• love
  • 2016.04.23

性癖は「生まれつき」と「教え込まれたもの」で作られている

性教育によって教え込まれたことは守ってきた。しかし、自らの生まれもった性癖は教え込まれたものを上回ってしまい敵わない…今回は、大泉さんが歩んできた人生で起こったことから「生まれ持ったもの」と「教え込まれたもの」のグレーゾーンを考えます。

セックスから見える「ジェネレーションギャップ」

大泉りか 人妻は不倫の夢を見るか? フェラチオ 処女 初体験 中3 ひょっこりひょうたん島 ジェネレーションギャップ セックス
©by DavidMartynHunt

 二十歳年上の男性と、付き合っていたことがありました。二十歳過ぎの頃です。
その彼との間には、やはり年の差ゆえの、世代間ギャップを感じることが度々ありました。
例えば、「子供の頃に観ていたアニメはなに?」と尋ねたところ「ひょっこりひょうたん島」と返ってきたりとか。
「ひょっこりひょうたん島」は、アニメじゃなくて人形劇です。

 しかし、最も世代間ギャップを感じたのは「俺らの世代は、女のコはあんまりフェラチオなんてしなかったからね」と言われたことではないでしょうか。
なぜなら、わたしたちの世代は、セックスの時にフェラチオをすることは当たり前のことになっていましたし、また、わたしに限っては、セックスよりもフェラチオが先だったからです…
…というと、「その世代はAVを見慣れていたから、フェラチオに抵抗がない」ということにされがちですが、当時15歳のわたしは、まだアダルトビデオを観たことがなく、従って、AVの影響ではないと断言できます。
では、原因はなんだったのか。記憶をさかのぼると、思い当ることがないではありません。  あれは、忘れもしない中学三年の夏休みのことでした。
受験生であったわたしは、中学最後の夏だというのに毎日図書館と塾の往復して過ごしていました。

 そんな“とある日”のこと、いつも通り図書館で勉強していると、同級生の男のコとばったり会ったのです。
その彼は、学年で3本の指に入るイケメンとされていましたが、一方で女癖が悪いということでも知られていました。中学1年の頃は仲が良く、休みの日などに、皆と一緒にグループ交際的に池袋に遊びにいったりしていましたが、向こうがどんどんとマセて…
…というかヤンキー化していき、他校生や先輩たちとの交流が多くなったために、今では、校内で話くらいはするものの、取り立てて親しい間柄ではない、といった関係の男友達でした。

 その男友達がこう言ったのです。
「お前んち行ったんだけど、図書館に行ってるって言われて来た。ちょっとさ、お前んち戻らない?」
「別にいいけどなんで」
「いや、理由はないけど、図書館だとしゃべれないから」
そんな会話を交わして一緒にうちへと戻り、わたしの部屋で二人きりになってしばらく後、その彼がこう言ったのです。
「やらしてくれない?」
ちょっと考えた後、「無理」と断った わたしに男友達はさらにこう言いました。
「じゃあさ、ちょっとさ、しゃぶってくれない?」

 わたしはまだ、その時は処女で、ペニスを舐めたことはもちろん、直接は触ったこともありませんでした。
けれど、なぜかわたしはその要求に応え、その男友達のペニスを口の中へと入れ、そして射精へと導いたのです。

 男友達はイッた後、「サンキュー」と爽やかに去っていき、わたしには「なんだったんだろう」とタヌキにつままれた気分だけ残りましたが、けれど、罪悪感や後悔や惨めさといったネガティブな感情は、一切感じませんでした。

「生まれ持ったもの」と「教え込まれたもの」

 わたしは母親から「セックスは好きな人とするもの、だから、本当に好きな人が出来るまで取っておきなさい」という教えを刷り込まれていました。
そして、その通り、「本当に好きな人」ではなかったから、処女は守った。
したのはフェラチオだから、罪悪感や後悔を感じなかった……なんてことを書くと、「なんでそこを切り分けたのかわからない」「フェラチオをしておいて、純潔は守った気になってるのって、違くないか?」という自問も湧いてきます。
けれど、いくら考えてもフェラチオはキスの延長で、セックスとは別物なのです。

『性癖』というものは、持って生まれた傾向と、成長する過程で育まれたものの両方が複雑に作用して、形作られるものだと思います。
その形は人に寄って様々ですが、残念なことに、「自分の性癖が正しい」と思う人々には、自分とは違った形を持っている人の性癖が、時にいびつに見えてしまうこともあるようです。

 自らの性に対して開き直れないでいると、「あなたの性癖はいびつだ」と言われる度に、恥じたり、悩んだりすることになる。けれども、わたしの性癖は他人からどのようにいびつに見えたとしても、わたしにとっては、正しい形なのです。
そのいびつを他人に認めてもらおうと思うのもまた、傲慢な話ですが、しかし、誰にも迷惑をかけずに上手にあやせる限りは、見ないふりとしたり、矯正する必要がないのではないのではないかと思うのです。

 その一年後、母の教えに従い「好きな人」と処女喪失をして以来、わたしは「性的に奔放なタイプだ」と自覚することになるのですが、その本来の奔放な性質と、成長する過程に掛けたれた「純潔を守れ」という鎖、このふたつのちょうど折り合い点がフェラチオであったのではないかと、いうのが今になっての結論です。

…次回は《カリスマ女子高生ブームの頃…初体験後にはじけた性への好奇心》をお届けします。

Text/大泉りか

ライタープロフィール

大泉りか
キャバ嬢、SMショーのM女、ボディペインティングのモデルなどの経歴を経て、現在は官能小説家、ライトノベル作家。

今月の特集

AMのこぼれ話