• lovePR
  • 2015.03.20

「見ちゃダメ!」と言わずに…近距離でぷる肌を発揮するための保湿ケア

乾燥肌を放っておくと、シミやほうれい線が目立って老けてみられることも…。春までに大人気美容ケアの保湿力とコラーゲンケアで男性に「触れてみたい」と思われる肌にしてみませんか?

初対面の男性に「ないな」と思われる…
乾燥肌は自分の戦略ミス!

池田園子 I’m PINCH アイムピンチ アム AM
plasticboystudio_PhotoJUNKY


 肌の乾燥が気になるこの時期。
保湿を心がけているつもりでも、ベースメイクが粉っぽくなる、カサカサ感を誤魔化せない……とお悩みの女子は少なくないはず。

 私も出会いの春に向けて乾燥肌を急いで改善しなければならない女子のひとりです。
年とともに、肌のハリ・ツヤが減り、最近はとくにほうれい線が気になっていて、初対面の男性に会うと、もしかしたら年齢よりも老けて見られているんじゃないかと不安になることも。

 でも、周りを見渡せば、毎日キレイな美肌を保っている女性もいます。つまり、季節的要因があったとしても、乾燥した顔で勝負日に臨むのは、自分のケア不足か、使うアイテムを間違っているせい。残念ながら自分の戦略ミスなんです。

愛用者の96%がうるおいに満足!
贅沢なうるおいの秘密は保湿&コラーゲンケア


 乾燥と「お肌の曲がり角ど真ん中」にさしかかったピンチ肌をケアしてくれる美容液を探していたところ、かわいいパッケージの「I’m PINCH(アイムピンチ)」を発見。
色々な雑誌に載っているので気になっていたことと、モンドセレクションで3年連続金賞を受賞らしい!と聞きミーハー心と 私の肌にハリとツヤが戻ってくることを期待しながら、すぐさまこの美容液を購入しました。

 いつもなら迷ってなかなか購入しない私が即決した理由の一つは、「保湿力が高く、愛用者の96%が肌のうるおいに満足している」から。

 そして、贅沢なうるおいで満たしてくれる秘密は、保湿ケアとコラーゲンケアを同時に行えること。

 そもそもコラーゲンは、40代になると20代の頃の約半分まで減少してしまうこと、皆さん知っていましたか?
このコラーゲン減少が「老け顔」を進行させるので、年齢を重ねるほどに厄介になっていくんです。
40代というとピンと来ないかもしれませんがアンチエイジングは早く始めることが大切!タレントの優木まおみさんや紗栄子さんも使用していたとか。

 また、一度に体内に吸収できるコラーゲン量も決まっています。
大量に飲んだり塗ったりしても、残念ながら意味がありません。肌が自らの力でコラーゲンを作り出す機能を高めることが必要なんです。

<「I’m PINCH」の詳細はこちら!>

濃厚でとろりとしたテクスチャで贅沢なケア
乾燥だけでなく、シワやほうれい線にもアプローチ!


 35歳以上の乾燥肌の女性向けに作られたI’m PINCHは、国産大豆と米ぬかを納豆菌で発酵させたエキスを全体の30%と高配合しています。
この発酵エキスが肌のハリや弾力を作るコラーゲンを作り出す機能に働きかけてくれるのです。

 このほかにも保湿ケアに欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸など、14種類もの美容成分が配合されており、乾燥だけではなく、シワやほうれい線、たるみ、毛穴など、大人女子が気になるお悩みにもアプローチしてくれるのはうれしいですね。

 手のひらに取ってみると、濃厚でとろりとしたなめらかなテクスチャです。
これだけで「なんて贅沢なケアタイムだろう」と、テンションが上がるかも。


 愛用している化粧水を変えることなくプラスして一緒に使えるのもうれしいポイント。
化粧水でケアした後の肌に、両手のひらでなじませて温めた美容液を、顔全体にやさしくなでるように塗っていくだけでいいんです。すると、とろみがあって濃厚なのに肌にスーっとなじんでいく不思議な感触がします。

 また、もう少し時間をおくと、手のひらが頬に吸い付くようなモチモチっとした感触に変化。これは肌に効いているなって感じ。

翌朝に肌のうるおい・モチモチ感を実感!
このまま続ければ、実年齢マイナス5歳の肌も夢じゃない


 そして翌朝。起きて鏡を見たときの肌のしっとりさにびっくり。触れたときの弾力やモチモチ感も衝撃的です。
その後も、毎朝晩ケアを続ければ続けるほど、すっぴん肌に自信がもてるようになっていくのを感じます。

 メイク時の肌も明らかに変わりました。
いつもならこの時期、乾燥に悩まされていた私の肌。CCクリームを塗って、上からパウダーファンデーションをはたくと、どうしても肌が部分的に粉っぽく見えていましたが、それもなくなりました。
やっぱりキレイにメイクするためには、肌の内側から整える必要があるんですね。

 乾燥肌をそのまま放置しておくと、メイクだけでは綺麗な肌は作れず、実年齢プラス5歳以上の老け顔に見えてしまう恐れも。それだけは避けたいですよね。

 年齢にあった美容液でうるおい溢れるしっとり美肌をキープできれば、最低でも実年齢マイナス5歳の肌は夢じゃない。
ピンチのときにも、普段使いにも頼りになるI’m PINCH。これからも毎朝晩の定番ケアアイテムにしたいと思います。

<「I’m PINCH」の詳細はこちら!>

Text/池田園子

関連キーワード

ライタープロフィール

池田園子
86年生まれのライター/編集者。女性を勇気づけることが目標。

今月の特集

AMのこぼれ話