• love
  • 2015.04.01

普通の態度がモテる!いい恋のための「男に慣れる方法」/山田玲司の男子更衣室

今まで彼氏がいたことのない女性が男に慣れて、彼氏を見つける方法は?男の人と何を話せば仲良くなれるか?などなど、今回も男の本音が丸裸!今回は、春にちなんだ女性の悩みに山田玲司さんがお答えします!

 どうした?
春なのに寒い?
しょうがねえな。暖めてやっから手だしてみ。ほら。手先、超冷てえじゃん。
つか。お前、可愛い手してんな。つか、お前さ、寒いのは心だろ?
こんにちは山田玲司です。
いいかげんぶっとばしたい?ですよね。はちみつ塗ってカブトムシ小屋に監禁したい?
ですよね。しばらく「オラオラ」は控えます。ちょっとした「春のノイローゼ」です。

 僕がおかしくなってると、チワワちゃんの相談の中にも「いい感じにファンキーなメール」が混ざってきてまして、「山田玲司を落とすにはどうしたらいいのでしょうか?」なんて、素敵なヤツも頂いております。ありがたいですね。ここが「調子に乗ってはいけないポイント」ですね。
もちろん「春のノイローゼ」に感染した「いかれた相談」も大好物なので、ガンガン送って下さい。いかれてなんぼの人生です。

 それから、ここの相談の回答がきっかけで「出産する決心」をされた方からのメールも頂いてます。
「彼と2人でワクワクしながら赤ちゃんを待ってる」そうで、良かったです。嬉しいです。
今も(日曜日の夕方)みかん食べながら1人でこれを書いてるんだけど、やってて良かったです。

 今週はバラエティー豊かな相談が多くて迷いまくったんだけど、春だし!恋とか始めて欲しいし!この質問に答えさせてもらいます!

彼氏がいたことのない私が恋をするには?
(ぽんちゃん 23歳 兵庫県)

Q.
 山田先生へ。
いつも楽しみに連載読んでます。実は高校生の時に先生の著書『非属の才能』に出会って、本当に命を救われました。今でも大切な本です。

 そんな先生に恋愛相談できるなんて!もう何ヶ月かメールするか迷いましたが思い切ってしてみます。

 私は今23歳でまだ学生をやっています。なのに今まで彼氏がいたことはありません。
物心着いた頃から男性が苦手で…父親のことがすごく苦手なこともあり、男性とどう接していいのか分かりません。おまけに幼少の頃から親に押し付けられた宗教のせいで「結婚するまでエッチはしちゃダメ」という呪縛まであります。(その宗教とは今はちゃんと距離を置いてます)

 思い返せば中学生の時に人生初の一目惚れをしたは良いものの、重い性格のせいか年上の彼への初恋は木っ端微塵に吹き飛んでしまい、それ以来「こんな自分を好きになってくれる男性はいない」と思うようになりました。
容姿にもぽっちゃりな体型にも自信なんて全くないし、通っている大学のチャラチャラした男性を見るだけで固まってしまいます。
でも恋はしてみたい!
こんな私にアドバイスをぜひいただきたいです。

 あ、今度先生にファンレター書きますね。

山田玲司 恋愛相談 彼氏 セックス ベッド
©山田玲司

A.
 ありがとうございます。
なんか嬉しいから、今週は男が苦手なドキドキチワワちゃんが恋を始める方法についてお答えしますね。

 まず知って欲しいのは男も女と同じ「人間」だということです。
異性として(恋愛対象として)意識しすぎると、ちょっとしたことも「愛の戦い」になって大変です。
女と見ると(異性として)意識しすぎて挙動不審になる男も多いのですが、こういう男子はモテませんよね。相手が可愛くても、セクシーな服着てても「普通の態度」ができる男がモテますよね。
そこは女の人も同じで、男に対して普通で、公平な態度で接してくる女の人に男は好感を持つものです。

 なので、最初に「男に慣れる方法」をお伝えしますね。
使える作戦があったら実行してみて下さい。

 男に慣れるためにはまず「気楽に話ができる男友達」を増やすことです。

 まずは全ての男性を「恋人候補」から外してみて下さい。
いい男を探すあまり、男は「彼氏」か「セフレ」だけ、「あとは虫!」みたいなお嬢さんもいます。
このパターンで「結婚相手以外はすべて虫!」とか、その延長で「ハイスペック男子以外は全部虫!」みたいな人もいます。

 もちろん「イケメン」はいいし、ハイスペックであるかも重要なのはわかります。
でも、その視点で人を見ていると世界からどんどん「人間」が消えて「虫ばかり」になってしまいます。昆虫王国です。
あ、ぽんちゃんはこういうタイプではないですね。

 初めから「この人とつきあうかも」と考えてしまうと固まってしまうので、それは一旦置いておいて、「ただの人間」として仲良くなろう、という話です。
自分の兄とか弟、既婚のいとことか、80歳のおじいちゃんだと思って(つきあう可能性はなし、という設定で)5人くらい「普通に連絡をとれる男友達」を作るのです。

 大事なのは「見た目」より「優しいかどうか」で男友達を選ぶことです。

「チャラ男」や「おしゃれ男子」など、モテそうな男に声をかけると、あいつらはひどい事を平気で言ってくる可能性があります。
(ちなみに「かっこつけ男」が女の子にひどい事を言うのは「女という生き物」に向かって言っているだけなので、「自分が否定された」とか考えなくてもいいです)

 とにかく「嫌な思い」をするとまた固まってしまうので、地味で普通の男子(アニメ見てそうな)と友達になるのがお勧めです。

男の人と何を話せば仲良くなれるか?

 話を盛り上げるのは簡単です。「中学、高校の時にハマっていたモノ(もしくは今ハマっているモノ)の話」を聞けばいいだけです。
それが自分の興味のないモノでも、否定せずに「へー、すごーい」「教えてー」という「鉄板レシーブ」かましてれば「男友達」なんかいくらでもできます。
「じゃあ私がそれをやるとしたらオススメは?」なんて言っていればいいのです。
「男友達ウインブルドンセンターコート入り」です。

 自分の話はほとんどしなくてもいいです。特に「自分の暗黒面」は隠し通しましょう。
「暗黒面」は女子会で見せるものです。男たちには、ニコニコして質問を一杯してみましょう。そこから始めるのです。

 その男友達の中から「俺とつきあってよ」みたいなのが出てくることもあります。
「それは困ります、断る方法が・・」とか難しく考えなくても大丈夫です。
まずは「やった・・私、モテた・・」と、自信にして下さい。大丈夫、無理につき合わなくても「友達としてしか思えないの。ごめんね」とか言えば、ほとんどの男は撤退します。

「付き合うまではいかないけど友達」という男は、男に慣れてない女の子には「余裕」や「情報」をくれるし、「新たな出会い」も期待できます。
できれば何種類かのコミュに男友達がいれば、色々楽しくなりますよ。

 そうやって男に慣れてきたら、次は「異性としても」見るようにしたらいいんです。(好きになったら勝手にそうなっちゃうけどね)

容姿に自信がなくても大丈夫

「容姿に自信がない」というのも心配いりません。
もちろん「綺麗な女」は、いいに決まってますけど、女を容姿でしか見ない男ってのは「ワンチャン目的のチャラ男」や「女を知らないドーテー男」や「絶賛セフレ(のみ)募集中男」など浅い人間が多いのです。

 容姿は人間の魅力の1項目に過ぎません。

 見た目の良さを台無しにする「性格の悪さ」もあるし、見た目の悪さを帳消しにする「性格の良さ」もあるでしょう。
まともな男であれば、そのあたりのバランスを見て「総合評価」で女の人を見ています。
おまけに、当人にとっては「コンプレックッス」である要素(背が高いとか、声が低いとか)が、男にとっては「大きな魅力」だったりすることも多いのです。

「モテない女は罪である」で強調した話ですが、男は「荷物の重い女」が苦手です。
これは「自分の問題」という「荷物」です。男も「自分の問題」で必死なので、「私を救って」といきなり重い問題をぶつけると男が逃げていくのです。

「自分を好きになってくれる男性はいない」という気持ちは、ある種の「荷物」です。その言葉は常に「そんなことないよ」というセリフを要求してきます。
「どうせ僕なんか」とか年中言っている男が、うっとおしいように、「マイナスの自分評価」は相手に「重い負担」を与えてしまいます。

 でもその気持ちもわかるのです。

「苦手なお父さん」と「押しつけの宗教」ですもんね・・そりゃ重くもなります・・。
親に毒も盛らずに学校に行ってるだけで十分立派です!
まずはそんな自分を誇って下さい。自分の良い所を20個書きだして壁に貼って下さい。
誰かに褒められた時の言葉も追加しちゃって下さい。
大丈夫です。好きになってくれる人はいます。
それを疑うことだけは今この瞬間に止めましょう。

自分設定を「素敵な女」にする

「好きになってもらえない、なんて事は絶対にない!」
「むしろ私が愛してやる!」
「私と付き合うと最高だよっ!」
なんて「自分設定」をどんどん「素敵な感じ」に設定し直してみて下さい。

「でも、本当の私はそんなんじゃないです」ですか?わかります。僕も笑えない日が一杯あります。

 でも外に出たら服を着るように「明るい自分」を演じるしかないんです。

 そしてわかってくれる人が現れた時、初めて「実は私、自信がなかったの」って自分の気持ちを話せばいいんです。

 とりあえず、その日までの日々も人生ですからね。楽しんでね!
男友達100人作ってね!

Text/山田玲司

山田玲司さんに恋愛相談したい方、絶賛募集中です!

ライタープロフィール

山田玲司
マンガ家。インタビューマンガから新書まで幅広く手掛ける。

今月の特集

AMのこぼれ話