• love
  • 2015.03.12

難病患者とのキレイごとではない恋愛…感動と議論を呼び起こす『博士と彼女のセオリー』

第87回アカデミー賞の主演男優賞を受賞した作品『博士と彼女のセオリー』がいよいよ3月13日に公開。健在する物理学者・スティーヴン・ホーキングの人生と愛の物語です。ケンブリッジ大学時代から現在に至る彼の生涯をエディ・レッドメインが演じ切りました。

 この映画は実在する物理学者・スティーブン・ホーキング博士の大学時代から近年までの長きに渡る人生を描いた映画です。彼一人の人生というより、彼と彼を支えた妻・ジェーンとの二人の人生を描いた映画です。

 難病ALS(筋萎縮症性側索硬化症)を患い、余命二年と宣告されながらも73歳になり、現在も研究を続けるスティーブン・ホーキング。身体の自由が利かなくなり、何一つ自分でできなくなっていくスティーブンはどう生き、彼を支えると決心した妻・ジェーンは彼にどう接したのかが描かれていきます。

柳下修平 映画 ブロガー ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン フェリシティ・ジョーンズ チャーリー・コックス ジェーン・ホーキング Travelling to Infinity: My Life with Stephen 東宝東和 The Theory of Everything ALS セックス 離婚 結婚
©UNIVERSAL PICTURES

 実在する天才物理学者の生涯を描いた『ビューティフル・マインド』は、マインド(精神)の病気とそれを支える妻を。そして、本作『博士と彼女のセオリー』はフィジカル(肉体)の病気とそれを支える妻を描いています。

『ビューティフル・マインド』は、主人公ジョンから妻が一度離れていたことが伏せられていますが、『博士と彼女のセオリー』では病気を看病する彼女の苦悩と離別も描きます。しかし、マイナスには描きません。それが凄い。

 原題"The Theory of Everything"は、邦題『博士と彼女のセオリー』へと一見よくわからないものに。しかし、映画のラストを迎えた時、「彼と彼女が途中で別れても生きた証(=セオリー)」がしっかりと描かれています。それは何か。それが示され、そこからエンドロールへ突き進む約1分の展開が強烈でした。

 身体は鳥肌、目には涙、心は温かく。そんな状態でエンドロールを見送りました。デートムービーとしても最適な素晴らしい作品であります。


根底に存在するメインストリームはラブストーリーである


『博士と彼女のセオリー』は伝記映画でも難病ものでもなく、根底にあるメインストリームはラブストーリーです。もう少し踏み込んで言うならば、「愛」が内在しながら日々の奮闘劇があるといった感じでしょう。

 この映画はご覧のとおり、映像のテイストがどこか幻想的で美しいのです。二人が惹かれ合っていくシーンは、幻想的で美しい映像によって描かれ、夢を見ているような錯覚を抱かせます。エディ・レッドメインとフェリシティ・ジョーンズが共に美しいのもその効果を高めています。

 ケンブリッジ大学と言う高貴な場から始まる愛の物語は、スティーブンのALS発症によって終焉の危機を迎えます。ALSとは「Amyotrophic Lateral Sclerosis」の略で「筋萎縮性側索硬化症」と訳されます。
手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉が動かなくなっていくこの病は、約2~5年で死に至ると言われています。しかし、脳の機能はほとんど衰えないそう。

   
柳下修平 映画 ブロガー ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン フェリシティ・ジョーンズ チャーリー・コックス ジェーン・ホーキング Travelling to Infinity: My Life with Stephen 東宝東和 The Theory of Everything ALS セックス 離婚 結婚
©UNIVERSAL PICTURES

 ケンブリッジ大学に入り、将来を約束されたかのような道半ばでの余命宣告。まさに絶望そのものでしょう。そこでスティーブンは、ジェーンを遠ざけようとします。自暴自棄でもあり、彼女をこれ以上悲しませないためでもあったのでしょう。愛が内在しています。

 しかし、ジェーンは離れません。ジェーンはスティーブンの父親に「彼を愛しています。彼も私を愛しています。だから私は彼と一緒に闘います」と誓いました。これも愛です。王道中の王道のラブストーリーでもありますね。

 ここまで書いたことは大きなネタバレに見えつつ、まだまだ映画の冒頭。ここから先、この映画は最後の最後までラブストーリーを貫き通します。王道を描きながら、すれ違う様も現実のシビアさも描く。その姿勢は非常に見事でした。

 ネタバレは伏せますが、とにかく最後の最後が秀逸。「素晴らしいラブストーリー」と素直に言える映画です。


女はいつだって女として見られたい


柳下修平 映画 ブロガー ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン フェリシティ・ジョーンズ チャーリー・コックス ジェーン・ホーキング Travelling to Infinity: My Life with Stephen 東宝東和 The Theory of Everything ALS セックス 離婚 結婚
©UNIVERSAL PICTURES

 この映画の前半は、主人公二人の愛と闘病によって物語が進んでいきます。しかし、普通に生きていてもあれこれうまくいかないのが男女のサガ。ALSの看病ともなると、その現実は非常に困難を伴うものでありました。

 普通の男女のように、彼らもいつしかすれ違いが生じるようになります。余命二年を宣告されながら長く生きられた奇跡は素直に喜ぶべき奇跡ですが、それによっていつまでも看病を続けなくてはならないジェーンを思うと、何とも言えない複雑な気持ちになります。

 すれ違い始めた二人は、やがて他の人に惹かれるように。史実として、二人は別れており、今は良き友人であります。スティーブンは"あの女性"と、ジェーンは"あの男性"と結ばれています。その詳細は映画でチェックしてみてください。


ALSになっても設けた子供は三人、セックスはどうしてた?


 映画でもネタにされているので、彼らのセックス事情に踏み込んでみましょう。事実として、スティーブン・ホーキングとジェーン・ワイルドの間には三人の子供がいます。

 1963年にALSを発症。
 1965年にジェーン・ワイルドと結婚。
 1967年に長男誕生。
 1970年に長女誕生。
 1979年に次男誕生。

 …という流れが史実です。

 つまりALSを発症し、身体に自由が利かなくなってから三人の子作りに成功しています。人工授精かと思いますが、「全然大丈夫」と言っているので、生殖機能は衰えていなかったようですね。

柳下修平 映画 ブロガー ジェームズ・マーシュ エディ・レッドメイン フェリシティ・ジョーンズ チャーリー・コックス ジェーン・ホーキング Travelling to Infinity: My Life with Stephen 東宝東和 The Theory of Everything ALS セックス 離婚 結婚
©UNIVERSAL PICTURES

 ただし当然身体は動かないわけなので、通常のセックスではないことが容易に想像できます。ジェーンがスティーブンに跨るシーンがあるので、彼女主動でセックスができたのでしょう。もちろんそのような部分は描かれず、憶測の範囲ではありますが。

 しかし憶測に留まらず、ジェーンの気持ちを考えてみましょう。想像でしかないので分からないですが、そこには複雑な心境があったはずです。通常のセックスができず、いつ命を落とすかわからない夫。

 子供を「二人で作る」という結果が、映画における主題にも繋がっていくので、冷静に深く考えることは映画を深く探求することにもなっていきます。

カップルでも、おひとりでも


 主人公スティーブンはALSを患い、体の自由が利かなくなる。その状況でも必死に生き、研究者として大成功を収める。ジェーンとは別れてしましたが、映画のクライマックスを見る限り、二人で生きた時間は決して無駄ではなかったのかなと思わせます。

 別れも描いたラブストーリーではありますが、結末にほろ苦さはほとんど残りません。
時としてラブストーリー映画は、付き合いの浅いカップルで行くと地雷になる場合もあります(激しいラブシーンやバッドエンドなど)。

 しかし、『博士と彼女のセオリー』は絶対大丈夫です。

 付き合いたてのカップルも、熟年カップルも、実在するスティーブン・ホーキングとジェーン・ワイルドが生きた道を描いた本作をぜひ堪能してください。

 もちろん、おひとりでも問題ありません。描かれる愛を見て何かを感じてみてください。


3月13日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー

監督:ジェームズ・マーシュ
キャスト:エディ・レッドメイン フェリシティ・ジョーンズ チャーリー・コックス
原作:ジェーン・ホーキング「Travelling to Infinity: My Life with Stephen」
配給:東宝東和
原題:The Theory of Everything/2014年/イギリス映画/124分
URL:映画『博士と彼女のセオリー』公式サイト

Text/柳下修平

関連キーワード

ライタープロフィール

柳下修平
1986年生まれ。映画ライター・ブロガー。100人規模の映画ファンイベント「映画ファンの集い」主催者。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら