• love
  • 2015.09.17

好きな彼と話が続かない!「男に楽しく話をさせる」簡単な方法/山田玲司の男子更衣室

全く会話が続かないし、一緒にいても楽しくない…そんな男への対処法とは?「否定せずに、相手の好きなものの話を聞いていくだけ」、男は単純な生き物なので、これだけできれば大丈夫です。

 にゃにゃーん。秋の気配だにゃーん。大雨だの噴火だの大騒ぎだけど、そちらはどうですか?

 僕の方はいよいよ今週18日に新作漫画「スーパースーパーブルーハーツ」が発売になるので、ドキドキだにゃーん。

 あ、実はこの漫画は「もう死にたい」って思っている女の子、男の子のために描いた漫画で、この男子更衣室と同じ想いで描いたものです。

 ブラックジャックは「心の傷」は治せないけど、それを専門にした「心のブラックジャック」が主人公の漫画です。

 重いテーマだけど、笑える漫画になってますので、お嬢さんこちらも1つよろしくね。

 では、今週も相談に答えるにゃーん。

彼との会話が成り立たない…
(Luka・35歳・千葉)

Q.
 玲司さんの記事冒頭の歌謡曲に説明なしで反応してしまった35歳ロンリー姉さんです。
結論から申しますと最近知り合った5歳年上の彼と会話が続かないのが悩みです。会社の飲み会で知り合い、分かりやすいアプローチを受けそこからほぼ毎日LINEでのやり取りをしており(すべて彼発信)3回ほど2人だけでお出かけもしました。
LINEやメールは、考え推敲できるからか、私の質問にも答えてくれ会話が成り立っているのですが、いざ会うとどうにも会話が弾むとはいい難い感じになります。

 過去のデート(?)は、行きたい所には連れて行ってくれ、どこにも行くところが無い場合、彼のテリトリー的なお店を練り歩く感じでした(家電量販店、高級時計店、ブランドショップなど)。
先日、花火大会に行った際に花火待ちの時間の最中「耐えられない」(沈黙に?会話ができない、したくないから?待つのがいや?)と言いあっちへこっちへうろうろしひたすら場所取り留守番でその日は実のある会話ができませんでした。

 歴代の彼氏で会話が続かない、手を出して来ない人がいなかったため扱いに困っております。私も相手の空気を読みすぎてしまうため、どこまで聞いていいのか、どこまで行動していいのか気を遣いすぎて沈黙が多くなります。専門職で男社会で40歳まで来た為なのか…もっと仲良くなりたい!ので、玲司さんのうぬぼれないでお嬢さん的な金言をいただけますとうれしいです!

山田玲司 恋愛相談 男の本音
©山田玲司

A.
 へいへーい。彼の好みに合わせて家電量販店でデートかあ…偉いなあ。
僕の世代(バブル期)の女子にそんな事したら怒って帰っちゃってたもんね。

 そもそも黙ってても許されるのは相当なイケメンだけですからね。(世代関係なく)
「話が盛り上がらなくても会いたい」って言うのは、彼に何か魅力を感じているんでしょうね。

 ではさっそく「話が続かない男」の原因をいくつか解説しますね。

・接触のチャンスをうかがっていてテンパッている
・何を話したらいいかわからない
・つまらない話をして嫌われるのが怖い
・別の問題を抱えているけど話せるような内容ではない
・女が怖い
・単に疲れている
・カッコつけてる

 と、このあたりの原因は案外多いです。
トークのスキルがまだまだで、人と会話をする事自体が苦手な人も多いので、こういうタイプは全然可愛いものです。慣れてくれば「本来の自分」を出してきて、会話が盛り上がってくることもありますからね。

でも問題はこういうタイプです。

・他人に興味がない
・人を基本的にバカにしている
・話をするのがめんどくさい
・物事をあまり考えていない
・でも「すること」はしたい

 嫌になりますね。でも「ちょっといい感じに見えても話が盛り上がらない男」ってのにはこういうタイプもいるのです。

 話が盛り上がらない理由が前者か後者かは、基本的に「自分の話」ばかりする人かどうかで判断していいでしょう。
自分の話をした後に「で、君はどう思う?」と聞いてくる人ならまだ大丈夫です。

「自分の話したいことを聞いてもらえない」いつも評価におびえる男性

 基本的に話をするのが嫌いな人ってのはあまりいません。
男の多くも話をしたい人間ばかりです。じゃあ何で会話が止まるの?と言えば、理由は2つあります。
1つは、プレッシャー。もう1つは「自分の話したいことを聞いてもらえない」という理由です。

 男はプライドの生き物なので「こんな事を言ったら馬鹿にされる」と、いつも女の評価におびえて生きています。
また、「こんな(難しい)事を話してもどうせわかんねえし」と、上から目線であきらめている事もあるのです。
これはかつて「あんたの言ってる事って意味分かんない」とか「理屈ばっかりで面白くないよね」とか、キツいやつを女子からくらった男に多い症例です。

 自分の大好きな事を女の子にわかって欲しくて、必死に伝えたけど一蹴された経験は、多くの男が持っているものです。時に技術系の人には多い経験でしょう。

 つまり、男達は「話したいことは沢山あるけど聞いてもらえない状態」なのです。

 会話ができる男は、最初に女の子が満足するまで話を聞いてあげて、相手が「それで君はどう思う?」と聞いてくるまで自分の話をほとんどしません。
逆に会話できない(モテない星人)は、自分の話ばかりして相手の話を聞かないか、もしくは相手が聞いてくれるのをただ待っているのです。

「男に楽しく話をさせる方法」はものすごーーーーく簡単です。
否定せずに、相手の好きなものの話を聞いていくだけでいいのです。
何度か書きましたけど「彼が中学、高校時代にハマったものの話」が鉄板です。
彼が今まさにハマっているものがあればもっといいでしょう。
好きなミュージシャンに、サッカーだのバイクだの、漫画やアニメも鉄板です。
「1番ハマった漫画って何?」とか「お勧めの本ある?」とか「何回も観たい映画は?」とか聞いたら完璧です。
それについて知らなくても大丈夫です。必殺の上目遣いで「教えて」とか言えば勝利は確定です。
ついでに言うと、ただ関心するだけではなくて、疑問や反論を10%くらい入れると最高に盛り上がります。
「どう思った?」っていう質問も効きます。
「最初はどう思った?」「その時どう思った?」「今はどう思う?」とか、折々の感情を聞くことは、相手の心を開くものなんですよね。

 そんなこんなで、楽しく話を聞いてあげたら「彼そのもの」が垣間見えてくるでしょう。
それで、もっと好きになったら続ければいいし、失望したら別れればいいんです。

「私の話も聞いて欲しい」ですか?
大丈夫です。ほとんどの男が、聞いて貰えたら聞いてくれるものです。それができないベイビーだったらそこでサヨナラでいいですよ。男も学びますからね。

Text/山田玲司

ライタープロフィール

山田玲司
マンガ家。インタビューマンガから新書まで幅広く手掛ける。

今月の特集

AMのこぼれ話