• love
  • 2016.01.15

男はどんだけ「好き」と言われても困らない!気持ちをバラすのは恋の基本

両想いになるためには「好き」アピールがとにかく大切。周囲へのアピールからボディタッチまで全力で尽くすべき!嫌がられたらアピールの手段じゃなくて自分を見直しましょう。

恋愛の常識:女友達と好きな人が被ったら、身を引くべき。
下田式恋愛非常識:男と女が出会ったら、友情の仁義があっても恋は生まれる可能性がある。好きな人を女友達に紹介するのが悪い。同じ学校や職場なら、先回りして好きアピールをしておくべき。

 女友達と好きな子がかぶったからといって、ただの片想い同士なのだから遠慮するのは変な話。好きになりそうだったら、その子にちゃんと伝えたほうがいいし、むしろ同じグループ内での争奪戦なら、人目を気にせず好きな人の隣を常にキープして前にでたほうがいいっていうのが、前回の話でした。

恥ずかしがってたら両想いは遠い

メイン2
©martinak15

 そもそも好きな人と両想いになる過程って、誰かをけん制することじゃなくて、対・彼で全力を出さないとなれないものだから。
 だから、周りの○○ちゃんを視野に入れている場合じゃないんですよ。まず遠慮なんてしていたら、絶対に両想いなんかになれないですよね。

 とは言っても、最終的な「好き」アピールって、わりとみんなが見えないところでやることじゃないですか。がっつり女出す、男出すってなってくると、人前じゃ出来ないですよねそんなの。LINEとか、二人きりのコミュニケーションでやるところですよね。だから、好きな気持ちをバラすくらいだったら、人目を気にすることでもない。
「美咲ちゃんは○○のことが大好きだよね」ってまわりが言い出してちょうどいいくらい。「そうなんです!」って言う。べつにそれがどんな種類の好きかは言わないとしても、「ほんとそこ仲いいよね、ほんと好きだよね」ってなるようにする。

「好き」をバラすのは世のため人のため

 好きって気持ちはバラしてなんぼですから。
 どうでもいい相手からでも、好きって言われて嫌なことなんてないから、人は好かれれば好かれるほど嬉しいし、その人は自信を持てるわけだし。その人の人生への貢献ですから、好きって伝えるのは。

 付き合ってくださいとか、相手に対して、イエス・ノーの答えを求めるようなことは別だけど、一方的に気持ちを発表することで相手を困らせる可能性ってありますか?っていう。ないと思うんですよね。
 どんだけ好きって言われても、べつに困らないですよね。「だから付き合ってくれ」とは言ってないし。だから、「会いたいから時間とって」とかになったら別。「好き」、「会いたい」まではよくて、「次いつ空いてる?」までいくと違うから気を付けたほうがいい。

反応が悪かったら自分を見直す

 「好き」とか、「会いたい」って言って嫌がる男の子っていないと思いますよ。どちらかといえば男の人って「会いたがられるほどの俺」って思うから。
 それで嫌がられたとしたら、まず一回自分を見直したほうがいい。見た目からもう一回やり直したほうがいい。全自分を見直したほうがいい。女子としての価値をもう一回見直したほうがいい。作戦には問題がない、あなたには問題があるってなる。

 ボディータッチとかでもそう。「ボディータッチが激しすぎる」と、男の子からもし言われたら、ボディータッチが激しすぎるっていうよりは、君にボディータッチされたくないって話じゃないですか、それって。そこに気づいたほうがいいんですよね。ボディータッチがいけなかったのではなくて、いまの私ではボディータッチする権利がなかったってだけの話だから。そこをちゃんと見たほうがいいですね。

Text/下田美咲
構成/渋谷チカ

ライタープロフィール

下田美咲
1989年生まれ。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

未婚の30代女子に聞く!

未婚の30代女子の読者にお答えいただきたい読者アンケートです。より楽しく役に立つサイトを目指すため、本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら