• love
  • 2015.03.29

社交性が出会いのカギ!?招き猫発祥の地で新たな出会いを招く/【漫画】欲望ご利益神社(4)

主人公ゆき子が失恋をきっかけに東京と京都全17の神社をめぐり、各神社のご利益によって女性として前向きな気持ちを取り戻していく物語。第4話の今回は縁結びのご利益がある「今戸神社」。たくさんの絵馬から放たれる願いのパワー、さらに招き猫発祥の地としてのご利益はあるのでしょうか。男性との出会いはどうすれば増える?その答えは果たして…

 AM連載漫画『こっそり行きたい 欲望ご利益神社』第4話!
今回は縁結びや招き猫、また新撰組で有名な沖田総司終焉の地でもある「今戸神社」をめぐります。
こちらの神社、登録制で男女の出会いを演出する「縁結びの会」を主催しており、これをきっかけに実際に結婚したカップルも複数いるそうなんです!

 最近のご利益のおかげですっかりキレイになった主人公ゆき子。今度は男性との出会いを求めて、合コン?出会い系?飲み会?など色々と考えを巡らせますが…その答えは果たして。

 第1話「於岩稲荷田宮神社【ご利益:縁切、夫婦和合、技芸向上】」
 第2話「江島神社【美肌、美形、美笑、美白、美髪、金運UP】」
 第3話「吉原神社【女性の悩み解消、開運、技芸上達】」はこちらから

第4話:今戸神社
ご利益:【縁結び、復縁、恋愛成就】

【つづく】

『こっそり行きたい 欲望ご利益神社』

ichida:著
戸部民夫:監修

発売元:KADOKAWA
定価:1000円(税別)
2015/3/13発売

書籍のご購入はこちら

著者/ichida(いちだ)
 2003年頃よりウェブで活動開始。シニカルでシュールな作風がひそかに熱烈なファンを集める。「Yahoo!知恵袋」の投稿をコミック化した『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』①~③(共著・PHP研究所)が話題に。
他の著書に『家に帰ると妻がカフェをやりたがっています。』(PHP研究所)、『うちの会社ブラック企業ですかね?』(彩図社)、『漫画・日本霊異記』(メディアファクトリー新書)。
【webサイトはこちらhttp://urban.sakura.ne.jp/

監修者/戸部民夫(とべ・たみお)
 1947年生まれ。法政大学卒業。出版社勤務後、作家活動に入る。『「日本の神様」がよくわかる本』『ツキを呼ぶ「神社仏閣」徹底ガイド』(以上、PHP文庫)、『全国一の宮紀行』(ワニ文庫)、『神秘の道具 日本編』(新紀元社)、『新版 日本神話の神々』(三修社)、『劇画 古事記』(バジリコ)、『ありがたい 神社の歩き方 神様の見つけ方』(芸術新聞社)、『神様になった動物たち』(だいわ文庫)など、日本神話・神社に関する著書多数。