• love
  • 2015.07.04

園子温監督・最新作!クズ男の生きる意義と捨てられた女の再スタート『ラブ&ピース』

園子温監督が長年温め続けてきた企画が遂に映画化された『ラブ&ピース』。冴えないサラリーマンが1匹の亀との出会いから夢を叶えていくぶっ飛びファンタジー映画。全編「ラブ」に溢れる作品になっています。

 ミュージシャンになりたかったが人気が出ず落ちぶれサラリーマンとして生きる、主人公鈴木良一。
ひょんなことから亀を飼うことになり、いつしか亀だけに心開くが、会社で亀を飼ってることがバレて馬鹿にされる始末。
そして、その勢いからなぜか自ら亀をトイレに流してしまい精神的に追い込まれていく…。そんな意味不明な展開で映画は幕を開けます。

 ただでさえ意味不明な展開が、ファンタジーテイストを伴ってどんどん意味不明に。あ、でも勘違いしないでくださいね。「ニヤニヤしながら楽しんで見れちゃう」という意味での意味不明ですから。

柳下修平 ラブ&ピース 映画
(C)「ラブ&ピース」製作委員会

 この映画は、2つの物語が同時に進みます。一つは鈴木良一がミュージシャンとして人気になっていくサクセスストーリー(=地上の愛)。もう一つは地下に住む謎の老人とおもちゃたち、そして亀ちゃんの物語(=地下の愛)。
この2つが同時に進み最後は…言えません。劇場でご覧ください。

 ジャンル区分がとても難しい作品ですが、「ラブ・ファンタジー・パニック映画」とあえて言いましょう。

 鈴木良一のサクセスストーリーは、爆笑シーンを何度も挟みつつ、冴えないサラリーマン時代から好きだった女性との愛と葛藤を切なく描いていきます。
一方で地下の物語は真意がわからぬままどんどんクライマックスへ。クライマックスで明かされる老人の正体、それを知った時の何とも言えない切なさや寂しさ。

愛には答えがないという力強いメッセージ

 愛とは何か。その答えは1つではなく、また正解もこれと言ってあるわけではありません。
この映画は、その「答えがない」を力強く主張してきます。

「こんな愛もある!」

「あんな愛もある!」

「愛で喜ぶこともある!」

「愛で悲しむこともある!」

「満足できる愛もある!」

「理不尽な愛もある!」

 様々な愛があることを示し、主題歌"ラブ&ピース"に乗せて、遠慮なく私たちの恋愛に対する概念を揺さぶってくるのです。

クズ男を一辺倒で非難しないであげて

柳下修平 ラブ&ピース 映画
(C)「ラブ&ピース」製作委員会

 この映画の主人公鈴木良一は、典型的なクズ男。でもだからこそ共感できる。

 整理してみましょう。

・ヒゲの手入れもしてなくて、挙動不審。友だちがいなくて、どう見ても童貞な30代半ばの男。

・でもそういう男でも好きな人くらいいるわけです。それが会社の同僚。

・その同僚は地味で身体のラインも太め。でもその女性のことが大好き。「裕子ちゃんが大好きだ!」と亀に言っちゃう。

 つまり「醜男に好きな女性がいる」というのが基本設定ですね。

 醜男とは、自らの手入れしていない、自信がない男です。だから、ロックミュージシャンとして名を馳せたら垢抜けちゃって自信も付いちゃう。良く言えば自分らしくなった、悪く言えば調子に乗るようになるわけです。

 最初こそ、その女性といい感じになるものの、モテ始めると煙たく感じ無視したりと、酷い仕打ちをしてしまう。

柳下修平 ラブ&ピース 映画
(C)「ラブ&ピース」製作委員会

 女性のみなさん、ここまでのサクセスストーリーじゃないにしろ、周りにこういう人いませんでしたか。会社で下っ端だった時は自信なさげだったのに、出世して自信が付き始めたら調子に乗ったり女を粗末に扱う男。

 鈴木良一は、そういう典型的なクズ男です。
しかしクズ男ってある意味どこまでもクズ男で、自分の身の丈を知ったり、ふと自信がなくなると我に返ってしょぼくれちゃう、ガラスのハートの持ち主だったりもするのです。

 過度な自信や垢抜けたように見えるビジュアルは、あくまでも本当の自分をコーティングしているメッキでしかない。そのメッキが剥がれた時、コーティングする前以上に心は荒み、人の温かさがほしくなる。

 結果、自分が粗末に扱っていた、母性的な女性を求めるのです。

『ラブ&ピース』中盤の鈴木良一のように調子に乗っている男は世の中にはたくさんたくさんいます。しかしそれはメッキでコーティングしている姿。
そのメッキに「カッコいい」と憧れるのではなく、そのメッキが剥がれた時の姿も愛せると思ったら、是非その人を愛してあげてください。

 男は弱い生き物ですから。

愛する人に捨てられた悲しみからの再起

 この映画は地上の愛と地下の愛があると書きましたが、最後に地下の愛のお話を。

 地下の物語は、西田敏行演じる謎の老人とおもちゃたちの物語。「園子温版トイ・ストーリー」とも評されるファンタジックで楽しいパートです。
しかし、このおもちゃたちは持ち主に捨てられて流れてきた、言わば廃材寸前だったもの。そう、おもちゃたちの心は荒んでいるわけです。

「昔はあんなに愛してくれたのに…どうして私を捨ててしまったの」

 なんて昔愛した人を恨みつつも、どこか愛が残っているというモヤモヤをおもちゃたちは抱えているのです。

柳下修平 ラブ&ピース 映画
(C)「ラブ&ピース」製作委員会

 そんな傷ついた心を西田敏行演じる謎の老人は癒していきます。そして、おもちゃたちが新しい愛を注いでもらえるように綺麗にして送り出していくのです。
人間とおもちゃというファンタジックなストーリーではありますが、これは恋愛における「傷ついた人とそれを癒して背中を押す友人や家族」という構図にとても似ています。

 傷ついている人がいたら、癒して送り出してあげたい。その人(物)が新しい愛を注がれて笑顔を取り戻し、幸せを取り戻すために。

『ラブ&ピース』は、園子温監督にしては珍しく、性的にも暴力的にも際どいシーンが一切ないので、大人も子どもも、安心して優しい優しい愛を感じることができます。

 この週末、カップルや友人、ご家族で、至福の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。


6月27日(土)全国ロードショー

監督・脚本:園子温
キャスト:長谷川博己、麻生久美子、渋川清彦、奥野瑛太、マキタスポーツ、深水元基、手塚とおる、松田美由紀
声の出演:星野源、中川翔子、犬山イヌコ、大谷育江、西田敏行
配給:アスミック・エース
URL:『ラブ&ピース』

Text/柳下修平

関連キーワード

ライタープロフィール

柳下修平
1986年生まれ。映画ライター・ブロガー。100人規模の映画ファンイベント「映画ファンの集い」主催者。

今月の特集

AMのこぼれ話