• love
  • 2015.06.03

世間でもてはやされる「芯の強い自立した女性」は恋愛でつまずく/ゆっちの地獄の恋散歩

世間でもてはやされる「強くて芯があり、自立している女子」と、自我がなく彼氏の色に染まる女子。どっちの方が本当に幸せになれるのか?ツイッターで話題のゆっちが右往左往しながら男女について綴ります!

メイン2
Maggie Winters

 この間、本屋をふらふらしていた時のこと。ピンクの表紙で固められた本棚が目に留まりました。
何かと思えば、女性向けの恋愛本・自己啓発本。
並べられている表紙に目をやると、「知的に自己主張する方法」「強く美しく生きる」「芯の強い女性」「大切なのは意志よりも行動」・・・

 どうやら最近世間では、強くて芯があり、行動できる女性がもてはやされるらしい。
そしてそんな女性が、仕事でも恋愛でも成功を掴む。本棚から察するに、そんな様子なのだ。

 知的かどうかはさておき、自我も行動力も強い性格の私。
思えば、6歳の頃から小学校に着て行く服は自分で選んでいたし(笑)、中高生の頃も、体育祭に文化祭にでしゃばって仕切るタイプだったし、社会人になった今でも、同期に仕事は譲らない…「ゆっちって気が強いよね」なんて友達や上司なんかによく言われます。

 でも、本当に強くて芯のある自立した女性がモテる?周りに流されない「自分」を持っていれば幸せを掴めるの??

貧乏な彼氏のときは、「愛があれば十分」
金持ちな彼氏のときは「男はやっぱり経済力だよね」

 男性にスペックを求める私を、「愛があれば十分!お金とか学歴とか言ってるから、ゆっちは彼氏が出来ないんだよ!」と叱咤する友人Sちゃんがいます。
Sちゃんの彼氏は、大した稼ぎもないジムのインストラクターなのですが、彼との話に惚気るSちゃんは幸せそう。男を条件で判断するのって、やっぱりダメなのかなあ…なんて、彼女を見るたび卑しい自分が浮き彫りに。

 しかし先日、そんなSちゃんが彼氏と別れ、新しい彼氏を作ったのです。しかも新しい彼氏は、前の彼氏と打って変わって、有名企業勤務の超高収入!
彼氏の同期紹介してよ、なんてはしゃぐ私に彼女が発した言葉・・・「男はさぁ、やっぱり経済力だよね。お金があってこそ将来も考えれるし」

 はっ!?この間「愛があれば十分」なんて言っていた口はどこにいった!?てか、散々人のこと馬鹿にしておいて何だコイツ!!!!!

 そしてなんと、自慢だった長い髪もバッサリ。聞けば、「彼氏がボブが好きって言うから切っちゃった」らしい。
今まで手にすることのなかった本なんか読むようなっちゃって…ライフスタイルそのものを彼氏に合わせ出したのです。

彼氏ができた途端、合コンに誘っても来ないし、メールのレスも遅い!女友達をないがしろにするな!

 一方で…彼氏がいない同士ずっと仲良くしてきた友人Yちゃんに、最近めでたく彼氏が出来ました。
金曜の夜はコリドーで合コンして、その後六本木に繰り出して…。毎週毎週一緒に遊んできた友人に彼氏が出来るのは喜ばしいこと。なのですが……彼氏が出来た途端、ぱったりと遊びの誘いが来なくなったのです!!
今までなら絶対に来ていた合コンに誘っても来ない。おまけにメールの返事も遅い。

 向こうから誘われた遊びを断ったことなんて、私は一度もないのに!彼氏が出来た途端、女友達をないがしろにするなんて何だコイツ!!!!!

男の色に染まる女は、頭が軽そう、義理も人情もへったくれもない。でも、そういう女の方が男にモテてるのは事実です!

 男に迎合する女の子や、人間関係がルーズな女の子って、私たちから見れば、自我がなくて頭が軽そうに見えたり、義理も人情もへったくれもない最低な女に見えたりする。
でも、そういう女の子の方が実際は幸せそうだし、男にモテてる。と、周りの友人を見ていて思います。

 頭の中は男のことばかりで、都合の良い女にはいくらでもなれるのに、一番自分の大事な部分は譲れない。
例えば、自分の趣味を捨てて休日を彼氏に捧げたり、今までのキャリアを捨てて、彼氏に合わせた働き方に変えたり。自分が築き上げた価値観を曲げることだけは、絶対に出来ない。
だから、いざ男の人と付き合って生活を共にしたときに、「えっ!こんなの無理」と自分を貫き通してしまう・・・それが、私たち“自我が強い女性軍”なのです。

「男に振り回されない、自立した女」が世間ではもてはやされているけれど、そんなの嘘!男の色に自分を染められない女は恋愛でつまずいているはず……。

 気になる男が好きな服装も雰囲気ももちろん知っているけれど、男ウケの悪いワンレンヘアーと原色のワンピースは譲れない!私もまだまだ男の色には染まれそうにもありません…。

Text/ゆっち

ライタープロフィール

ゆっち
高校で国語を教える傍ら愛とか恋とかについて考えるアラサー。

今月の特集

AMのこぼれ話