• love
  • 2015.05.13

サバサバ女子は「重い女」に敵わない/ゆっちの地獄の恋散歩

「重い女」が本物の恋愛強者!?サバサバ女子に周りから見られがちだけど、実は超重い女。「重い女は嫌われる」という刷り込みから上手く振る舞えなくなっているシングル女子は注目です!ツイッターで話題のゆっちが右往左往しながら男女について綴ります!

「重い女」が本物の恋愛強者!?

ゆっち 恋愛 シングル 結婚 アム AM
AMELIA SPEED

 前髪がなくてコンサバファッションを好むからでしょうか、男女問わず、初対面の人に「歳の割に落ち着いている」とよく言われます。
また、Twitterと同じように、最近の恋愛事情も他人に包み隠さず話します。だからか分かりませんが、周りから見ると私って、超サバサバ女子らしいのです。

 でも本当にサバサバしているかというと全然そんなことなくて……
合コンで出会った男性陣のFacebookページを探し出し、経歴を洗い出す・自分をお持ち帰りした男性の自宅をgooglemapから特定、家賃まで割り出す・本人のSNSページが見つけられない場合は、友人のページから芋づる式に…こんなことは日常茶飯事。
友人からつけられたあだ名は「ネット探偵」。そう、私…超粘着質で重い女なんです。

 毎日連絡は取っていたいし、返事は出来るだけ早く欲しい。出来るなら週一で会いたいし、私のことが好きなんだな…と安心できる行動を取って!!!
他の人ではそうならないのに、好きな人にだけ気持ちが重くなってしまう。私だけでなく、全ての恋する女の子達は似たような悩みを抱えているはず(ですよね?)。

 そんな自他ともに認める「重い女」な私ですが・・・実際に表面に出る行動でいうと、真逆なんです。
メールの返信も、即レスせずに、相手から返ってきたのと同じ分数で返信。(大昔の恋愛マニュアルか!)デートに誘われても、素直にしっぽを振るようなことはせず、「その日は先約があって」などと理由をつけて3回に1回は断る。もっとイイ男を探そうと、躍起になって合コンに参加する……好きな人が出来ると、好きにならない努力をしてしまう。

友人Tくんは超メンヘラな彼女と付き合っているのですが…

 そんな中、私の友人に、超メンヘラな彼女を持つTくんがいます。Tくんに会うと、いつも彼女のメンヘラ暴動の愚痴を聞かされるのですが、その中でも特に印象に残っているのが…

私に構ってよ!!事件
 彼氏に構ってほしいがために、意味もなくスタンプを連投するのが毎日の日課である彼女。
その日、Tくんは忙しかったこともあって、丸一日彼女からのスタンプ攻撃を無視。すると仕事帰り、最寄駅の改札を出たTくんの前に、目を腫らした彼女が現れたそうな……

身も心も凍るクリスマス事件
  去年のクリスマスのこと。24日にデートをしたTくんカップル。25日は彼女が仕事ということもあり、会う約束はせず、浮気性なTくんは、別の女の子を誘い食事に行くことに。
いい感じに酔っ払い、そのまま二人はTくんの自宅へ。しかし、Tくんが家の鍵を廻すと、鍵が閉まる。「あれ、閉め忘れたかな?」そう思いドアを開けると、ひっく、ひっく……女の泣きじゃくる声が。真っ暗闇の中、フローリングに突っ伏して彼氏の帰りを待つ彼女がそこにはいたそうな・・・

 ホラーやん!!!と、毎回ツッコミを入れたくなる話ばかり聞かされるのですが、なんと先日、このTくんカップル婚約したんです。
散々人に愚痴ってたくせに何なんだこいつ……私は早速Tくんを呼び寄せ、事情聴取。

恋愛の刷り込みは間違いだらけ。重い女が幸せを掴んでいく

「あんた相当別の女と浮気してたじゃん、彼女のメンヘラ具合だってよく分かってるはずだよね。なのに、何で結婚!?」

 するとTくんは笑ってこう言ったのです。
「いや、こんなに俺のこと好きな女いないじゃん。俺いなくなったら、アイツ死んじゃいそうだし(笑)」

 私を二番目の女とする男性はよく言います。「彼女が会いたい会いたいとうるさい」「記念日はデートに連れて行かないと文句を言う」……でも、そう愚痴る彼らの顔はどこか嬉しそう。
他の女と遊ぶ余裕があるのは、絶対的に自分を裏切らない女性の存在があるからこそなんですよね。

 確かにそうだ。自分のことを好きかどうか分からない女の子よりも、プライドや体裁を捨ててでも自分を愛してくれる方を大事にしたくなるに決まってる。
「重い女は嫌われる」って恋愛の教えが私たちには刷り込まれているけれど、重い女の方が絶対に幸せを掴んでいく…!

 そう考えたら、私が「重い女」にならないようにって行動しちゃうのは、「真面目にやるのダサい、カッコ悪い」って、体育祭で本気で走らない高校一年生と同じだ…と思えてきて(苦笑)。
そういう、本当の自分を偽っているのが一番カッコ悪いことに気が付かないと、いつまでたっても自分を大事にしてくれる人は現れないんだろうな。ああ、ツラい…

 次回は、「デリケートで傷つきやすいアラフォー男子との付き合い方」をお届けします。

Text/ゆっち

ライタープロフィール

ゆっち
高校で国語を教える傍ら愛とか恋とかについて考えるアラサー。

今月の特集

AMのこぼれ話