• love
  • 2015.04.02

弁護士で狙うべきは30代後半!?クソバイスに耐えながらの豪華デート/企業図鑑(10)

合コンやナンパ、デートという視点から実際に感じた企業カルチャーや就労している人たちとの交遊について綴る「企業図鑑」。今回は、弁護士についてお届けします!

 司法試験の難関を突破したエリートでお堅そうなイメージの弁護士。昨今は弁護士人口の増加と共に、二極化が進んでいるとのことですが、実際のところどうなのか?!
姉妹が対話形式で綴ります。

前回の<戦略コンサルティングファームD社>もご覧ください。

くるみ(姉):おっとりしてるが好奇心旺盛。童顔なのに性には奔放で色気がある。
ちえ(妹):見た目は清楚だが、行動力があり発言も過激。一方、セックスには自信がなく消極的である。


第10回:実は意外と稼げてない?多種多様な弁護士


東京姉妹 東京ナイト&デイ 合コン 企業図鑑 デート 弁護士 クソバイス 非モテ 童貞
by Andrew Feinberg

ちえ(妹):弁護士といってもいろんな人がいるよね。かなりばらつきがある印象。
前にお姉ちゃんと一緒に行ったメガバンクS行の合コンで小さな弁護士事務所の人が来てたけど、司法試験に落ちて大変だったって話をしてたよね。

くるみ(姉):覚えてるよ~。若いのにハゲてた人でしょ。
合コンの最中、いきなり下を向いちゃうから「つまらないのかなぁ」って気になってたんだけど、実は折り紙をおってて地味なパフォーマンスを披露してたよね。

ちえ(妹):そうそう(笑)。司法浪人の話も聞いたよね。
今は弁護士が多いから競争率が激しいし、バックグラウンドもピカピカじゃないと厳しいっていう。それ聞いて大変なんだなと思った。

くるみ(姉):昔は試験に受かるのが大変だったからカッコイイなと思ってたけど、今となっては資格取得者も増えて平凡な職業になってしまったし、儲からなくなってきてるよね。

ちえ(妹):そうだね。実は某大手弁護士事務所のパートナー弁護士ともデートしたことあるんだけど、彼は経歴もピカピカでエリートな雰囲気が出てた。どうやら在学中に司法試験に受かったみたい。
デートで銀座の美味しいお鮨に連れて行ってくれたんだけど、領収書貰っててちょっと萎えちゃったな。

くるみ(姉):領収書もらうのくらい許してあげようよ~(笑)。
私は肩書きが好きだから、お医者さんも弁護士もちろん大好きで、彼らとたくさんデートしたよ。本当に千差万別。基本的に“昔ガリ勉タイプの非モテ・ネクラ”が多いんだけど、中には垢抜けててイケメンもいるんだよね。

 先日合コンで出会った弁護士は、お家柄も良くイケメン。某法律番組のプロデューサーと知り合いらしく、番組に出るための交渉中だって言ってたよ。

ちえ(妹):お姉ちゃんはほんと好きだよね。
昔は憧れてたけど、今は医者も弁護士も付き合いたいと思わない。「センセイ」と呼ばれるのに慣れちゃって反論される機会が少ないから、「自分の考えは正しい」「自分は偉い」と勘違いしてる人が多いし。

弁護士の「クソバイス」に注意


ちえ(妹):あと、お姉ちゃん。以前、お医者さん主催のパーティーで知り合った弁護士と付き合ってたよね。

くるみ(姉):企業の顧問弁護士やってた人ね。裁判官として全国飛び回ってる経歴がカッコ良くて、ステータス目当てで付き合ってた。
デートは毎回すごく充実してて、ジルベスターコンサートに連れて行ってくれたり、高級食材で手料理振舞ってくれたり、私にたくさんお金使ってくれた。

ちえ(妹):何歳くらいの人?エリートっぽい外見だったよね。

くるみ(姉):35歳くらいだったかなぁ。中肉中背、ファッションもアベレージ。髪は縮毛矯正かけてるから開いた本を頭にかぶってるようなワンレンの髪型。弁護士じゃなかったら童貞だと思う。

ちえ(妹):髪型(笑)!前から思ってたんだけど、お姉ちゃんの表現力はセンスあるよね。

くるみ(姉):だって本当にそうじゃん!悪い意味で気取らないルックスが、真面目なエリート感出してたよね(笑)。

ちえ(妹):あと、弁護士って外交的手腕があるイメージだったんだけど、実は意外と話が面白くない。デートしたパートナー弁護士がすごく偉そうに話してきて、食事中ムカついたのを覚えてる。

「僕、結構いいアドバイスを君にしてると思うんだけどなぁ。お客さんの相談に乗るときは、1時間5万円チャージしてるんだからね」とか言ってきて、ちょーウザかった。
弁護士だからって調子に乗るなって言いたくなったし、舐められてると感じたよ。別にアドバイスを求めてたわけじゃないのに色々言われて嫌だった。いわゆる「クソバイス」だよね。

くるみ(姉):出た、ちえちゃんの過激発言。みなさん、弁護士からのクソバイスには注意しましょう。

ちえ(妹):キャリア的にすごく憧れてる人からの食事のお誘いでご機嫌だったのに、クソバイス男だって知ってショック受けたんだから~!

<東京姉妹の見解>
 弁護士は個人事業主のように人種は多種多様。掴みにくい彼らの特徴ですが、一つだけ共通しているのは、「上から目線」ということ。表面的には社交的な人であっても、内面ではあなたのことをバカにしているかも。
これから弁護士も貧乏になりうる時代です。目安として30歳半ば以上なら、まだそこそこ稼げているので、経済的余裕を求めるならそのライン以上を狙うべし。

合コン楽しい度:★★
イケメン度:★★(バラつきがある為)
羽振りの良さ:★★★

Text/東京姉妹

ライタープロフィール

東京姉妹
東京在住の20代姉妹、くるみ&ちえ。
セクシャルなこと、ナンパや合コンのこと、恋愛についてのブログ『東京姉妹』で人気。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら