• love
  • 2015.03.05

SMバーはハイスペック男性との意外な出会いスポット!/出会い指南(1)

合コンやナンパ以外に都内で出会えるのはどこ?「企業図鑑」で人気の東京姉妹が、"出会い指南"という観点からオススメのスポットを紹介します!

 合コンやナンパ以外の都内での出会いについて東京姉妹が指南します。
私たちは出会いのスポットとして、“SMバー”をオススメします。愛や欲望の本質にガチで向き合うSMクラブのようなところではなく、あくまで“SMをコンセプト”としたバーです。

 東京姉妹の「企業図鑑」もあわせてお楽しみください。


第1回:SMバー


東京姉妹 東京ナイト&デイ 合コン ナンパ SMバー 六本木 西麻布 亀甲縛り
by #Bladerunner

ちえ(妹):最近流行ってるよね。結構楽しいし。かなりいい感じの出会いのスポット。客層がいいよね。

くるみ(姉):本当、客層いいよね。
六本木の10-slutsには一緒に男女何人かで行ったよね。1人で来てるおじさまが数人居たし、カップルで来てる人も居たよね。
あと、若いけどエグゼクティブっぽい男性や外国人のグループも出入りしてた。

ちえ(妹):六本木周辺の普通のバーは変な人多いけど、SMバーには変な人全然居なかったよね。お店のお姉さんも優しかったし、楽しかったね。ボンテージ着せてくれたし。

くるみ(姉):そうそう!ちえちゃんの下着が、お店から借りたんじゃないかってくらいボンテージとすごく相性が良くてびっくりした。

ちえ(妹):うふふ。ありがと。ラクダ色の下着は着けていけないね(笑)。
亀甲縛りとか教えてもらえるし、女王様みたいなコスプレも出来るし楽しいよね。ブーツと鞭も貸してくれた。女の子はそんなにお会計も高くないから楽しく遊べるし、かなり上のレイヤーの人と出会える。

くるみ(姉):女性は安くて行きやすいけど、男性は料金設定が高いから誰でも気軽に行けるわけではないんだよね。誰でも参加できる街コンとは比にならないくらい客層良い。
ちえちゃん、縄の縛り方に興味津々だったよね。でも、実際使わなくない?(笑)。

ちえ(妹):まぁね。でも、ああゆうところじゃないと教えてもらえないじゃん!

くるみ(姉):本当は好きなんでしょ~!縛ったり、縛られたり。

ちえ(妹):やめてよ~。地震とか火事の時に役立つかと思ったんだもん。

くるみ(姉):ちえちゃんが縛るのに夢中になっているとき、私は隣に座ってた男性からお名刺いただいたよ。六本木にオフィスがある外資証券会社のヴァイスプレジデントって書いてあってびっくりした。

ちえ(妹):後日、西麻布のイタリアンに連れてってくれた彼ね。日本語が片言で可愛かった。
お姉ちゃん、その後も彼とデートしてたでしょ。

くるみ(姉):うん。すごく紳士的で人脈も広くて、ステキな人だったよ。もうアメリカに帰られたけどね。

秘密を共有できるSMの良さ


ちえ(妹):エリート層って変わった性癖のある人、多いと思う?

くるみ(姉):エリート層に限らず男性は皆いろんな性癖持ってて、ハイクラスの方々が実際にその欲求を満たせるって感じがするなぁ。

ちえ(妹):なるほど。実際SMをするとなるとお金がかかるし、公に出来ないしね。

くるみ(姉):“SM”というコンセプトを仲介することによって、初めましての人でもぐっと仲良くなれるんだよね。

ちえ(妹):確かに!秘密を共有してる感があるし、すぐ仲良くなれる。

くるみ(姉):新橋のSMバー(会員制、店名非公開)も良かったよ!レストランを経営してる男性に連れて行ってもらったんだけど、オーセンティックな雰囲気のバーなのに、お姉さんがボンテージ着てるみたいな。

ちえ(妹):へぇー。どんなシステムなの?

くるみ(姉):ソファで飲んでいるときに、頼めば縛ってくれたり、叩いてくれたりする感じで。バーテンダーさんはシャツとベストで、ちゃんとした格好してたよ。

ちえ(妹):客層はどう?

くるみ(姉):年齢層は高め。その日はグレーヘアで上品なおひげのおじさまが2人と、少し若めのおじさん1人、フランス人が1人来てたよ。フランス人はパンツだけになってて、お尻をムチで叩かれてた。私も便乗して彼の尻を叩かせてもらったよ。

ちえ(妹):へぇー楽しそう!
西麻布交差点近くにあるBLACK ROSEも良いよ。チャージがちょっと高いから、そこでスクリーニングされるしね。西麻布だし業界関係者もいそうな雰囲気だった。いかにも西麻布な客層だよ。
私も経営者の友達に連れて行ってもらったんだけど、ダンスしている女性の姿を見ながら、お酒を楽しむ感じ。割とショーが本格的かな。ロウソクとかでも遊べるし、コスチュームも借りられるよ。

くるみ(姉):ショーパブみたいな感じ?

ちえ(妹):カウンターでSMのショーを見る感じ。

くるみ(姉):いいな~行ってみたいな。

ちえ(妹):SMバー、最近流行ってるよね。「SMバーで遊ぶのがハイソ」みたいで、実際そんなにSMに興味が無い人もたくさんいる。
一方、ガチのSMバー/クラブは、お互いの個人的なこと、例えば仕事とか素性について、聞いちゃいけないルールになってるって聞いたことあるよ。

くるみ(姉):ガチのやつまでは介入しようと思わないよね。あくまで素人レベルで楽しみたい。フェティッシュバーとかハプニングバーよりずっと健全に楽しめる。

ちえ(妹):うん。最初はちょっとコワイかもしれないけど、出会いを求めるんだったら女子だけで行った方が良いね。お店の人たちがちゃんと見てくれてるから、実際にコワイ思いをすることはほとんどないと思うよ。

<SMバーを楽しむ秘訣>
(1)下着はセクシーな物をチョイスして
(2)ボンデージに着替えたり、鞭やローソクを試すなど積極的に性への関心を表現して
(3)下調べはインターネットでしっかりと

 ご参考になりましたでしょうか?
では、皆様も素敵な夜をお過ごしください。

<今回ご紹介したお店>
10-sluts(テンスラッツ)
港区六本木5-3-4 レーヌ六本木2F
Twitter:@073010sluts

BLACK ROSE
港区西麻布3-24-19 ラ バース西麻布6F
Twitter:@BRnishiazabu

関連キーワード

ライタープロフィール

東京姉妹
東京在住の20代姉妹、くるみ&ちえ。
セクシャルなこと、ナンパや合コンのこと、恋愛についてのブログ『東京姉妹』で人気。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら