• love
  • 2015.06.17

自分に暗示をかけて始まる大人の恋…それって一人相撲!?/ゆっちの地獄の恋散歩

学生時代の恋愛は理由があって始まったけど、今は暗示をかけないと始まらない?自分一人で勝手に始めて勝手に終わらせるのが大人の恋愛?ツイッターで話題のゆっちが右往左往しながら男女について綴ります!

学生時代の恋愛:理由があって恋が始まった

ゆっち 地獄の恋散歩
Eryne!

 女子の心の中には、いつも好きな人がいる。じゃあ、「その人のこと、いつ好きになったの?何で好きになったの?」って聞かれたら・・・答えられるだろうか。

 教師という職業柄、毎日高校生を目の前にしていると、そんな恋の始まりに幾度となく出くわします。
高いところに掲示物を貼ろうとして、手が届かずに困っている…そんな女の子に、そっと手を差し伸べる男子。鼻血を出してしまった男の子に、可愛いティッシュケースからさっとティッシュを取り出す女子。(ちなみに私は、女子力はハンカチでなく、ティッシュだと思っている笑)大きな声を出して、額に汗をキラキラさせながら、大ムカデの先頭を走る男子の姿…
こんな光景に出くわすと、思わず「始まったよ!始まった!恋が始まったよ!!!」なんて叫んでしまいたくなる。それぐらい少女漫画のような世界(笑)。

 でも、思い返せば、自分も昔はそうだったかもしれない。
ちょっと優しくしてもらったとか、全然意識してなかったけど、二人で話していたら盛り上がってとか、相手の弱い一面や頑張っている姿が胸に焼き付いて…とか。若い頃の恋の始まりには理由があった。

アラサーの恋愛:自分に暗示をかけないと恋が始まらない

 でも、最近自分が好きになった人や、気になる人。何でこの人のことが好きなんだろうって考えると、理由が答えられない。「大学あそこかぁ…まあOK。就職先あそこかぁ…許容範囲。私服…結構イイかも。顔もまあ悪くないし、うん、大丈夫!」
相手を足切り試験にかけて、合格すれば全員同じ。その中から一番を決めて、この人良い!この人良い!と自分に暗示をかけて、恋が始まる。

傷つき、疲れ、泣き。恋の終わりは戦場のようだったのに…

 恋の始まりが自己暗示なら、恋の終わりは…?相手の嫌なところを直してほしくて、時にぶつかったり、他の子と仲良くしてる姿を見て、涙ながらにやきもきする気持ちを訴えたり。傷つき、疲れ、泣き。相手の気持ちに振り回され、まるで戦場のようだった、学生時代の恋の終わり。

 じゃあ今は…?相手からメールの返事が来ない、デートに誘われない、今何してるんだろう?相手のことを考えて考えて自分の心が持っていかれそうになると、自分から何も言わずに立ち去る。
見たら思い出してしまうトーク履歴は削除。Facebookの友達もそっと外して、記憶の中から消す努力。
「お前に興味がなくなった」「もっとイイ女が出来た」なんて現実を突きつけられたら、プライドがズタズタになって、もう立ち上がれなくなりそうだから・・・自分一人で、勝手に恋を終わらせてしまう。

アラサー女子の恋愛=「一人相撲」!?

 でも、もし「自分一人で勝手に始めて勝手に終わらせる」のが大人の恋愛だとしたら、それってまるで一人相撲みたいだ。土俵の上で、相手と正面からぶつかることを避けて、一人でああだこうだ文句を言う。
自分は何もしていないくせに、相手からアプローチが来ないと、女子会で愚痴る。完全にそれ私なんですけどね。

 見栄やプライドが邪魔をして、負けそうな相手とは一戦交えたくないのがアラサーの女心。
でもでも、こんな恋愛ばかりしていたら、本当の相撲の取り方を忘れちゃう。とは言っても、生身で相手にぶつかっていくのはやっぱり怖い。梅雨空のような私の心はいつ晴れるのかな…

Text/ゆっち

ライタープロフィール

ゆっち
高校で国語を教える傍ら愛とか恋とかについて考えるアラサー。

今月の特集

AMのこぼれ話