• love
  • 2015.02.27

セクシー女優・上原亜衣さん登場!キスは目を開けたままの方が男性の興奮度UP

人気AV女優、上原亜衣さんがAM初登場!テレビ東京のバラエティ番組『ゴッドタン』人気企画「キス我慢選手権」の映画化第二弾のヒロインをつとめた彼女に特別インタビュー。キス我慢選手権の舞台裏や学生時代の性への目覚めなど…上原さんの魅力を余すことなくお届けします!

 人気セクシー女優の上原亜衣さんに気になる恋やセックスのことをインタビューしました!
テレビ東京のバラエティ番組『ゴッドタン』人気企画「キス我慢選手権」の映画化第二弾のヒロインをつとめた上原さん。劇団ひとりさんのかっこよさや、現場の裏話など、笑顔で語ってくださいました。

キス我慢選手権舞台裏

上原亜衣 ゴッドタン 恋愛 インタビュー AM
上原亜衣/写真:AM編集部

─最初はキス我慢選手権についてお話をいろいろ伺えたらと思います。
キス我慢選手権のヒロインは、みひろさんを始め人気女優さんが務めてらっしゃったと思うんですが、選ばれた時の心境はいかがでしたか?

上原亜衣さん(以下、敬称略):最初は映画だと知らず、テレビだと思っていました。マネージャーに「オーディション受かったよ」と言われて、すごく嬉しいーってなったんですけど、台本がとても分厚かったので、「こんなにセリフあるの?」って、驚きました(笑)。
出演者さんもすごかったので、そこで映画だとやっとわかりました。マネージャーさんもそこで知ったらしくて(笑)。
映画だと知ってからは嬉しい気持ちももちろんありましたが、不安のほうが大きくなりました。セリフもすごいあるし、劇団ひとりさんもアドリブで返してくるからどうしよう、と。

─劇団ひとりさんのアドリブによってストーリーが変わっていくということで、スタートするまでの準備も大変そうですよね。

上原:そうですね。劇団ひとりさんの代役を立てて1~2週間くらい前からリハーサルを始めて、当日も劇団ひとりさんが入るまでリハーサルをしてから本番、という形でした。
カメラさんもカメラワークとか位置とか入念にリハーサルして、他の出演者の方もリハーサルして、本番、また次のリハーサルをして、本番…と、いっぱいリハーサルしました(笑)。

─本番とリハーサルとでは、劇団ひとりさんの動きなんかももちろん違うと思うのですが、予想外の動きにビックリして笑いそうになったりしませんでしたか?

上原:私が登場するシーンは笑いそうになるところはあまりなくて。
逆に劇団ひとりさんがすごい格好良くてキュンキュンしていました。
舞台も学校だったので、プールのシーンとかは青春って感じですごい格好良くて。

─確かにとても青春感じました!素敵なシーンでしたね。

上原:ね!実は青春ストーリーなところもあります。

─ほかに印象に残ったシーンとかありますか?

上原:やっぱり最後のシーンが、あまりにも予想外のポイントだったので、私の中で「失敗しちゃってごめんなさい」という感情しかなかったので、そこが印象に残っています。
だから「違う違う!」って顔になって、一歩後ろに下がっちゃっているのがよくわかると思うので注目して見て欲しいです(笑)。

上原亜衣が教える!男の子をドキドキさせるキスの方法

─「キス我慢選手権」にちなんで、キスに関する質問です。
上原さんのプルプルの唇に憧れている女性が多いと思うんですが、普段されているケアやオススメのリップコスメとかはありますか?

上原:リップクリームはDHCのものをリピートしていて、頻繁に塗っています。
それから乾燥しないようにマスクをして寝ています。今の季節とかすごい乾燥しちゃうから。
あとは、もともと唇の色が赤っぽいのであまり色のついたものは使っていません。透明のグロスを塗るくらいですね。

─冬にもってこいのケア方法ですね!すぐに実践してみます。
キスするときに心がけている必勝テクニックとかありますか?

上原:私だけかもしれないんですけど、キスするときは絶対目を開いてするんです。本業の方の作品を観てもらうとわかると思うんですが、絶対目を開いてキスしています。

上原亜衣 ゴッドタン 恋愛 インタビュー AM
上原亜衣/写真:AM編集部

相手の方も目を見ているとドキドキしてくれるみたいだし、どんな顔してキスしているのか見ちゃうんです(笑)。
それで目が合うと恥ずかしがってくれる。ドキドキ感が増していいと思います!

─えーー!上原さんの作品、キスシーンも注目してみてみます!恥ずかしさがドキドキを増しそうでいいですね。

高校のときに初めてセックスをしてから、性に興味が出た実践先行型!

上原亜衣 ゴッドタン 恋愛 インタビュー AM
上原亜衣/写真:AM編集部

─AMの中に普通の女の子のエッチ事情を聞く「新ヰタ・セクスアリス」という人気連載があるんですが、是非上原さんにも性の目覚めをお聞きしたいです!
上原さんが、初めてエッチなものを意識したのはいつですか?

上原:私あまりそういうの無くて、AVを観たことがあったわけでもなく…。
高校生の時に年上の男性と付き合って、その方としてからセックスは気持ちいいんだとわかるようになりました。初体験をしてから、ちょっと興味が出てきた感じです。

─知識先行型じゃないんですね。

上原:実践先行型です(笑)。

─(笑)。上原さんがエロい妄想をする時の鉄板の妄想があったら教えてください。

上原:とにかくラブラブのシチュエーションが好きです。普段作品上でそういうのが無いからだと思うんですが、1人でオナニーするときも架空の彼氏を作ってラブラブの妄想をしています。

─漫画とかを読みながら妄想したりするんですか?

上原:少女マンガは昔読んでいましたが、最近読まなくなっちゃいました。でも、そういう少女マンガに近いキュンキュンするような妄想です。

─相手のシチュエーション的には、Sっぽい人が好きなど、好みはありますか?

上原:私はM役がすごく多いんですが、実はSなんです。だから攻める方が好きで、ちょっとMっぽい人の方がキュンとします。例えば乳首触ってすごい喜んでくれたりとかはかわいいって(笑)

─(笑)。だから目を開けてキスして、男性が狼狽えてたりするとキュンキュンくるんですね!

上原:そう!かわいーって!!(笑)

─意外な一面です!今まで出た作品で印象に残っているオススメ作品はありますか?

上原:いっぱいあるんですけどなんだろうな。最近だったら『100人中出し』ですね。

─上原亜衣さんのインタビューに行ってくると言ったら、編集部のみんなに『100人中出し』がすごかったと言われました!

上原:面白いんです。素人男性を募集して、集まってくれた人たちに私が追いかけられるんです。『逃走中』のように、本気で逃げます。
でも、私足遅いからすぐ捕まるんですけど(笑)。
本物の素人さんだから「ヤりたい」気持ちがすごく出ていて、すっごい本気で走ってくるんです。だから山の方から転げ落ちてきたりして、面白かったです(笑)。

─参加者の男性と、上原亜衣さんの本気が見れるんですね。

上原:そう!面白いです。

─すごいですね!
アダルトビデオ、テレビ、映画にと活躍中の上原亜衣さんですが、これから挑戦していきたいことはありますか?

上原:今回のゴッドタンもそうだったんですが、一般のドラマとか映画とかにも出たいです。あまり上手ではないのですがお芝居が好きなので挑戦してみたいと思います。

─映画の演技もとても素敵でした!これからも応援します。
ありがとうございました。

上原:ありがとうございました。

【ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE 2 サイキック・ラブ 】

 映画版"キス我慢選手権"が想定外の大ヒットから1年! 早くも第2弾!
スケール、迫力、バカバカしさ、全てが前作を越えた衝撃作を見逃すな!

※発売予定日は2015年2月27日

関連キーワード

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

「お酒の席」の短歌&エピソード大募集!

エロ歌人・佐々木あららさんが講評してくださり、大賞に選ばれたら豪華賞品も!

アンケートはこちら