• love
  • 2015.04.13

「ぜんぶ好き」以外出口のない問いに「おっぱいです」で勝負して散れ

【4月テーマはお酒】お酒って、上手く利用すれば、意中の相手と親密な仲になれるかもしれません。それが突発的な出来事であれ、計画的な出来事であれ…ということで4月はお酒にまつわる恋愛短歌をお届け!今回は特別に「どうして男子はおっぱいが大きい子を選ぶの?」という素朴な疑問にもお答えします。

佐々木あらら 初体験 処女 童貞 卒業 エロ短歌
Frank Kovalchek

 大学のころ、ロシア語を習っていました。

 クラスで学んだ中身はほとんど忘れてしまいましたが、でも、先生がウォッカが大好きだったことはよく覚えています。ことあるたびに、ウォッカの魅力を語るのです。

「ロシアでは、ウォッカを冷蔵庫ではなく冷凍庫に入れる。あるいは積もった雪の中につっこんでおく。そうすると、ビンには氷がびっしりと付き、中身はなぜかトロトロになる。部屋をあったかくして、ビンの氷をポロポロはずしながら、そのとろみのあるウォッカをきゅーっと飲むと、これが幸せなんだよね……」

 僕たちは極めて勤勉で従順な生徒だったので、先生に言われたことをきちんと復習しました。それも、何度も何度も。

 いやあ酔った酔った。飲み慣れてない学生たちがよりによってウォッカをストレートでがぶ飲みするんだから、そりゃまあ、ひどいもんです。毎週のように誰かの下宿先でみんなでつぶれ、気がつけば昼、みたいなことを繰り返しました。

 そんな中にひとり女の子がいました。僕は頻繁に彼女のところに泊まりに(酔いつぶれに)行き、朝にそのまま一緒に通学することもしばしば。ほんとうに何もない関係だったので、こそこそするという発想がなかったんです。

 やがてロシア語への情熱を失い、ウォッカへの愛も冷めると、自然とその子の家には行かなくなり、なんとなくその子とも疎遠になったのですが、しばらくして大学で変な噂が流れはじめました。

 曰く、「ササキとあの子は別れたらしい」。

 いやいや、そもそも付き合ってないから! っていうか俺、ズブズブでキトキトの童貞だし!

 僕はともかく彼女がとても困惑していたので、懸命に否定してまわりました。すると今度は「ササキはひどい遊び人だ、あの子の気持ちを完全に否定し、心なく捨てた」という進化した噂が流れはじめる事態に。親友に呼び出されて説教されたりもしました。

 ああ、冤罪被害者が虚偽の自白をする心理ってこれなのか……と思いながら、友人の説教に「そうさ、やりまくって捨ててやったさ、それの何が悪い」と開き直って見せたのを覚えています。

 いま思うと、別に彼女のことは嫌いじゃなかったし、彼女も僕のことをそれほど嫌ってはいなかったと思うから、そのまま否定せずに「ヨリを戻した!」ということにしてほんとに付き合っちゃえばよかったんだな。もったいないことした。

 さて、そんな僕の怨霊あふれる思い出はさておき、今週も「お酒にまつわる恋愛エピソード」の投稿が届いておりますので、読んでいきたいと思います。

酔いつぶれて襲われました

いなほさん(匿住所)
エピソード:
 大学卒業目前、友だちを家に招いた飲み会で。
 私が酔いつぶれてしまい、解散になったのですが、しばらくすると、男友だちのひとりが忘れ物を取りに戻ってきました。
 彼は、そのままの状態で倒れている私をベッドに運ぶと、そのままキス。
 そこまで仲が良かったわけではないのですが、その気になってしまい一夜を過ごしました。
 朝になってお互い恥ずかしさで笑いながら、お見送り。数日後卒業を迎えました。
 お酒のせいで最後の最後に思い出が増えました。

それまでは互いの脇役だったのに スポットライトを浴びたあの夜(いなほ)

 忘れ物、わざとだったのかな。

 ほんとうに忘れ物で、紳士的な気持ちでベッドに戻してあげようと思って、つい……というなりゆきだったら「美しい青春の思い出」でいいんだけれど。

 その男が「今あいつの部屋に戻ったら一発ヤレるな」みたいなヨコシマな気持ちで戻ってきたんじゃないかという疑惑がぬぐえないのは、僕の心が汚れちまっているからでしょうか。

 というか、そのシチュエーションをつくるためには、わざと忘れ物をしなきゃいけないわけですよね。そうなるとこれは事故ではなく、泥酔した女子学生をターゲットにした周到な計画犯罪では……いや、やめましょう。ここは人様の美しい思い出を汚すためのコーナーではない。

 でも、そもそもあなたを酔いつぶすところも含めて計画だったとしたら……。

 そして、それが友だち全員による計画だったとしたら……。

うたぐってごめんねぼくが悪かった あしたもうたぐりつづけるけれど(佐々木あらら)

なぜか質問が届きました。

 お酒の席のエピソードとかまったく関係ない質問も届きました。そういうフリー演技の人、嫌いじゃないです。

 せっかくなので本気でお答えします。

まちさん(大阪府)
質問:
 どうして男子はおっぱいの大きい子を選ぶのでしょうか。
 服のセンス関係なし?垢抜けてるかも関係なし?顔のかわいさすらも重視しないことあるでしょ?わたしだってAKBのこじはるみたいな美乳だったら……と、誰ともいい感じに発展しなかった飲み会の帰りのたびに思うのです。悲しい。

飲み会に可愛いニットを着てきたが男子の興味はその下にある(まち)

 どうしてかというと、あなたが「自分のおっぱいが大きくない」ことを気にしているからです。

 もしあなたが「自分の鼻が低いことを気にしている」人だったら「どうして男子は鼻が高い子ばかりを選ぶのだろう」と思うはずです。「性格が悪いことを気にしている」人だったら「男って、性格のいいフリしてる女にばっかだまされててバカじゃないの」と思います。年齢を気にしている人は「結局男は若い女が好きだ」と信じています。

 年収が低いのを気にする男子は、「結局、女っていうのは金を持ってる奴のところにいくんだよ」と愚痴ります。頭髪が薄いのを気にしている人は「髪がないってだけで女は俺から遠ざかるんだ」と嘆きます。

 コンプレックスというのは、他の人と自分に何らかの差ができたときに、自分が引け目に感じているその一点のみで世間の評価が決定したと思い込んでしまう、という怖さがあります。流行りの言葉で言うと「認知のゆがみ」というやつです。

 もちろん「一度でいいから大きなおっぱいをひとりじめして、思う存分もみたい」というのは多くの男が持っている願望です。僕も好き。

 でも、現実には、世の男性にとっておっぱいは「それだけを基準に彼女を選ぶ」ほど優先的な要素ではないようだ、というのが僕の観察結果です。

 純粋にひとつのパーツだけで判断をくだせるほど、恋心は単純にできてないんです。彼女を選ぶのは今夜のおかずのAVを選ぶのとはわけが違います。いや、AVですら、僕たちはおっぱいの大きさ以外の多くの要素を慎重に吟味して選んでいる。

 まちさんは、人の外見にとても敏感な方だとお見受けします。服のセンスもきちんとしていて、洗練されたファッションを着こなしていらっしゃるのでしょう。素敵なことです。多くの男は、悲しいことに、まちさんが大切にしているそういう部分にはとても鈍感なので(そもそも男子のファッションと女子のファッションは構成要素が違うので、能動的な興味の持ちようがないのです)、フラストレーションもたまっているのだと思います。

 どんな人も多かれ少なかれ外見で相手を選びます。でも外見だけをただ見るのではなく、「その外見だとどういう性格なのか」を透視するかのように見ています。もちろん大半がくだらない妄想です。タレ目だと心が優しそう、とか。大きなイヤリングをつけてる人はセックスが好きそう、とか。メガネをかけてるとかしこそう、とか。

 おっぱいについても、ただおっぱいという器官を見ているんじゃなく「こういうおっぱいの人は母性的で甘えられそう」「断るのが下手そう」みたいな幻想を見ているんだと思います。実際のその人の中身は見向きもせずに。

 というわけで、今度はぜひそのファッションの能力を活かして「男が甘えたくなりそうなファッション」とか「男が性格が素直だと思い込みそうなナチュラル風メイク」とか「セックスが好きそうだと誤解しそうなコーディネート」とかをわざとしてみて、そういう場に出てみると愉快だと思います。たぶんおっぱいが大きい人と同じくらい、馬鹿な男が釣り放題です。

 そうすればきっと、外見だけ愛されることの無意味さに気づきますよ。おっぱいが大きくてモテる女性は日々、そういうバカバカしい男との応対にうんざりして生きているんです。

 そういう男が寄り付かない幸せをお祝いしつつ、良いパートナーを見つけられますようお祈りいたします。

 あ、あと、おまけでいただいたこの短歌、好きです。特に下の句が。

「女子だけの飲み会だよ」ってLINEした わたしの嘘に既読がついた(まち)

「お酒の席の恋愛エピソード」まだまだ募集しています。

 というわけで、本日はここまで。引き続き「お酒の席での恋愛エピソード」募集しています。ここまで読んできていただいた方にはおわかりかと思いますが、「美しい思い出」よりも「ひどいやつ」「怨念がこもってるやつ」のほうが僕の好物です。

 こちらのフォームにて。ぜひ。

Text/佐々木あらら

関連キーワード

ライタープロフィール

佐々木あらら
阿佐ヶ谷生まれ阿佐ヶ谷育ちのエロ歌人

今月の特集

AMのこぼれ話