• love
  • 2015.09.03

好きな子とのセックスほど、緊張して勃たないって本当?/山田玲司の男子更衣室

好きなこの前だと緊張して上手く話せない…。それと同じで、好きなこの前だと緊張して上手く勃たせられない…なんてこともあるのです。そんな彼を前にして、女の子たちにできることって何があるのでしょうか。

 こんにちは。秋ですね。愛は元気ですか?山田玲司です。
愛を信じて生きてますか?愛ってマッドですよね。夏はマッドがマックスですよね。
何言ってるんでしょう。秋の到来が受け入れられないんですよね。
本当にどうしてこうも季節は一瞬で過ぎてしまうんでしょうね。

 この秋はこの連載の書籍版が出るので、書店さんめぐりに行こうと思ってます。
僕に「来いよ」と言う書店さんは連絡下さいね!サインとかポップとか書きますね。

 タイトルは「おそらく彼は「もう1度話し合おう(涙)」と来ます。でも実は「しばらくほっておいたら、どうにかなるだろ」と思っています。」
~山田玲司の男子更衣室~」です。

9月28日発売です。Amazonで予約とか、よろしくお願いします!

 いえーい!どうしよう。もうこの連載初めて1周年だよ、チワワちゃん。
俺達、付き合って1年だぜ。俺を捨てないでくれてマジ感謝だぜ。

 今週もいくぜ!そうだよ、どうせ残暑とか来るんだろ!抱いてやるぜ!残暑!うりゃー!

挿入の段階になると入らない彼
(まぁ・26歳・大阪)

Q.
 はじめまして。 いつも記事、楽しみにしています。こんなこと誰に相談したらいいのかわからず、困っているので玲司さんに相談させてください。

 私には今順調にお付き合いして6ヶ月ほどの彼氏がいます。ただ、セックスに関して悩みがあります。良い雰囲気でいれるところまでいくのですが、挿入の段階になって入らないと言われて最後までできません。彼曰く、(私は)すごく魅力的だけれど、本当に好きな子とするときは緊張してしまって時間がかかるとのこと。

 最初はさみしいけれど「そうなんだ……」と時間が解決してくれると思っていました。ただ6ヶ月もたって今だにとなると、私にも原因があるのかなと思います。(しまっていて入れずらいとは言われたことあります…)

 セックスが理由で別れるとかは嫌なので何とかしたいです。私にできること何かありますかー?時が解決してくれると思って気にしすぎず待ってた方がいいのでしょうか?アドバイスください!!

山田玲司 恋愛相談 男の本音
©山田玲司

A.
 いいですね。こういうセクシーなお悩み。ネームで疲れた時にはありがたいですね。
しかも誰にも相談できない事を相談してもらえるのって嬉しいよね。ビール飲んじゃおうかな。

 実はこの答えって、彼がすでに言ってるんだよね。
「本当に好きな子とする時は緊張してしまって時間がかかる」って言ってますからね。
間接的に「俺はモテるから、どうでもいい女とならガンガンやっちゃうけどね」みたいなアピールも入ってるしね。可愛いねー。

 でも問題は「私を好きなのは分かったけど、もう6ヶ月も経つんですけど、まだですか?」ってことですよね。

 ここで、肝心の時に彼が使い物にならなくなるから「女がやってはいけないこと」を書いておきます。

 EDを呼ぶ「女がしてはいけないこと」ベスト3

1、<プレッシャーをかける言動>
「失敗したらバカにされる」と思わせたらもう終わりです。

2、<ジャッジしている感>
「過去の男と比べられている」と思わせたらもう終わりです。

3、<マグロ女>
「これって男としての試験だな」と思わせたらもう終わりです。

 はい。めんどくさいですね。これが男です。

 女の人に「こいつたいしたことないじゃん」と思われたら男は死ぬのです。
そして、こういう「威圧と裁判と要求」を匂わせる女の人から男は逃げていくのです。
「SEXレス」になるのも同じような原因が多いと思います。結婚してるから、とか、同棲してるから、とかの理由で「抱くのが当然でしょ?」となると、それは即「威圧」に感じ取られます。
ここが肝心なんですけど、要は「ロマン」が消えるのです。

「いいから抱けよ!」というのもわかるし、男の方も抱くところまではいくのですが、本心と直結した「男の分身」は立たないのです。「本心が立ってない」からね。(笑)

繊細少年も褒めて立てればヒーローに!

 基本的に男は「僕ってすごいんだぞ」って顔してますけど、中身は女の人が想像している以上に、いつまでたっても「ガラスの10代」です。
なので、彼のように「付き合いは上手くいっても、肝心の時に使い物にならない」という男ってのは実は多いのです。
「繊細な男ってめんどくさい!」と思うかもしれませんが、その逆は「デリカシーのない男」なので、こっちよりはるかにいいです。
自信満々で、アレが使い物になっても、そういうデリカシーのない男は「切れてDV」とか「あちこちでワンチャン」とか、バカな事しがちなので、男は「繊細」くらいがお勧めなんです。

「でも、立たないんじゃ意味ない!」ですか?
はいはい。大丈夫です。初めは繊細少年の男も、褒めて育てると、なかなかの「ヒーロー」になっていったりするものです。
そもそも男は「女の人に凄いと言ってもらうために生きている生き物」です。
なので、プレッシャーを減らして、少しの成功を大げさに褒めていけば、バカみたいにその気になります。

具体的な作戦を紹介します

 では、具体的な作戦を紹介しましょう。
基本は部屋を暗くすることです。見られてる感じが強いと彼はジャッジを恐れて、本来の力がでなくなります。
「この人に試されてる」「見られてる」という男の不安を消すために、「女が目隠しする」という方法もお勧めです。
なんならヘッドホンもして、彼にすべてを委ねる「ラブドールプレイ」をするのもいいでしょう。
彼に好きなようにさせる「お人形さんごっこ」です。変態です。
「そんなの自分がモノみたいで嫌!」と思うならお勧めできませんけど、あくまで、彼の緊張を解くステップとして、寛容な気持ちで「ドールプレイ」を楽しんでみるのもいいと思いますよ。

もう1つは彼に目隠ししてマグロにして、貴方が彼を(ドールとして)楽しむのも効果があると思います。こういうの大好きな男、多すぎます(笑)。

 怯えた男を愛する基本は「撫でる」「褒める」「可愛がる」の3つです。
男はピチューです。でも上手く育てるとライチューになって、素敵な電撃魔法で天国に連れて行ってくれることもあります。
いっぱい楽しんでね!

Text/山田玲司

ライタープロフィール

山田玲司
マンガ家。インタビューマンガから新書まで幅広く手掛ける。

今月の特集

AMのこぼれ話