• love
  • 2016.11.16

妥協・花びら占い・ひとり相撲はNG!/闇落ちした元オクテ喪女に婚活カウンセリング②

恋愛の泥沼にハマリ、婚活も迷走中の元オクテ喪女にアルテイシアさんが斬り込みます。射精してスポッと抜いた瞬間「帰って」と言われた「スポッ事件」を経て恋愛から遠ざかっていたKさん、最近2つの出会いがありました。けれどKさんは恋愛ではひとり相撲をしがち。そんな彼女が進むべき道をアルテイシアさんが示します!

 元オクテ喪女がセフレ沼にハマって闇落ち。衝撃的な事件によって目が覚めるも、婚活は迷走中。 そんな現状を何とかしたい!とメールをくれた、読者のKさん(29歳会社員)に婚活カウンセリングしてきました。

 前回とあわせてどうぞ。

「妥協」という言葉は失礼

恋愛デスマッチ アルテイシア
by Kristina Paukshtite

K:アルさんの「50年暮らす相手なんだから、こだわって当然」「妥協して結婚して不幸になっても誰も責任とってくれない」という言葉が胸に染みました。「結婚には妥協が必要」と言ってくる人が多いんで。

アル:そんな意見は信じない方がいいよ。そもそも一生を共にするパートナーに「妥協」という言葉を使うのが失礼でしょ。もし夫が自分に対して「妥協して結婚した」と思ってたらどうする?

K:そんな上からな男は絶対イヤですね!

アル:だよね、そんな相手とは尊重し合う対等な関係を築けないでしょ。
「妥協」じゃなくて「自分は何を譲れて何を譲れないのか?」を明確にすることが大切。

K:私もタラレバ病にかかって「結婚しなきゃヤバい!」と焦ってたけど、一番の目標は幸せになることなんですよね。幸せな人生を一緒に作っていけるパートナーを探したい、と思いました。

アル:そう、そして幸せは人それぞれだから。100人いれば100通りの幸せがあって、「自分にとっての幸せは?」を考えることが大切。それがわかれば、譲れない点もハッキリするし。
「とにかくセックスの合う相手がいい」って人もいれば「会話の合う相手がいい」って人もいて、本当に人それぞれだから。

K:私はそこがわかってなくてブレブレでしたね…。
あと相談したいんですが、私に寄ってくる男はカスばっかりですよ、彼女持ちとか既婚者のオッサンとか。これは自分に問題があるんでしょうか?

アル:Kさんはノリがよくて愛きょうがあるからだと思う。それは「親しみやすい」「話しやすい」という長所だけど、図々しい男に「俺にもイケるかも」と思われるんだろうね。

K:そうなんです!どいつもこいつも図々しいんだ、しばくぞボケ、殺すぞハゲ!って思う。

アル:あはは(笑)。まあスキがなくて近寄れないよりはいいけど、図々しいハゲも引き寄せてしまうので、言葉でブロックするといいよ。
「真面目にお付き合いできる人を探していて、遊びの付き合いとか興味ない」とピシッと宣言しとけば、不届き者を排除できるでしょ。

K:そういうこと言うと、重い女と思われるかなって…。

アル:そこで重いと思うような奴はいらんやん。

K:たしかに!「男なんてカスばっかり」と不信感が膨らんでたけど、ちゃんと自分で排除すればいいんですね。

「結婚願望がない=ただ遊びたいだけ」の男が大半

恋愛デスマッチ アルテイシア
山本文緒『結婚願望』

K:その他に変えるべき点はありますか?

アル:うーん、Kさんのノリのよさと愛きょうは武器だけど、真面目なオクテ男子は初対面だと引いちゃうかもね。

K:引かれます!飲み会とかだと「盛り上げないと!」ってガンガン飲んではっちゃけて毒も吐きまくるので。

アル:Kさんの面白さはかけがえのない魅力だから、テンションに気をつければいいよ。
男は「面白い女」が苦手なんじゃなく「テンション高すぎる女」が苦手なのよ。だから早口でワーッと話すんじゃなく、落ち着いた口調で面白いことを言えばいい。
それに毒舌や自虐以外でも面白い話はできるから。

K:『オクテ女子のための恋愛基礎講座』にも「ブストークとミラクルワード」って書いてましたね。読み直して復習しないと…。

私の場合、飲み会とかだと素を出しすぎて引かれるけど、逆に婚活相手の前だとまったく素を出せないんですよ。「そうなんですか~」って愛されキャラを演じちゃって、素の自分と全然違うからマッチングしないんです。

アル:婚活だと思うから意識するので、相手を「取引先の人」だと思えばいいよ。取引先の人の前では「しばくぞハゲ!」とか言わないでしょ?

K:言わないですね(笑)。たしかに取引先の人だと思えば、初対面でもちょうどいい感じで話せるかも。

アル:あと過去の私もそうだったけど、初対面で飲みすぎないことよね(笑)。タガが外れてはっちゃけるし、いらんセックスもしてしまうし。

K:本当に!!闇落ちしてた頃は、飲み会で酔うたびに男とホテルに行って「ああ、またやってしまった…」みたいな。

アル:「いい汗かいたぜ!」とスッキリすればいいけど、傷つくんでしょ?

K:やっぱり私はセックスだけの女なんだ…とどんどん自信を失いました。でも「スポッ事件」で本気でこういうことはやめようと思って、しばらく何もなかったんです。
ただ、最近になって出会いが2つありまして。

アル:ほう、2つの出会いとは?

K:1人は仕事関係の人で、飲みに誘われて行ったんですけど、彼は「自分は結婚願望がない」と言ってて。

アル:本気で付き合いたい女に「結婚願望がない」と言う男は少ないよね。「結婚願望がない=ただ遊びたいだけ」という男が大半なので、用心した方がいいよ。

K:そうですよね…その時も「朝まで飲もうよ」と言われたけど「朝まではちょっと」って帰ってきました。

アル:怪しい匂いがプンプンするぜ~。

K:そんなガツガツ「ホテル行こう!」みたいな感じではなかったけど。

アル:二度目の誘いがなければ「割り切って遊べる子だと思ったけど、そうでもなかったので見切った」ってことだと思う。あとセックスは求めてこないで、都合よく恋愛気分を楽しみたいだけの男も多いから注意してね。
そのためにも「私は結婚願望があるし、真面目に結婚相手を探している」と宣言しといた方がいいよ。

花びら占いとひとり相撲は禁止

恋愛デスマッチ アルテイシア
『山と溪谷』2016年12月号

アル:もう1つの出会いは?

K:登山サークルで出会った人なんですけど、ほぼ毎日LINEしていて「次は休みいつ?」「一緒に山行こう」って誘ってくるんです。 …ただまあ、微妙かな~と思って。

アル:何が微妙なのか?

K:私も彼も平日休みだから、単に趣味仲間として誘ってるだけかなって。あと、もし付き合っても結婚はないかもな~って。

アル:いやいや、結婚はないかもとか考える段階じゃない(笑)!
その彼はどうなの?脈アリなの?そもそも彼女はいないの?

K:どうなんだろう…見た目も悪くないしコミュ力も高いし、彼女いそうですよね。

アル:いやそれは本人に確認しないと!
ほぼ毎日LINEして苦痛じゃない時点で、Kさんは彼を気に入ってるよね?だからこそ、ぬか喜びして傷つくのがイヤなんじゃないの?

K:うん…いや、その通りです。期待して裏切られるのがイヤなんですよ。

アル:彼から「付き合おう」って言われたら、付き合う?

K:付き合います!

アル:それが本心だよね。だったらまずは、情報収集&現状把握。
彼女の有無を確認したうえで、脈アリか脈ナシかを確認しよう。彼もKさんのことを好きなのか、単に趣味仲間として誘ってるのか…。

K:多分そっちだと思うんですけど…。

アル:いや、ここで「どっちやろか?」と言い合ってても意味ないから(笑)。
「好きかも…」「やっぱ好きじゃないかも…」と1人で花びら占いしたり、女友達と「それ絶対好きだって!」「そうかな~」とか言い合ってる間に、ちゃんと本人に「彼女います?」「私のことどう思ってます?」と確認する子が持っていくのよ。

K:ああああ~~!!

アル:あはは、叫んでいる(笑)。
「休日いつも山登ってるけど、彼女とかいないの?」って普通に聞けるでしょ?

K:ハイ、聞けます!

アル:「いない」って答えだったら「じゃあ気になる子とかいないの?」と聞いてみて、面と向かって「いない」と返されたら脈ナシやん(笑)?

K:そうですね(笑)

アル:曖昧な答えだったら「このサークルの中にいたりして~」とカマをかけてみて、「いやこのサークル内ではない」と言われたら脈ナシだし。「今目の前にいる」とか少女漫画的な展開になるかもしれないし。

K:いや、それはないと思う…。

アル:だから、ひとり相撲はやめよう(笑)。答えは彼本人しか知らないから。
自分がいいなと思うぐらいの男は、他の女子もいいなと思ってる可能性が高いのよ。脳内で花びら占いやひとり相撲をしている間に、職場の女子に告白されて付き合ってサクッと結婚したりするから。

K:ああああ~~!!それはイヤだ!!

アル:まず自分の気持ちをハッキリさせよう。前者の仕事関係の人に「付き合って」と言われたらどうする?

K:うーん…付き合わないですね。

アル:じゃあKさんの気持ちは「サークルの彼が好きで付き合いたい」だよね。まずはそこを整理したうえで、次の作戦を考えないと。

K:私、とっちらかってますね…。最近何もなかったから、案件があってよかった~とか思ってたけど。

アル:いや、よくない(笑)!
Kさんが欲しいのは「結婚前提に付き合える彼氏」でしょ?でも片方は遊びたいだけの可能性が高いし、もう片方はフリーかどうかもわからない。
「男っ気ゼロじゃない」と安心したい気持ちはわかるけど、その安心がマイナスにつながることは多いのよ。

不倫やセフレ状態で「何もないわけじゃないし」「全くモテないわけじゃないし」と自分を納得させる女子は多いけど、ヘタに余裕こいて無駄に時間が過ぎていくのは、むしろマイナスだよね?何もないよりも悪いし、それモテじゃなくカモだぞっていう。

K:そうだわ!!さんざんセフレ男にカモられたのに、思考が切り替わってない…。

アル:現状クリアにしていこうな!

K:私の現状は「モテないわけじゃない」と思いたいけど、本心は「自分と真剣に付き合う男なんていない」と自信がないから、期待するのが怖いんですね。だからサークルの彼に彼女がいるかも聞けなかったし、「付き合ってもうまくいかない」と勝手に決めつけてたんだなって。

アル:本心を素直に認めるのって、案外難しいからね。でも「これが欲しい」とハッキリ自覚してないとブレるし、手に入らないから。

K:それでいうと、やっぱりサークルの彼と付き合いたいです。
山に登ると人間性が見えるんですけど、彼はコツコツ努力できるし、周りに感謝もできる人だなって。だから一緒にいて楽しいし安心できるし…これが私の本心ですね。

アル:いや~それは大事にした方がいいよ。楽しくて安心できる男なんてメッチャ貴重やん?一緒にいて不快じゃない男の方が少ないんだから。

K:ですよね!大事にします!!
今日はアルさんに現状を整理してもらって、1年分の便秘が治ったぐらいスッキリしました(笑)。

アル:うむ、ウンコは出しとかんとな。ウンコを出し切ったうえで、目標に向けて作戦を立てて、ひとつずつ実行していってくださいね。


―後日、Kさんから『サークルの彼に彼女はいないと確認したので、次は一対一でデートに誘います!』と報告をもらいました。成就するようお祈りしてます!!


Text/アルテイシア

次回は…
<アドバイスを実践して成功率が超UP!しかし新たな課題も/東大卒女子に再びカウンセリング①>です。

以前、アルテイシアさんに婚活の相談をした東大卒女子のAさん。半年以上経ち、現状報告しにやってきました。アルテイシアさんのアドバイスに従った彼女は、婚活の成功率が上がっていて…? Aさんが見出した4つの要因は、婚活でつまずく全ての女性必見の内容です!

書籍発売中!

オクテ女子のための恋愛基礎講座 アルテイシア
『オクテ女子のための恋愛基礎講座』/著:アルテイシア/出版社:幻冬舎

新刊『オクテ女子のための恋愛基礎講座』発売中
自信がない・出会いがない・付き合えない・好きにならない・もう若くない・幸せな恋ができない・SEXしたことがない・女らしくできない・結婚できない…そんな悩みを解決する一冊♪

ライタープロフィール

アルテイシア
作家。

今月の特集

AMのこぼれ話