• love
  • 2016.04.20

男の本質を見極めるには焼肉に行け!東大卒女子に婚活カウンセリング(3)

アルテイシアさんの読者のAさんが婚活でつまずく理由を探ります!今回は一生付き合うのは無理だと思ってしまう男性のNGポイントとの付き合い方について。すぐに切り捨てたり、無駄に我慢したりしていませんか?NGポイントには正しい付き合い方があるんです。結婚相手にほんとうにこだわりたい人は必読の内容です!

 ニコ動「アルテイシアの相談室」に相談をくれたのをキッカケに、読者のAさんの婚活カウンセリングをしてきました!

Aさん(29歳女性、メーカー勤務)
・婚活歴5年。デートした人数は48人。そのうち3人と付き合ったが、結婚に至らず。
・自称「地味な和風顔で黒髪セミロング、AneCan系の服装、おとなしくて家庭的というイメージを持たれがち」
・結婚相手に求める3条件は「心身ともに健康」「男尊女卑じゃない」「本音で話せる」。

 Aさんの前回前々回のカウンセリングも併せてどうぞ!

彼氏ができるたびNGが増えていく

オクテ女子のための恋愛基礎講座 アルテイシア
©porschelinn

A:大学時代の彼はメンヘラ気味だったので「心身ともに健康じゃないと無理」と思って。
次の彼は本音を話さない人だったので「本音で話せないと無理」と思って。
その次の彼は「共稼ぎでも家事育児は女がやれ」みたいな人だったので「男尊女卑は絶対無理」と思って。

アル:去年付き合った彼氏は?

A:最初はピッタリだと思ったんです。
研究者だったんですけど「結婚したら名字はどうする?」ぐらい言ってくれる人で、全く男尊女卑じゃなくて。
でも「研究が大事、恋愛は息抜き程度でいい、面倒くさいことはしたくない」という人で、デートや旅行の手配も全部押しつけられて。

アル:それは一生やっていけないよね。男尊女卑じゃなくても「家事育児はキミがやってよ」になりそう。

A:そうなんです!「僕は研究が大事だから、家のことは全部やってよ」になりそうでした。あと「愚痴も聞きたくない」と言われました。

アル:その彼はAさんが求める“共に戦うパートナー”にはなれないと思うなあ。

A:ただ彼氏と別れるたびに「これは無理」ってNGポイントが増えていって、どんどんハードルが高くなる気がして。

アル:いや、それは経験から学んでるってことだよ。
なぜ別れたのか?何が合わなかったのか?と考えることが重要で、「男運がない」「自分はダメだ」と思考停止するのがダメだから。

あと「これが好き」以上に「これはイヤ、無理」というポイントがわかってないと選べない。
婚活で「みんないい人なの」と言う女子は性格良さそうだけど(笑)、1人に絞れないんだよ。むしろ「こういう男は嫌い、無理!」とキッパリ言う子の方が、マッチングする相手を選んでる。

A:たしかに…NGが増えるのは悪いことじゃなく、それを把握するのが大事なんですね。

アル:「こだわるから結婚できない」と言われるけど、こだわり=悪じゃない。一生暮らすパートナーなんだから、こだわって当然だし。大事なのは「そのこだわりは本当に必要なのか?」と考えること。

「結婚には妥協が必要ですか?」と聞かれるけど、相手に妥協するんじゃなく、“自分”は何を譲れて何を譲れないのか?を整理する必要がある。

A:そのために『10枚のカード』で、譲れない3条件を考えるのが効果的ですよね。

アル:ただし「縛られすぎない」ことも大事なんだよね。
家探しでも「絶対に駅近がいい」と言ってても、駅から15分の物件を見て「緑も多いし静かだし、ここに住みたい」と決める人も多い。パートナー探しも「譲れないと思ってたけど、実はそうでもなかった」って場合もあるから。

A:実際に物件を見たから「緑も多いし静かだしいいな」と気づけたわけで、「○○じゃなきゃ無理」と縛られすぎると、チャンスを狭めてしまいますね。

アル:あと「○○じゃなきゃ無理」と縛られると、他のいい部分を見られなくなる。条件や優先順位を考えつつも「相手のいい部分を見つけよう」って姿勢で臨むのがいいよ。

男はあまり考えずにモノを言う?

A:私は相手のいい部分を見つけようとせず、見切りが早すぎるのが問題でした。

アル:男って悪気なく女をイラつかせることを言うからさ(笑)。あんまり厳しくすると1人も残らなくなる。

A:「家事育児は手伝うよ」と悪気なく言っちゃうとか。

アル:そう、そこで「手伝うって何?家事育児はするものでしょ!」と詰めると、ほんとに1人も残らなくなるので、言葉尻に囚われない方がいい。

A:言葉尻…。

アル:べつに「家事育児は女がメインで男は補助」と思ってるわけじゃなく、単に言葉として「手伝う」と言ってる場合が多いから。そこで「男尊女卑だ」と決めつけるのは早計だよね。私も男尊女卑アレルギーなので、気持ちはめっちゃわかるけど。
 
A:「手伝う」と聞いた瞬間「ないな」と思っちゃうんです。

アル:焼肉を食べに行ったら?

A:焼肉?

アル:焼肉でも鍋でもいいけど、そういう時の振る舞いで垣間見えるでしょ?「女が料理して当然」と思ってるかどうかとか。やっぱり言葉よりも行動で判断すべきだと思う。

それに環境要因も大きいよね。女性の多い職場で「これはNGワードなんだな」と学んできた人と、男だらけの職場で学ぶ機会のなかった人だと違ってくるし。

A:たしかに職場環境や育った環境は大きいですよね。

アル:一番大事なのは「素直に意見を聞いて、変われる人か」だと思う。 たとえば「家事育児は『手伝う』じゃなく『する』じゃない?」と言った時に「あ、たしかにそうだね」と柔軟に聞ける人か。

A:そうですね!柔軟に聞いてくれる人ならいいいです。

アル:言葉尻に囚われすぎると、本質を見失うから。
たとえば男友達に「新刊が出た」と言うと「ええな~儲かって、奢ってくれよ」とか返されて、超イラッとするわけよ。

A:それは超イラッとしますね!

アル:でも相手は単にクセで言ってるのよ。男同士のコミュニケーションで「会社で出世した」「ええな~儲かって、奢ってくれよ」ってありがちだから。女同士だとありえないけど。

A:ありえないですよ!「頑張ってたもんね、また美味しいもの食べに行こうよ」になりますよね。男性のコミュニケーションは別物と思った方がいいんでしょうか?

アル:それも言葉より行動で判断することだよね。
その男友達も実際会うと「新刊おめでとう、お疲れ様」と労って奢ってくれるしさ。それなのに「貴様、なぜそれを言う?」っていう。

A:そうかあ…うん、そうかも…。

アル:「男は言葉が不自由」ぐらいに思ってた方がいい。

A:私は言葉尻でイラッとくることが多くて、そこを許せれば、だいぶ幅が広がるかもしれません。
ただどうしても想像力のなさが許せなくて。「ちゃんと考えてからモノ言ってよ!」って思っちゃうんです。それで「考えるのが面倒くさいんだな」って。

アル:いや、能力がないみたいよ?
もちろん個人差はあるけど、三歳児の行動調査でも「女児の方が他人の感情に敏感で気づかいできる」という結果がある。
だから男は「なんで女ってすぐ怒るんだ?」と謎で、女は「なんで男って何も考えないの?」と謎なんだよね。

A:新刊にも『古より男女間には“なんで察してくれないの?言ってくれなきゃわからないよ!戦争”が繰り広げられてきた』と書かれてましたよね。

アル:戦争を終結させるには、話し合いをするしかない。
男友達に対しても、私はちゃんと説明するの。「キミは男同士の会話のクセでつい言ってしまうんだろうが、私は気分が良くないよ」と。
そこで「そうか、俺は悪気なかったけど、キミはイヤな気分になるんだな」と理解して「ごめん、もう言わない」と改めてくれる人ならいい。

A:あ、そうだと思います!そこで逆切れとかせず、理解して改善してくれたら全然いいです。
そうだ、私それが大事なんだな…。今日はすごく大きな気づきがありました!

アル:さよか、そりゃよかった(笑)。
妥協と歩み寄りは違うから。違和感に目をつぶって我慢するのが妥協だけど、それだと結局たまっていくし。相手に伝わるように話し合うのが歩み寄りだよね。

A:初対面で言ってもいいですかね?

アル:うーん、初対面で言うとビビられるかもなあ。Aさんは見た目もカッチリしてるし。

A:厚生労働省の役人っぽいし…。

アル:違うところからボールを投げてみたら?たとえば「男尊女卑かも?」と思ったら、男性育休の話題を振ってみるとか。 

A:たしかに!そこで「男性育休は当然男はみんなとるべきだ」とか言われたら、覆りますよね!
私は言葉尻で判断しすぎて、本質まで辿りつかずに「自分に合う人はこの世にいないのかも」と絶望してたと思います。

アル:絶望するよね~。私も「なぜ草花に生まれなかったんだろう?そしたら風や虫が受粉してくれるのに」と思ってた。

A:わかります…。「結婚はマッチングだ」と頭ではわかっていても、断られると全否定されたみたいで落ち込みますし。

アル:私もさんざん振られてきたからのう。

A:それはすごく意外ですけど。

アル:振られた男の数は食ったパンの枚数よりは少ないけど、ナンの数よりは多いかも。しかも割と食べてきた方だし、ナン。

A:(笑)それでも諦めなかったから、旦那さんに巡り合えたんですよね。

アル:そうそう。デートのために買った服を着て、床に新聞紙敷いて靴と合わせてる時にキャンセルのメールがくるとか。
落ち武者みたいにガックリうなだれるけど、顔を上げて「きっと衆道をたしなむ粋な人なんだわ!」と叫んでた。

A:あはは(笑)

アル:婚活仲間を作るのもいいよね。愚痴ったり支え合える友達がいるのは大きい。
1人だと「面倒くせえな~」とバックれたくなるけど、友達と予定入れちゃった方が動けるし。

A:(笑)私も婚活仲間を作ろうと思いました。友達と一緒の方が大人数のパーティーとかも行きやすいし。

アル:友達と一緒だと「人がゴミのようだ」とムスカのモノマネもできるしね(笑)


―次回、Aさんの婚活における“最大の課題”に迫ります!

オクテ女子のための恋愛基礎講座 アルテイシア
『オクテ女子のための恋愛基礎講座』/著:アルテイシア/出版社:幻冬舎

新刊『オクテ女子のための恋愛基礎講座』発売中
自信がない・出会いがない・付き合えない・好きにならない・もう若くない・幸せな恋ができない・SEXしたことがない・女らしくできない・結婚できない…そんな悩みを解決する一冊♪

Text/アルテイシア

ゆっち ファスティング ベルタ酵素ドリンク ダイエット 断食

 運命の出会いは、ストリート…!? 道ですれ違った人に積極的にアプローチする方法をご紹介!

ライタープロフィール

アルテイシア
作家。

今月の特集

AMのこぼれ話