• love
  • 2015.10.17

「身体の相性がめちゃくちゃにいい」多くの女がダメ男と離れられないただ1つの理由

ダメ男とついつい身体の関係を続けてしまう理由のひとつに「セックスの相性がとてもいい」ことがあげられます。セフレ以上に昇格することはありえないと、女性を見下してくる男性や、不倫を堂々とするクズであったとしても、『誰よりもセックスが合う』という一点だけで離れられなくなってしまう…そんな女性の心理についてです。

なぜダメ男との付き合いを辞められないのか

大泉りか 官能小説 人妻は不倫の夢を見るか バイブの日
Andrés Carreño

 セフレ以上に昇格はないという態度があからさまな見下し男、核心に迫られるのをのらりくらりと逃げながらも関係をずるずると引っ張るヤリチン男、絶対に妻と離婚しないであろう不倫男、何度も何度も浮気をくりかえす鳥頭男。世の中には女を幸せにしない男どもがうようよと生息しています。

「この男と一緒にいても、何もよくないと自分でわかっていて、でも、あまりになにもない毎日は寂しすぎる」し、「なんならこっちだって分別のある大人の女なんだから、オイシイところだけ摘まむつもり」と割り切って関係を続けているつもりが、気がつけば夜中に会いたくて会いたくて震えている自分がいる。震えるだけなら飽き足らず、鬼電攻撃で相手の携帯を震わせてしまい挙句、「うぜぇ、怖えぇ」と今その腕の中にいる別の女を相手に、陰口まで叩かれる踏んだり蹴ったり。

 正直、不幸か幸せかで言ったら、どうしても不幸に思えてしまうのですが、しかし、人様の生き方に口だしが出来るほど、こちらだって素晴らしい伴侶を持っているわけではなく、むしろ、どちらかといえばわたしもまったく同じ穴の貉……。

 というわけで、なぜ多くの女たちが、ゴミを愛でることに甘んじているのかを疑問に思い、「ちょっとアナタ、不幸そうな恋愛していらっしゃいませんか?」という方に、その男と別れない理由を尋ねてみたところ、一番多く返ってきた言葉がコレでした。

「身体の相性がめちゃくちゃにいい」。

『(相手の)セックスが好き』ではなく『身体の相性がいい』

 確かに『性格が合わない、顔は好きじゃない、身体の相性も悪い』のならばまだ見切りの付けようはあります。が、そのうちの1つでも、好ましいのならば、どうでしょうか。『性格が合う』『顔が好き』『セックスの相性がいい』のどれかひとつでも秀でていれば、「手放しがたい」と思うのも当然のことだと思うのです。

 そして、その1つずつの要素をバラして考えてみると『性格だけが合う男』は、まだ離れようがある気がします。というのも『性格は合うが、顔は今さらどうでもいい……身体の相性も悪い』というのは、どちらかといえば長年付き合った同棲相手や夫婦が抱く不満に近い。情で結びついていることはあっても、それは恋という激情の前には脆く、おまけに家の引っ越しやら、離婚届けに印を押すといった煩わしい手続きもないわけで、執着を持っているほうが、恋をした瞬間に、あっという間に色褪せてしまう可能性が高いのでは、と思うのです。

 では、残りの『顔が好き』と『身体の相性がいい』ですが、これはどちらも「相手の異性としての魅力にヤラれている」ということだと思います。「本能に近い部分で相手に惹かれているから、離れられない」という理屈です。が、『顔が好き』と『身体の相性がいい』は、本能に寄った恋慕に見えて根本に大きな違いがあるように思えます。

 それは、『顔が好き』というのは、自分だけの欲望であるけれども、『身体の相性がいい』は「相手にとっても自分は特別な存在である」という要素を含んでいるからです。もしも、相手のセックスに惹かれている場合、『(相手の)セックスが好き』が『(相手の)顔が好き』と対になるもの。なのに、なぜ多くの女は『(相手の)セックスが好き』と言わずに『身体の相性がいい』と言うのか……それはプライドの問題としか思えません。

「愛して貰えないわたし」「人間として相手をして貰えないわたし」「一方的に捧げているだけのわたし」をどこかで認めたくない。ゆえに、相手も自分に何かしらの魅力を感じてくれていないと都合が悪い……女としての、人間としてのプライドを支えるために、『誰よりもセックスが合う』という揺るぎない事実が必要だからこそ、「自分と相手とのセックスは特別だ」ということを、殊更に口に出したがるのではないか、ということを、自戒を込めて思った次第であります。

…次回は《甘~い前戯なんて必要なし!「でかいアソコ大好き女子」が世界を変える》をお届けします。

Text/大泉りか

ライタープロフィール

大泉りか
キャバ嬢、SMショーのM女、ボディペインティングのモデルなどの経歴を経て、現在は官能小説家、ライトノベル作家。

今月の特集

AMのこぼれ話