• love
  • 2014.11.26

東京で街コンに参加!濡れ手に粟状態の「えくる」の街コンに今こそ参加すべき

街コンを見直すべき時が来ました。良質な出会いは相席屋より街コンで! アラサーにこんな大量な出会いを提供してくれる場があるだろうか?いや、ない。

原点回帰!今こそ街コンを考える

 こんにちは!山田です。前回は街コンについて、合コンと比較したときのよいところをご紹介しました。
今回は実際に初めて参加した山田が、初めての合コンで感じたことをレポートいたします!
語りつくされてしまった感がある街コンですが、今一度新鮮な目で考えたいと思います!

えっ!?想像以上に参加者がまともだ!!みんなどこに隠れていたんだよ!

街コン 山田コツボネ子
©2011 CBS FILMS INC

 参加してみた第一印象は「ええええ!?まともな人、多っ!!みなさんどこに隠れていたんですか?」というもの。
これは本当です。一緒にいってくれた友人は街コン3回目でしたが「こんなにはずれがない回ははじめてだ」と言っていたのでラッキーだったというのが正解だとは思います。しかしそんな回に当たれるというのも事実です。

 ちなみに私が話した男性は、SEが最も多かったですが、他にも大手メーカーや商社の人などさまざまで、年齢は30前半が一番多かったです(26歳としゃべった時はさすがに申し訳ない気持ちに少しなったことは確か)。おかあさーん!みんな連絡先くれたよーーー!!

 婚活パーティーはガチな雰囲気プンプンですが、街コンはみんなわりと気軽な感じでした。だから若い人も多いんでしょうか。普通に友達つくれそうです。
前回も触れたように、ミクシィグループの『えくる』さんの街コンでは20-25分で席替えが行われました。だからなのか、みんなその場をとても平和的におさめてくれます。
それって素晴らしくないですか?最初なんてそれでいい!私も20分くらいならさまざまなボロを出さずにやりきれそうな気がするよ!!

 20分ごとに新しい人としゃべっていくなんて、そんなの普段からコミュニケーションスキルを磨いていない自分にはきついっす…という人もいらっしゃると思います。
実際私も途中「いやしんどくなってきたわ」と思ったことは事実です。
だがしかし、考えてみてください。新しく知り合った人と、2時間ずっと話さないといけないのと、20分ずつ、6組の人と話すの、どちらの方がつらいですか。
私は数々の辛い合コンを思い出し、20分という時間の素晴らしさを痛感したのであります。
効率いいーーー!精神衛生上はもっといいーーーー!!!

大量だーーーー!今夜は宴だーーー!!!

「大規模合コン」である街コン、前回書いたように、特に『えくる』さんの街コンでは一気に12人と出会うことができました。
大量です。濡れ手に粟です。
話には聞いていましたが実際にやってみると、アラサーにこんな大量な出会いを提供してくれる場があるだろうか?いや、ない!という2重否定を文章にとりいれたくなるくらい素晴らしいシステムです。

 しかも連絡先を交換するのが通例なので全員の連絡先もゲットできました。
出会う人数では婚活パーティーとかの方が多いかも知れませんが、連絡先の交換を大量に行うことができません。
よく考えたら「街コン」なんだから当たり前なのかもしれませんが、特に街コンとの人生の交点がなかった自分にはとても新鮮でした。
なるほどー!これだけ流行るわけだなー!

 注意すべき点は、出会いすぎてどれが誰だったか分からなくなるということです。
「今日はありがとうございました!」ってLINEきたのはいいけどこれ誰だってばよ…?というのは完全に街コンあるあるとのこと。
インパクトのなかった人から忘れていきます。
それはいい人悪い人ということではなく忘れていってしまうため超注意が必要です。
覚えておくべきはあのあっさりとした人なのにクソみたいなやつのインパクトが強くて脳が覚えててくれてない…!というのは随所で起こりそうです。

 そしてこれは男性側も同じなんだよな……と気づき、20分の中でいかに爪跡を残していけるかに全力をかけようとも思ったんですが、これは大事故にもつながる可能性が高い……と思いとどまりました。
結果きっと男性陣のLINEには「山田」と表示されているもののどこの誰だったのか分からなくなっている人が大量にいると考えられます。
もう…私のチキン!臆病者!次に生かしたい反省の一つです。

30代の皆様もノープロブレム!むしろそこを売りにしていこ!

 街コンというと、なんとなく参加者が若かったりして、妙齢の女子たちは若干及び腰になってしまう方もいると思います。
今回私が参加したのは同世代限定!みたいなやつで、25-35歳のくくりだったというのもあるんですが、最初にお店はいった時の雰囲気には面食らいました。
わっ…若いっ……!ノリが若い!すごく楽しそう!私これから12人の人とこんな感じで渡り歩いていけるのか…?すでに折れそうな心……!

 しかしそれは男性の方も同じ。ほら、2,3歳下の子と結婚した人の結婚式に行って、「うそでしょ、こんなちょっとしか違わないのになんかノリが若くね?なにこれ無理なんですけど」って思ったことありませんか。
あれです。あの現象です。もちろんそんなノリに身を任せたい男性もいるとは思うんですが、そういう人に当たっても大丈夫。だって20分経てば席替えです。みんなもう大学生のころとは違います。
「求ム、落ち着いたやりとり」な人を狙っていけばええんや!と気づいてからはしっかりと心を立て直せました。

運が良ければ!姫様チャンス

 スタッフがかなり気をまわしてくれるとは言え、人数がきちんと合わないこともあります。
そうすると、女2男4または女4男2なんて組み合わせの回ができてしまうこともあるそうです。
これはもう運なのでなんとも言いようがありません。私の場合、女2男4のパターン回が1度あったんですが、いやあれまじで気分よかった。

 そんな回にあたってしまった男性陣には悪いのですが、男ばかりよりは女がいてくれた方がいいに決まっていますので男性陣とても優しいです。
「もしかして理系とか高専の女子ってずっとこういう環境だったの?」という疑似姫体験ができます。
2対2よりも落ち着いて話はできないので本来の意味であればよくないのかもしれないですが、ずっと共学・文系の女余りの学生生活を送ってきた私にはなににも代えがたき体験でした。

賢者タイムを乗り切れ!鉄は熱いうちに 打つんだ、ジョー!!

 そんなこんなで、ホクホクと初めての街コンを終え、何人かと「今日はありがとうございました」のやりとりもでき、あまつさえひとりとは「また飲みましょうー!」的なやりとりさえして、一緒に参加した友人とも「まともな人ばかりだった!豊作だ!○○さんとかよかったよね~」と大いに盛り上がったのですが、数時間、超絶不思議な現象に襲われました。
賢者タイム突入です。
普段しないような活発な人類とのコミュニケーションで精神がハイになっていたものが普段のテンションに戻った結果、ふり幅が大きいこともあり「あの出来事はなんだったんだろうか…?」という普段よりも強いクールな自分が登場。
これはもっとも注意すべき点かもしれません。せっかくの!出会いを!!台無しにするのは!!!いつも自分です!!!!

 これは全く同じことが相手にも起こっている可能性が高いので、特に街コンで出会った人の中でいいなと思う人がいたら「いやでもー向こうから連絡こないならこっちからしなくっても……」とか寝ぼけたことを言っている暇はありません。
自分からすぐに連絡をとりましょう。とにかく鉄が熱いうちに、打つべし!打つべし!!打つべし!!!です。

諸悪の根源「出会いがない」を解決 そう、街コンならね

 「出会いがない」というのはとにかくたくさん聞かれる言葉ですが、本当に驚くほどないですよね。
社会人はクラス替えとかねーし!そもそも未婚男性が片手で足りるほどしかいねーわ!根本的な問題はすべてここな気もします。
街コンがそれをこんなに一気に解決できるものとは思いませんでした。
完全に「そう、街コンならね」状態です。

 この人だ!という人が見つからなかったとしても、その人を介して「また飲みましょう♪」→合コンへ、という広がりにもとても自然にもっていけます。
もっと極端な話、例えそのあとになにもつながらなかったとしても、これだけ一気に異性とコミュニケーションをとった、ということ自体がプライスレスです。
「出会いがないわー」からの12人連絡先ゲットって、伸び幅大きすぎるじゃないですか。

 以前、婚活サイトyoubrideさんを紹介させて頂きましたが、あれが異性とのコミュニケーションリハビリの第1段階だとしたら、街コンは第2段階のような感じです。
異性とのネットを介したやりとりで感覚を取り戻したものの、いきなり1対1のデートはハードルが高い…というあなた。
街コンで実際に面と向かって男性とやりとりをしてみるのもいいと思います。
私はこのステップがかなりしっくりきました。
先に述べたように一組20分なのでそれほど無理もないし。まともなやりとり可能です!!!

 そんな街コンで、2014年最後の悪あがきをしてみませんか!!
「出会いがないわー」と言っている間はなにもありませんよ!!(ああ心が痛い!)

今回利用したミクシィグループの街コンブランド『えくる』はこちら!

Text/山田コツボネ子


今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら