015.07.01

男は中イキできる女を手放さない/ゆっちの地獄の恋散歩

セックスしたのに男が逃げていく…そんな自信がなくなる恋愛を繰り返していたけど、ある日「中イキ」を体験して人生が変わった!?ツイッターで話題のゆっちが右往左往しながら男女について綴ります!

「中イキ」が女を幸せにする

ゆっち 地獄の恋散歩
Helga Weber

 セックスしたのに男が逃げていく・・・

 これ、最近お決まりの私の恋愛パターンです。
この日のために、洋服も下着も新調した!ベッドに入る時だってイヤイヤの恥じらいを忘れなかった!可愛く喘いで感じてる私を演出したし、積極的にフェラチオだってした!あんなに気持ちよさそうにしてたのに、悪くなかったはずなのに、2回目を催促する連絡が来ない…

「素敵なワンナイトラブなんてない!」の記事でも書いた通り、セックスが悪くないと相手のことを好きになってしまう私。(特に、全身舐めてくる系の前戯をする男性のことはすぐに好きになる。笑)
セックスが終わった後は、自分がキープされるか否か、不安でいっぱい。

 そんな“デート→セックス→不安になった末、フェードアウトされる”恋愛パターンが、ここ3年ぐらい続いています。
記憶から抹消され思い出せない男もおりますが(苦笑)、数えると、両手両足で収まるぐらいでしょうか・・・そう、自分に自信をなくす恋愛ばかりしている。

「面倒臭い女にならない」「交際を迫らない」「相手に愛を求めない」…世の恋愛コラムの教えは全部試したけれど、それでもダメ。
ああ、セフレとしてすらキープされず、このまま年老いて、私、体すら求められないオバサンに成り果てちゃうの!?だったらヤれる時にヤっとかなきゃ!!!と謎の焦りで経験人数ばかり増えていく日々…。

自信をなくす恋愛ばかりしていた私が「中イキ」を経験したら…

 そんな私ですが、先日初めてセックスでイクという経験をしました。いや、もっと正確に言うと、中でイクって言うんでしょうか。俗に言う“中イキ”!
「中でイクなんて、都市伝説に決まってる」と思っていたので、それはそれはものすごい衝撃。まあ、これはまた別の機会に書くことにして(笑)。
こんな素晴らしいセックスの後に感じたこと…それは不安ではなく、満たされた気持ち。

 相手を好きな気持ちは同じなのに、イっただけでなぜこんなにも違うのか。
考えてみると、今までのセックスは全部、演技している自分がいた。その演技っていうのも、「相手に喜んでもらいたい」って気持ちじゃなくて、「こんなに感じてる(フリをしてる)んだから、絶対に私からは離れないでしょ!」という屈折した気持ちからきていて。
相手のためではなく自分のため。見返りを求めてセックスをしている自分がいた。

 だから、痛い手マンをされようが文句も言わないし、嫌なことでもできる限り相手の要望を受け入れる。メールやデートだけでなく、セックスまで受け身な姿勢だった。

自分が気持ちよくなることに貪欲になると、セックス後の満足度が変わる

 じゃあ今回のセックスはどうだったかっていうと、自分が気持ちよくなることに貪欲だった気がする(笑)。相手がどう感じているかよりも、自分がどう感じるか。そうすると、セックスした後に喜びとか快感とか、確実に得るものがある。だから、いつもと違って満たされる。

 満たされると自分に自信が持てる。自信を持つと、自然と相手に求めるものも少なくなる。
例えば、相手から連絡が来なくても不安にならない。他に付き合ってる女の人がいたとしても大丈夫。「お洒落なお店に連れて行って!」「奢るのが当たり前でしょ!」なんてことも思わない。そんなことが、自分の評価材料にならなくなるんです。

自分でイッた女を男は離さない

 こんな風に向き合った男性は、絶対に自分から離れていかない。自分でイった女を、男は離さない。
アゲマンが存在するのではなく、男にとって「自分でイった女」は皆アゲマンに昇格するんだと思います。見返りを求めて、セックスで演技しているうちは、アゲマンになれない。と、階段を一つ上った私は悟ったのでした。

 しかし、「セックスでイける女が幸せになれるのか?」というと、それはまた別の話。
24年間生きてきて、初めて出会ったこの男は結婚してたりするわけで・・・恋愛の神様はどうしてこうも私に意地悪なのか。地獄の恋散歩はまだまだ続くようです…

Text/ゆっち

ライタープロフィール

ゆっち
高校で国語を教える傍ら愛とか恋とかについて考えるアラサー。

今月の特集

AMのこぼれ話