• love
  • 2016.11.30

アドバイスを実践して成功率が超UP!しかし新たな課題も/東大卒女子に再びカウンセリング①

以前、アルテイシアさんに婚活の相談をした東大卒女子のAさん。半年以上経ち、現状報告しにやってきました。アルテイシアさんのアドバイスに従った彼女は、婚活の成功率が上がっていて…? Aさんが見出した4つの要因は、婚活でつまずく全ての女性必見の内容です!

 以前、婚活カウンセリングに登場してくれた、東大卒女子のAさん(30歳、婚活歴5年)

 その後もメールでアドバイスを続けていたのですが、「成功率が超UPしました!」という報告を聞きつつ、再カウンセリングしてきました。

「ほぼ断られなくなったんです!」

恋愛デスマッチ アルテイシア

A:今、結婚相談所で活動してるんですが、アルさんにメールで「申し込みの段階で半分以上お断りされる」と相談したらアドバイスをいただいて。その内容に変えてみたら、ほぼ断られなくなったんです!

アル:おおスゲーな!

 前回、Aさんから相談を受けて、写真と自己紹介文を変えることを提案。

提案①
現在の写真(上目づかい&ピンクの背景)は気合入りすぎな印象で「実物はだいぶ下がるんじゃ(いわゆるパネマジ)」と邪推される。もう1枚のナチュラルな写真(正面目線&白い背景)に変えてみよう。
提案②
現在の紹介文「いつも前向きで頑張りやさんと言われます」「楽しくおしゃべりできる関係が理想です」を「ニコニコと笑顔で話しやすいと言われます」「漫画やアニメや歴史小説も好きです」に変えてみよう。

A:写真についてはアルさんと全く同意見だったんですが、相談所のアドバイザーさんに「これが一番男性受けする」と勧められたんですよ。でも実際はナチュラルな方がよかったみたいです。

アル:前の写真は「結婚してください!!」って全力で媚びてる感じがしたよ。

A:ですよねえ…。紹介文も前の文章はアドバイザーさんが考えたんですけど、変えた方が全然よかったです。「紹介文を読んで、話しやすそうな人だと思った」と言われました。
あと漫画・アニメ・歴史は、すっごい食いつきがよかったです!「どういうのが好きなんですか?」と皆さんお返事をくれました。

アル:結婚相談所に登録してるのは、女慣れしてないオクテ男子が多いから「初対面でも話しやすそうな女子」に会いたいと思うのよ。
それにウェイ系や体育会ノリじゃない、マジメな文化系とか、オタク要素のある人が多いよね。

A:「エヴァの話ができるなんて楽しい!」って大好評でした(笑)。いかにもオタクって感じじゃないけど、漫画やゲームが好きな人は多いですよね。私は大学時代の友人にいかにもオタクがいっぱいいるので、それでも平気ですけど(笑)。

アル:遊んでない独身のエリートはほぼオタクだよね(笑)。
漫画とかゲームが好きな女子は、そこを出してった方がいいと思う。そもそも婚活の会話って、あたりさわりなくてつまんないでしょ。「休みの日は何してるんですか?」とか。そこでカフェ巡りとかヨガとか言われても、男子は話せないんだよ。

A:私もカヲルくんの話とかできて楽しかったです!

8割が二回目に繋がるようになった要因

恋愛デスマッチ アルテイシア
『赤毛のアン よい子とママのアニメ絵本』

A:前回のカウンセリングのアドバイスを実践したら、今まで二回目に繋がるのは半分ぐらいだったのが、8割以上に上がったんです。
しかも私、少し前に30歳になったんですよ。29歳の時より成功率が上がるってすごい!と驚きました。

アル:わーなんかサクラみたい(笑)

A:サクラじゃないですよ(笑)。その要因は大きく4つだと思うので、まとめてきたんですが(スマホのメモを見る)

アル:すばらしいね~仕事ができる感じだわ~。

A:1つめは、自分で言うのも大変恐縮ですが「可愛くなったね」とよく言われるようになりました。
アルさんに「厚生労働省の役人みたいだから、見た目にゆるふわ感を足そう」とアドバイスいただいて、ファッションを研究してメイクレッスンにも行きました。

アル:スゲーがんばりやさんだなあ。でもほんと可愛くなったよ。

A:ほんとですか?ありがとうございます!
あと「ドジっ子エピソードを話そう」もすごく良かったと思います。「しょっちゅうエレベーターに挟まるんですよ」とか言うと笑いもとれるし、盛り上がりましたし。

アル:壁がなくなって、気持ちの距離が縮まるよね。

A:お堅そうでスキがないイメージを払しょくできたんだと思います。「そういう話を聞けて良かったです。じゃないとAさんは完璧すぎちゃって近寄りがたいです」とか言われました。

アル:だってAさん、政党の党首になれそうだもん。

A:立候補の予定はないんですが(笑)。
それと3つめは「物理的な距離を縮める」。これもすごく効果的でした。歩いてる時に距離を縮めるだけで、相手の反応が変わりましたね。

アル:あと、袖とかね。

A:そで?

アル:ベタな少女漫画的だけど、「ちょっと待って」みたいな感じで袖をつかむと、男はドキッとするよ。

A:なるほど、袖をつかむならできます。腕をつかむよりはハードルが低いです。肉体じゃなく衣服ですから。

アル:Aさんはしょっちゅう階段から落ちる人だし、段差とかでつかむといいね。

A:あと、4つめは「ジャッジメンタルにならない」
これが自分では一番難しかったけど、かなり改善できたと思います。 「デートだと思って楽しもう」「相手のいい部分を見つけよう」という姿勢に変えることで、相手の反応も変わりました。男性もリラックスして楽しんでる感じで…前の私はやっぱり面接官みたいに接してたんですね。

アル:男は女が楽しんでくれることが何よりの喜びだから。

A:相手に断られる率も下がりましたし、自分が断る率も下がりました。
前は「Aの部分は良いけど、Bの部分がイマイチだな」と切ってしまったけど、「Bの部分はイマイチだけど、Aの部分は良いよね」と考えられるようになったので。

アル:そうそう、だって短時間ではわからないし。女友達だって、初対面で「今日から腹心の友よ、ダイアナ!」「がってん承知よ、アン!」となるわけじゃなく、結果的に親友になってるものでしょ。

A:お互い、そんなすぐに素をさらけ出さないですもんね。私も「三回は会ってみよう」「それでもっとよく相手を知ろう」と思うようになりました。

しかし新たな課題も

恋愛デスマッチ アルテイシア
『この一冊ですべてがわかる!家事きほん新事典』

A:アルさんの『男は言葉が不自由ぐらいに思った方がいい』というアドバイスが大きかったです。そのおかげで、言葉尻で切らなくなりました。前は「自分も家事を手伝う」とか言われると「手伝うって何それ?」と思ったけど、べつに悪気なく言ってるんだなって。

アル:そうそう。「家事は女がメインで男はサブ」と思ってるわけじゃなく、大抵はただ「手伝う」って言葉を使ってるだけなのよ。些細な一言で「この人はこんな人かも」と妄想を膨らまさない方がいいよ。逆の立場だったら「よく知らないくせに勝手に決めつけるなよ」と思うしさ。

A:確かにそうなんですよね。結婚相談所に登録してみて、思ったより保守的じゃない男性も多いなと感じました。「共働きで家事も分担したい」という人も多いし。

ただ、アドバイザーさんが保守的なんですよ…。
「男の人は家に帰ったら何もしたくないんだから『家事分担希望』とか書いちゃダメ」とか言われて、げんなりしました。モテを目指すのは一理あるとはいえ、結婚で大事なのはマッチングだと思うのですが。

アル:アドバイザーは成婚率を上げるのが目標だから、「とにかく結婚させればいい」と思ってて「どんな結婚生活を送りたいか」までは考えてないかもね。でも、結婚生活は50年も続くわけだから。

A:アルさんがアドバイザーをされたらいいのに(笑)。

アル:物書きで食えなくなったら転職するわ!
とはいえ、相談所に登録してよかったんじゃない?10万以上かけるわけだから、男性側も真剣度が高いし。
世の中には、ぱぷりこちゃんの本に出てくる「セフレ牧場経営者」や「恋心の搾取地主」がウヨウヨいるからさ。都合よくセックスや恋愛だけを楽しみたい男は排除されるから、その点は安心だよね。

A:そうですね、真剣度はすごく高いです。アプリ系は出会いを増やしたいだけみたいな人もいたけど、相談所は結婚に対するモチベーションが高いです。ちょっと高すぎる男性もいますけど(笑)。「20代のうちに結婚して子どもがほしいんで、3ヶ月以内に結婚したいです!!」みたいな。

アル:思ってても言わなきゃいいのに。

A:ほんとですね(笑)。
私は結婚相手を探してるので、相談所に登録してよかったです。お陰さまで男性からの申し込みも増えて、今やもう管理できない状態になってますが。
(スマホのエクセル表を見せてくれる)

アル:ちゃんとヨミ表で管理してるのか(笑)。

A:土曜日なんか、12時・3時・6時で3人に会うスケジュールとか。

アル:大変だなあ…!!あんまり頑張りすぎると過労死するから、たまには休憩しながら続けてね。

A:はい!以前の私は独身のまま30歳になることが恐ろしくてたまらなくて「休んでるヒマなんかない」と思ってましたけど。アルさんのカウンセリングを受けて、とても前向きに独身彼氏ナシの30歳を迎えることができました。今は「三十代独身女コンプレックス商法に乗せられない」を格言として胸に刻んでおります。

アル:Aさんはアドバイスを素直に聞ける人だし、それを実践する行動力もあるし、絶対いい人に出会えると思うよ。

A:そう願ってるんですが、また新たな課題も見つかって。
私にとって「男尊女卑じゃない、リベラルな人」は絶対譲れない条件で、だったらこだわった方がいいとアルさんにも言われましたが、私の求めるレベルは一般とは違うようなんです。
世間の女性の求める男女平等レベルより、私の求めるレベルはさらに高いみたいで…。

――次回「男尊女卑アレルギー問題」に深く切り込みます!

Text/アルテイシア

姉妹サイトTOFUFUでも連載中!

アルテイシア 59番目のマリアージュ TOFUFU

 アルテイシアさんのデビュー作『59番目のプロポーズ』で結婚した“59番”さんとの結婚生活を綴ったコラム。
笑いのたえないアルテイシアさん夫婦の日常をどうぞ♪

書籍発売中!

オクテ女子のための恋愛基礎講座 アルテイシア
『オクテ女子のための恋愛基礎講座』/著:アルテイシア/出版社:幻冬舎

新刊『オクテ女子のための恋愛基礎講座』発売中
自信がない・出会いがない・付き合えない・好きにならない・もう若くない・幸せな恋ができない・SEXしたことがない・女らしくできない・結婚できない…そんな悩みを解決する一冊♪

ライタープロフィール

アルテイシア
作家。

今月の特集

AMのこぼれ話